「イケメンWeb男子カタログVol.45」 田中信太朗さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.05.14.Mon

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第45回目のゲストは田中信太朗さん。会社員として働く傍ら、趣味で『Tumblrハンドブック』を出版。「本を書いたではなく『本をつくった』と言ってます」と田中さん。Tumblrの虜となったきっかけを熱く語ってくれました。そんなイケメンWeb男子かつTumblr男子から色々とお話を聞いてきました。

今どんな仕事をしていますか?

田中さん(以下、T)「サラリーマンをしています」
※本業はWebではないそうです。

1日の仕事スケジュールの例を教えて下さい

(T)「9時から18~19時頃まで働いています。クラフトビール(地ビール)が大好物なので、夜はビールを飲みに渋谷に行くことが多いです。週2くらいで渋谷にいます。執筆していた時期には、飲んで帰宅した後、22時頃から深夜1~2時までダーッと集中して書いていました。うつらうつらしながら、もう寝落ちとの戦いです(笑)。銀座のバーで書いていたこともありました」

執筆をする上で、心がけていることは?

(T)「あまり書き手の個性を出しにくい、いわゆる解説書というイメージが強い本でしたが、端々に少しずつでも自分らしさが出せたらなとは思っていました。説明用のキャプチャが多く、文章量は比較的少なかったんです。
ただ、コラムなどの部分には、自分の気持ちを丁寧に込めて書きました。「本を書いた」ではなく、「本を作った」と自分では思っています。書いたというと、十何万文字も書いている人にはとても失礼なので。
2ヶ月くらいかけて作りました。インフルエンザになったり、〆切の3日前にTumblrのアイコンが変わったりと、色々トラブルがありました。」

田中さんはTumblr本『tumblrハンドブック』を出されたことても有名。そもそもTumblrに魅せられたきっかけ、本を書かれることになったきっかけを教えて下さい

(T)「Tumblrは3年ほど前に始めました。ミニブログ系が流行っていた時期ですね。当時はブログのような書き方をしていました。Tumblrにはリブログという機能があります(平たくいうとTwitterでのリツイート)。その面白さに気付いたことがきっかけです。しばらくTumblrにハマり続けていましたね。
ちょうどその頃から僕の周りに、本を書いている人が増えていました。TwitterやブログにTumblrのことを書いていたら、編集者さんが声をかけてくれたんです。それが本を書くことになったきっかけでした。Tumblrについて書かれた本はそれまで1冊しかありませんでした。淡々とした解説書なら自分にも書けるなと思うし、おもしろいだろうなとは思いました」

初心者でもTumblrを楽しく使う方法を教えて下さい

(T)「Twitterと同じで最初のうちは、色々な人をフォローしてみることですね。友人だけフォローしていると、同じものがリブログされることが多いので、見ていてつまらない感じになります。『リブログされているネタ元の人』をフォローしたら、面白いポストと出会えるかと。ユニークなネタを提供する人、ユニークなネタをリブログしてくる人の2パターンの人がいます。
Tumblrは普通にブログとしても十分使うことは出来ますが、私の場合、基本的には一見無駄な情報収集の場、ネタ集めの場です。決して効率性・生産性はありません(笑)。おもしろいのは、リブログしているもののタイプで、その人の傾向が分かることですかね。かわいい女の子の写真ばかり、キレイな風景写真ばかりリブログするというふうに、偏っている人もいますし、僕みたいに色々とポストする人もいるし。」

「習慣力、継続力が全くないブロガー『場末ブロガー』」を自称されていますが、そんなことないですよね(笑)?

(T)「いやー習慣力も継続力もありませんよ! Twitterのスクリーンショットを撮ってアップしてブログ毎日更新!って言ってるくらいです(笑)。」

3年後あたりはどうなっている予定ですか?

(T)「本を書きたいです。ジャンルは問わずものを書きたいといいますか。最終的には小説とかも書いてみたいです。またTwitterやブログ関係でつながってきた人たち経由で、イベントを手伝い始めているのですが、イベント運営で何かしらマネタイズできないかということを少しずつ考えはじめています。そして参加者側も主催者側もお互いに良いものを持って帰ってほしい。三者で良いものを作れると良いなと思っています。
3年後もブログは書いていると思います。それがブログ以外のかたちになっているかも知れません。フリーランスになっているかどうかは……。後ろ盾がなければサラリーマンを続けていると思います」

よくチェックするWebサイトを教えて下さい

Tumblr
Twitter
Facebook
ソーシャル系のサービスで流れてくるリンクを見るのが情報収集の基本だそう

唐突ですがiPhoneのホーム画面を見せて下さい

(T)「特にアプリの配置は考えていません(笑)」

最近読んだ本、観た映画は?

(T)「本ですかー。最近『積ん読』が増えているので、実は読んでいません(笑)。献本いただいてから読み切れていない本も……。頂いた順に読んでいきますよっ!
思い出しましたが、今年に入って1冊読んだだけでした……。『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』(通称プロ・ブロガー本)を読みました。
映画は、コナンとか仮面ライダーとか子どもと観に行ってて、むしろ僕もかなり楽しんでいます。少し前のものですが『(500)日のサマー』は好きです。出演している俳優さんが好きで、今年に入って20回観ました(笑)。ラストシーンは50回観ました(笑)」

自信を持って扱える道具は何ですか?

(T)「iPhoneですね。あとは身軽さです。何か興味のある集まりには、行ければかならず顔を出すというように、フットワークは軽いですね。この1年くらいで身についた習慣だと思います」

今注目してるWebサービス、Webサービス以外のアナログな話題は何ですか?

(T)RoGrow!を見てからGrow!がおもしろいなと。でもやっぱりTumblrが好きです」

どんな女性を本命に選びたいと思いますか?

(T)「こんな僕に対しても思いやりを持ってくれる人です。面倒くさがりで、ずぼらで、大雑把な人間ですが……」

楽しいことを仕事にしていく方法についてアドバイスをお願いします

(T)「なるべくたくさんの人と知り合って交流することですね。気の合う人がいたら、何度も会ってみるなどして交流を続けていくべきです。もしかするとそれがビジネスにつながるかも知れません。自分には何ができるのかなどは、人と接する中でまとまっていくこともあります。
僕の場合は、自分に軸がないからというのもあって、色々な方と交流していく中で、自分の可能性を見つけている感じです。Twitterでオヤジギャグやダジャレで笑いを提供する『オヤ辞林』も、自分から始めようとは思わなかったです。
やろうかなとつぶやいたら、いくつか“ふぁぼ”が付いたので始めることにしたんです。人が上手くのせてくれることによって、実現の方向に向かう可能性があるんですよね。人とのつながりをこれからも大事にしていきたいです」

田中信太朗さん
78年生まれ、東京都出身。Tumblr男子でもある。

取材/文・写真 池田園子 取材協力/Cafe Miyama 渋谷東口駅前店

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!