「イケメンWeb男子カタログVol.44」 馬場峻樹(しゅんき)さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.05.07.Mon

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第44回目のゲストは馬場 峻樹(シュンキ)さん。ロンブー・淳似のイケメンWeb男子です。こう見えて意外と、おじいちゃんのようなまったりキャラながらも、Webの技術を学ぶ姿勢はとてもアツい。内に秘めた想いに芯のある男子です。渋谷のオシャレカフェでお話を聞いてきました。

今どんな仕事をしていますか?

シュンキさん(以下、S)「僕は興味のあることが多すぎて、すべてに手を出してしまう人間なので、仕事の内容もバラバラなんです。撮影をしたりされたり、新しく開発されたギターを試奏して会議に出たり、そして次の日は茨城の農家の方と温室でバラを見てたりするので(笑)。
それで自分は何屋なのだと困ってしまうことがあったので、デザイナー・プランナーとお答えしています。最近は音楽・音響関係の方とお仕事することが多いです」

前職は何ですか?

(S)「これまで会社に所属したことはないんです。高校を卒業して5年くらい本気で音楽をしていました。バンドでツアーとかもしていましたね。それで23歳頃まで自分のPCも持っていなかったです。ただ音楽活動をしてる中で、PCを使ってしないといけないことが多くなっていったんですよね。それをきっかけに、最初にグラフィックデザインを勉強し始めました。フライヤーを作ったりCDのジャケットを作ったりしていました。名義を決めてフリーランスになったのは2010年1月です。
家族が皆自由なので何も言われませんでした。好きなことをやって生きていきなさい、みたいな。作ったり考えたりすることは昔から好きでした。」

1日の仕事スケジュールの例を教えて下さい

10時~自宅で作業
13時~誰かにお会いする
15時~誰かにお会いする
17時~誰かにお会いする
19時~他社内で作業

(S)「こういった日もあれば『一日中撮影現場』みたいなこともあります。比較的MTGが多いかも。立ち入ったことをしないまでも、アドバイザーとかカウンセラーみたいな役で絡んでいることが多々あります(笑)。
仕事をするにあたって、曜日はあまり関係ありません。朝起きたときに『今日は仕事しない』と決めたら何もしない日もあります」

仕事をする上で、心がけていることは?

(S)「キビキビ進めたい日は、必ず午前中にデザインの作業をします。お仕事に限定せず、自分の勉強したいグラフィックの技でも、なんでもいいんです。これでその一日は生産モードにスイッチが入ります。
起きてすぐに10分間、その日のタスクの中でクリエイティブなことをとにかく始めてしまうという方法を海外の記事で読んだのですが、これがとても気に入ったので続けています。いつの間にか2時間経っていた、ということもあります。朝起きた時に動画などをダラダラと見始めると、1日堕落した感じになってしまうので(笑)。
早起きもしていますね。僕の部屋の前が小学校になっているのですが、小学生と同じ暮らしをしてみようと思って。7時くらいに起きて、9時始業。子供達が校庭で遊び出したら僕もコーヒーを。小学校と同じ時間が流れています(笑)。調子が良くて早く終わった日は、15~16時くらいから遊びに行くこともあります。」

デザインだけではなく、プランナーもされていますよね。企画に面白いスパイスを入れるために意識していることを教えて下さい

(S)「会議中の皆さんを楽しませるような発言をすることが好きです。これが他者の面白い発言を誘発してくれます。この人面白いなと感じてくれると嬉しい。仕事をする相手と両思いになれると最高ですよね。また、企画に適した”ルックス”や、関連する歴史を誰よりも徹底して調べます。楽しいので。調べておけば必ず発言するタイミングがきます。ありがたいことに、興味を持って調べていることが、実に良いタイミングで活きてくるんです。プライベートで調べていたことが仕事になるとか。
今個人的に調べているのは、横浜の歴史です。古い建物がたくさん残っているので、散歩していると楽しいですよ。道端の石碑なんかをぼーっと見ています。その場で見ながら色々調べつつ、ひとりツアーをしていますね(笑)マイペース。」

(フリーランスだと自分が営業マンの役目もするわけですが)人とのコミュニケーションにおいて心がけていることは何ですか?

(S)「自分が先にオープンになることです。すぐ自分を見せちゃうところがあります。すこしくらい理解できないところや、影がある人の方が魅力的だとは思いますが、計算して人と付き合いたくありません。らしく無い瞬間があっても良いと思うし、その時の自分に素直でありたいです。この人は暑苦しいくらいの人だと思ったら、すぐ僕自身が暑苦しい部分を見せちゃいます(笑)」

フリーランスになって良かったこととそうでないことは何ですか?

(S)「そもそも経歴が不思議な感じなのですが、フリーランス以外をしたことがありません。なのでその質問は難しいです……(笑)。ただ時間を上手に使う権利が手に入ります。」

フリーランスとして働いていて、特に意識していることは何ですか?

(S)「大切にしていることは自分自身を客観視することと、10年くらい先をイメージすることです。10年後は事務所とお店を融合したものを作っていたいです。特殊な空間でクリエーターさんたちに場所を提供していたいなと」

よくチェックするWebサイトは? デザインの勉強などに見ているWebサイトなど教えて下さい

(S)「”見せ方”としてのデザインに絞るとしたら、動画サイトですがVimeoを見ます。気になったモノも基本的にEvernoteにも放り込まないんです。情報に執着しません。目の前のこと意外を覚えておこうという気持ちが薄いかも。情報を完璧に整理しすぎると、後々いっぱいいっぱいになるなぁと。情報の整理が義務になってしまいそうなので。自分にとって必要なことって、1度軽く流してもまた目に付くものですから」

唐突ですがiPhoneのホーム画面を見せて下さい

(S)「純正アプリが大好きなので、つまらないかも(笑)」

最近読んだ本は?

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

スティーブ・ジョブズ

自信を持って扱える道具は何ですか?

(S)「EOS7Dというカメラ、Mac、ギターです」

今注目してるWebサービス、Webサービス以外のアナログな話題は何ですか?

(S)「WebサービスはSumallyに再度注目しています。昨日、フォルダ機能が追加されたこととマネタイズの動向です。Webサービス以外では、EOS MOVIEにずっと注目しています。一眼ムービーってiPhone並みに革命的だったと思うんです。コストを削減しまくりですからね。この言葉が出てくるまでカメラについている動画機能は重視されてなかったのかな。一昔前まで、もの凄いコストをかけて撮っていた映像が、今や数十万円程度の一眼レフでフルHD撮影できますからね。これは環境問題にも関わるくらいの、技術発達によるエコじゃないかと思いました。」

どんな女性を本命に選びたいと思いますか?

(S)「感謝の気持ちを忘れず、想像力のある人です。そういう人だったら深い安心感をお互い与え合えるかなと思います。とは言っても人生色々あるので、なんだかんだ頼ってくれたり笑ってくれるだけでも、とても惹かれてしまう女性はいますよ。僕がおじいちゃんみたいにのんびりしているので、おばあちゃんみたいなノリの人が良いですね」

Webデザイナー、プランナーとして独立したい人たちへ向けてアドバイスをお願いします

(S)「えぇぇ……僕にできるかな…。えーと。現実は一つですが『現実感』というのは皆が同じ1つをシェアしているわけではありません。今まで自分が作り上げてきた現実感とは全く違う、現実感が存在します。それを体験してみることが大切だと思います。少しでもそれをしておけば、海外旅行から帰りたくなくなってしまうのと同じで、自然とそちらに惹かれて行動するようになったりします。人生はリセットできないなんて聞きますが、戻って選択し直したり、ワープだってできますよ。”まずやってみる”というタイプの人を応援したいです。同じく僕のことも応援してください(笑)」

馬場 峻樹(シュンキ)さん
84年生まれ、神奈川出身。femtic(フェムティック)代表。

取材/文・写真 池田園子 取材協力/Shibuya City Lounge

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!