「イケメンWeb男子カタログVol.24」 坂下昌範さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.09.Fri

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第24回目のゲストは、坂下昌範さん(28)。Web広告代理店に勤務中の、イケメンWebメガネ男子です。スーツ+メガネにきゅん!
スーツ男子に慣れていない著者にとっては嬉しい瞬間です。かなりお若いのですが、実は二児のパパでもあります。とある金曜日の夜、渋谷の人気カフェ「ON THE CORNER」でお話を聞いてきました。

今どんな仕事をしていますか?

坂下さん(以下:S)「Web広告代理店で、アフィリエイトサービスを運営しています。具体的には、広告主に対してのメディアさんへの営業活動です。営業兼メディアコンサルタントと言っても良いかも知れません。全て合わせて20メディアほど担当しています」

前職ではどんなお仕事を?

(S)「SEOの営業をしていました。そこでも営業兼コンサルの役目でした。実はそれまでに長い歴史がありまして(笑)」

是非話して下さいとお願いすると、かなり意外な過去が見えてきた。
(S)「高校卒業後に上京して、バンド活動をしていました。3年くらいやっていましたね。アルバイトをしながらという感じです。僕はベースでした。そうやって3年やっていて、プロになるのは難しいなと気付いて諦めたんです。
初めて入った会社は広告代理店でした。クルマと保険を紙媒体の広告でやっていました。でも紙だと成果が分からないなぁ、という気持ちになってきて。それから2年後くらいに、Webの広告代理店へ。いくつかの会社を回ってきたことは、かなり良い経験になったと思っています」

前職から今の会社へ入ろうと決めた理由は何ですか?

(S)「人材紹介会社を経由して転職活動をしていたのですが、今の会社が1番、印象や雰囲気が良かったんです。早く決まりましたね。まず社長がスゴい人だなぁと思いました。家族がいるという面での条件も考えてもらいました。完成している大きい会社へ入るより、一緒に成長していけるような会社が良いなとも思っていた時期でした」

1日のスケジュールは?

9:45 出社
10:00 朝礼
~13:00 担当メディアとのやり取りなど
~18:00 訪問
~21:00 会社へ戻り、残務処理。
21:00頃 退社

営業をする上で心がけていることは?

(S)「嘘をつかないことですね。たとえば、それは難しいだろうというときは、正直に難しいですと伝えるようにしています。盛りません。また、クライアント営業と一緒に同行して、クライアント様に説明をすることも。その方がクライアント様に理解してもらいやすいです。
社内、社外を問わず環境作りはしっかりやっています。ポジション的に社内調整も多いですし、担当メディアさんとクライアント営業との板挟み・調整役になることは常にあることなので」

子ども時代のエピソードを教えて下さい。やんちゃ系のネタを期待しています(笑)!

(S)「子ども時代はガキ大将的な感じの子どもでした。父親からひどく叱られた記憶がありますね。隣の家まで1kmあって、雪もいっぱい降るといった、かなりの山奥に住んでいました。小学生時代に、何をしたか覚えていないのですが、何か悪いことをしたのでしょうね…父親から雪の中へ放り出されました(笑)。
バスで帰ったり、迎えにきてもらったりという生活なので、当然夜遊びもできないですし、していなかったです。当時からバンドをしていたのですが、バンドの練習で友達の家をバスで行き来するくらいです。学校から家に帰ってバンドの練習をしていることが多かったです。
僕の昔を知らない方にはびっくりされるのですが、髪を青くしていました。登校も青い髪で(笑)。先生に注意はされましたが『僕はちゃんと勉強もテストもするし、暴力も振るわない。だから髪だけは許して下さい』ということは伝えて、一応?許されていましたね。ただずっと青いわけではなく、夏休みや冬休みなどを中心に期間を決めて染めていました」

3~5年後はどうしていますか?

(S)「今の会社にいて、新しい事業を任せられるポジションになっていたいですね。プライベートでは今子どもが5歳と0歳なので、上の子が小学生になっている頃ですね。(運動会で脚の速いお父さんでいたいとか、そういう気持ちはありますかという質問に対して)いや、あまり前に出たくないです(笑)。オフの場ではあまり目立ちたくないんです(笑)」

インターネットと出会ったのはいつですか?

(S)「中学生の頃です。Yahoo!で検索していましたね。当時の数学の先生がPCに詳しくて、色々教えてくれたんです。実は小学生の頃からもPCは使っていました(早熟!)。
昔パイロットになりたくて調べていた記憶があります。ただ、ハードルが高いと小学時代認識しました。それから音楽に目覚めたんです。初めてライブを観て感動して夢が変わりました。T-SQUAREというグループの、有名な曲を聴いたときのことでした。F1のテーマ曲に使われているものですね」

普段情報収集はどうしていますか?

(S)「Facebook、twitter、RSSリーダー中心です。あと、2ちゃんねるは意外とかなり使えます」

好きなことや趣味を教えて下さい

(S)「会社のメンバーで組んでいるバンド、音楽鑑賞、アニメ、読書、お酒、ラーメンなどです。アニメはかなり好きでオタクです。SF系や近未来的が得意分野です(笑)。一番好きな本は村上春樹の『国境の南、太陽の西』です。かなり良かったです」

営業兼コンサルをしたい人へ一言お願いします

(S)「自分が理想としている広告手法や表現を作れる仕事だと思います。今あるものを自分なりに消化して、表現をしたいなと思っている人にはぴったりだと思います。あとは人が好きな人ですね」

坂下昌範さん
82年生まれ。Web広告代理店でメディア営業兼コンサルタント。二児のパパ。ラーメンにハマる日々。

取材/文・写真 sonoko0511 取材協力/ON THE CORNER

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!