「イケメンWeb男子カタログVol.37」 古屋悠さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.16.Fri

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第37回目のゲストは古屋悠さん。フリーランスのWebクリエーターとして働く24歳。キュートな顔立ちが魅力の若手イケメンです。みんなが気になるフリーランスとして働くノウハウ、人の関係性つくりなどに関して、色々とお話を聞いてきました。

今どんな仕事をしていますか?

古屋さん(以下、F)「フリーランスとしてWeb制作などをしています。コーポレートサイトや個人のサイトなど、ホームページ制作がメインです。実は昨年4月に内定をもらっていたのですが、会社へ入るのをやめました。理由はいろいろとありますが、”自分がやりたいことだけをして生きていきたい”というのが大きな要因でした。
”好きなときに・好きな人と・好きな場所で・好きなことをする”という僕の理想とするライフスタイルを考えた時に、時間という枠に縛られないフリーランスだと実現しやすい、その時はそんな風に思っていました。
4月という転換期を活かして、勢いに任せ、なんとか独立しました。具体的な仕事としては、Wordpressでのサイト構築を得意としています。打ち合わせ、コンサル(要件定義)、ブランディング、制作など、ディレクター・コーダー業務全般をやっています。現在は、クリエイティブユニット『ナマケモノ』というチームを組み、デザイナーのYOPYYと一緒に、制作活動をしています。」

1日の仕事スケジュールの例を教えて下さい

10:00 夢の中で散歩
13:00 打ち合わせ
14:00 カフェで仕事(ランチ)
17:00 打ち合わせ2つめ
18:00 ごはん
19:00 作業
03:00 就寝

仕事をする上で、心がけていることは?

(F)「”こうした方が良い”と、自分が本当に思っていることを相手に伝えること。そして、それを形として見せることを心がけています。多くの企業の場合、数字を大事にするとは思いますが、僕の場合は相手が個人や中小企業が多いため、”相手が求めているものは何か”を常に考えて製作をしています。また、作品として創りたいとも思っており、満足したものでないと出したくないんです。。
フリーランスで仕事をしていると、自分の実績がそのままプロモーションになるため、『これを作りました』と胸を張って言える作品を増やすよう、できるだけこだわることにしています。妥協したくはないのですが、後で見て、中途半端な仕事をしたなぁと思ったり、スケジュール通りにいかなかったなぁ、など反省ばかりです(涙)」

フリーランスだと自分が営業マンの役目もするわけですが、人とのコミュニケーションにおいて心がけていることは何ですか?

(F)「初対面の人に120%好かれようとすることです。具体的なアクションとしては、”言いたいことを、わかりやすい言葉で、ダイレクトに言うこと”です。初対面でも、なるべくズバズバ言うようにしています。言われると喜ぶ人も意外と多いように思いますが、それ以上に『期待できそう』と思わせたいと思っています。『僕できます、やります』という自分ブランディングです(笑)
打ち合わせなどで人と会うときは、仕事の話意外に、その人がどういう人で、どんな想いでHPを作りたいのか。そんな心の内を、聞けるように心がけています。人として仲良くなって、仕事を頼まれるようになるのが理想的ですよね。
これまでの仕事も知人経由が多かったですし、過去を振り返ると、その人無くしては、僕は食べてこれなかったかも知れません。人のつながりって大事だなぁと、24年生きてて実感しました。僕より腕を持ったクリエーターの人もたくさんいますが、その中で僕に仕事をくれるということは、感覚的なところで気に入ってくれていたり、応援してくれていたりするということだと思うんです。その人の期待に応えることが、何よりの恩返しになればと思っています。
最後に、人から『会いませんか』と言われたら必ず会うようにしています!行ったら楽しかった、ということが多いですから。というか、単に人と話すのが大好きなだけですが!」

フリーランスになって良かったこととそうでないことは何ですか?

(F)「良かったことは、好きな時間に生活できること。ある程度、自分の裁量でライフスタイルを組める点が良いですね。会社という枠にとらわれず、色々な人と知り合えるのも良い点です。時間管理を上手にすれば、仕事も効率的にできると思います(僕はめちゃくちゃ苦手です。。)また、お客さんの”ありがとう”を、100%自分にいただけるのも嬉しいです。逆も然りですが。。
良くなかった点は、自分のミスや失敗が、100%相手に向いてしまう点です。また、企業と比べると、仕事の規模が小さくなりがちかも知れません。これまでホームページを作って終わり、というパターンが多かったですが、今後は制作以降のこともやりたいです。また会社対個人だと取引してくれないこともあるといった、立場の弱さはありますね。会社ではなくフリーランスが相手だと、どうしても不安がってしまう取引先さんもいます。」

フリーランスになって心がけたことは何ですか?

(F)「朝早く起きることです(実践できてませんが!)。僕は夜行性なので……。あとは主体的に動くことですね。自分がやらないと誰も動いてくれません。ある程度、意識して色々な人に会うこともしていました。最初の案件は知人にいただいた仕事で、渋谷の某会社のホームページ制作でした。月2ペースで作っていましたね。その他には、アプリデザインの仕事をしたり、知人の紹介で、HP製作などをしていました。人の紹介でお仕事を頂く機会が多く、みなさんには本当に感謝しています。リアクションが早いというのは、フリーランスの大きな強みだと思うので、そこは特に心がけています。実績とかない段階でもやってみて、とにかく実績を積み上げていくことが大事です!」

よくチェックするWebサイトは? デザインの勉強などに見ているWebサイトなど教えて下さい

Facebook
Twitter
Dribbble
(F)「RSSリーダーから1日に10記事程度の記事を読んでいます。主に技術系をチェックしています。他はデザインのサンプルとか」

映画は好きですか? 好きな作品を教えて下さい

(F)「映画……(笑)。正直、あんまり好きではないです!というのも、見ている途中に結果が想像できると、『あぁー』ってなるんですよね。主人公になり切れないというか。構成を予想したり、異なった側面を見ちゃうんです。そんな中で、『インセプション』だけは大好きです。観てもよく分からない映画を観て、考えるのが好きなんでしょうね。あとジブリの作品は世界観が全部好きです。人間の弱さとか、世の中へのメッセージが出ているところにぐっときます」

自信を持って扱える道具は何ですか?

(F)「職業柄ですが、Mac関係・機械系です。不具合があれば、大体直せます(笑)。あとはコミュニケーションかなぁ。相手の言ってほしいことを予想できたり、相手に制作物のイメージをさせたり、その説明をしたりとか。自分を120%に見せるトークが得意なのかも知れません。。。きちんとできているかは不明ですが、そのときは相手の目線に立つのを意識しています。
昔PC出張設定をする会社で働いていたのですが、そのときはPCに疎いおじいちゃん、おばあちゃんたちに基本中の基本から説明していました。”インターネットはとは何か!”みたいな話も。あと、おばあさんの息子の離婚話とか(笑)そのときの経験が活きているのかもしれませんね。」

どんな女性を本命に選びたいと思いますか?

(F)「レーサーみたいな女性です。クールな人で、かっこいい人がいいです!起業していたり、創造的な仕事をしていたり、自由に生きていたり、何やっているか分からない女性がステキです。お互い信頼し合っていて、放っておいても生きていける人が良いな(笑)。自分のアイデンティティーが出ていて、負けず嫌いな人が好きです。」

Webクリエイターになりたい人たちへ向けてアドバイスをお願いします

(F)「ジャンルにもよりますが、まず一番楽しいことを見つけるのが近道かと!僕の場合はWebが好きなので、Webクリエーターになりました。自分がやっていて、すごく楽しいな、ワクワクするなということを仕事にすると良いと思います。また、自分で手を動かして作ることが大事です。たとえ頼まれていなくても作ってみるとか。作らないと何も始まらないんです。作るのが好きで、もともと何か作っている人が、クリエイターに向いていると思います。”自分が何をするのが好きなのか”最初に考えてみましょう。」

古屋悠さん
Twitter:@u_furuya
Facebook:furuya.yu
HP:わたしは古屋悠 / I’m Yu Furuya
87年生まれ。フリーランスでWebクリエーター。

クリエイティブユニット『ナマケモノ』

取材/文・写真 池田園子 取材協力/ CAFE PARK

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!