本物美人には透明感がマスト! 今すぐ透明感を出すテクニック 5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.08.24.Sun

ベースメイクでキレイな肌を作ることは簡単ですが、気がつくと「キレイだけど厚塗り」肌になってしまうことも。本物の美肌には「透明感」が絶対必要です。濃いメイクじゃないのに抜群にキレイ、清潔感もある……そんな透明感美人の作り方は意外に簡単!

まずは角質ケア!

古い角質が肌に残った状態では、肌がくすんで見えるうえ、与えるケアの浸透もイマイチに。ピーリングや正しい洗顔で、不要な角質を取り除きましょう。肌が弱くてピーリングは怖い……という人も、酵素パウダーや、角質除去成分の入った洗顔料をきちんと泡立てて使うことで、マイルドに角質を取り除くことができます。まずは汚れや古い角質を確実に取り除くのが大切なので、洗った直後から肌がしっとりしているような「潤いタイプ」より、汚れをきっちり落とせるくらいの洗浄力のものを選びましょう。

切っても切れない美白と保湿

透明感といえばクリアな肌。美白ケアに力を入れたいところですが、その前に保湿を。乾いた肌に美白化粧品を与えても、効果が半減してしまいます。乾いた肌は角質のターンオーバーがうまく行われず、シミやくすみのもとであるメラニンが排出されにくくなります。また、乾いて不安定になった肌にいろいろケアする事自体が刺激になる事も。肌がしっかり潤っているだけでも、透明感はアップしますが、効かせる美白にはしっかりした保湿がマストです。

効かせる! 美白ケアの取り入れ方

ズバリ、コスメの量をケチらないこと。いい美白化粧品でも、チビチビ使っていては効果が出ません。高いものではなくても、たっぷり使えるものを選びましょう。そして、化粧水はほとんどが水なので美白成分を配合するにも限度がありますが、クリームや美容液は効果的に配合できるというのもポイント。お金をかけるなら化粧水よりこってり系のケアに投資するのが賢い! 美白ローションなどを塗る時は、手よりもコットンを使うほうが断然浸透しやすくなります。顔や手が温かい状態で行うのも効果を出すポイント。蒸しタオルで温めるなどしながらケアするのがおススメです。

明日は勝負デート! 透明感をすぐ出すテクニック

バッチリ保湿&前日によく眠るだけでも透明感は出ますが、さらに! という時はペールブルーやパープルのコントロールカラー(下地)や、パウダーを使いましょう。ファンデの色を白くすれば顔は白くなりますが、白浮きしたり厚化粧に見えたり、透明感からは離れてしまいます。肌が黄味寄りの人はパープル、色素薄い系の透明感が欲しいならブルー系を使うと狙い通りの透明肌に。チークは青みピンクが透明感を引き上げてくれます。

肌以外でも透明感は底上げできる!

肌がきれいでも、白目や歯がくすんでいたり、唇が荒れていると透明感は出ません。歯のホワイトニングは口元の美しさ以外にも、肌をトーンアップさせる効果絶大ですし、歯磨き後にデンタルフロスを使う習慣をつければ歯ぐきの色も美しくなります。唇は保湿に加え、リップ用のスクラブできちんと角質を落としたり、血色を良くする唇用美容液を使うなどのケアをしましょう。蛍光ピンクのグロスは見た目は派手に見えますが、適度な青みが唇のくすみを飛ばしてくれます。目の充血を取る目薬もあると便利。血管を収縮させて目を白くするタイプより、寝る前のケアで瞳を健康にする、ケアタイプのものがおススメです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019