自分の未来がわかる!?話題の「預言CAFE」に行ってきました!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.07.16.Mon

今、話題の高田馬場にある「預言CAFE」に行ってきました!!預言と聞いて、みなさんはどんなイメージを抱きますか?「恐ろしいことを預言されたらどうしよう?」などと、少し怖いイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、預言CAFEはとても素敵なオープンテラスつきのカフェで、預言の内容もポジティブになれるものでしたよ。

JR高田馬場駅の戸山口を出て、数分歩いたところに預言CAFEはあります。オレンジ×白のモダンでオシャレなカフェの外観が「預言」という大仰な言葉のイメージとはだいぶ異なり、少々ビックリ。カフェの待合室を見ると、多くの人でごった返していました。年齢も10代~60代くらいまでさまざま。男性の姿もチラホラ。預言ということで若い女性が多いのでは?と勝手に思っていた著者の予想はあっという間に覆されました。

30分程度待ったのち、名前を呼ばれカフェの待合室から店内に行き、飲み物をオーダー。預言CAFEでは、本格的な美味しいコーヒーが飲めます。コーヒーがテーブルに運ばれてくると同時に預言者である牧師さんがやってきました。あらかじめ用意しておいたICレコーダーの録音スイッチを押して、牧師さんの言葉を一言一句聞き逃さないように、全神経を耳に傾けます。

「主は言われます~」から始まり、現在の著者の悩みや目標についての預言を約5分程度して頂きました。著者の場合はずっと経験したいと思っていたことがあり「その場所はすでに用意されていると主が言われます」という言葉を頂き、このまま進んでもいいんですね、と思えてうれしかったです。その他にもいくつかの預言を頂いたのですが、すべて的を射たものばかりで、ストンと納得。とても良いアドバイザーからアドバイスをもらったような気持ちになりましたよ。
また、預言をする対象者によって、牧師さんの声色が見事に変わるのが印象的でした。預言者を通して聞こえてくるのは、もしかして、ハイヤーセルフ(高次元にいる自分)からのメッセージなのかもしれませんね。

人間誰しも未来に不安を抱くことがあります。そんな時に、預言CAFEに気軽な気持ちで行ってみるといいでしょう。預言を聞くことは、自分を客観視するためのきっかけにもなりますし、何よりも気持ちが楽になり、前向きになれますよ。

珈琲専門店『預言CAFE』
営業時間:月曜日~金曜日(祝祭日はお休み)
14時~18時15分(オーダーストップ)
※ICレコーダーや携帯電話を持っていき、預言を録音するのがオススメです。
▽ 『預言CAFE公式ブログ

ライター:羽音(はのん)
東京在住のフリーライター。恋愛や美容について執筆しています。趣味はスペイン映画観賞、人間観察。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。