「イケメンWeb男子カタログVol.22」 たけさん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.11.25.Fri

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第22回目のゲストは、たけさん(31)。フリーランスとしてWeb制作を行っています。なんと11/27(日)に楽天タワー2号館にて行われる、WordPressの大規模イベント「WordCamp Tokyo 2011」に登壇するとのこと。たけさんのお話を聞きたい方は、27日に品川シーサイドへGO!
Twitterではおばけのアイコンを使っていて顔出しをしていないので、驚く人も多いかも知れませんが、実際は松山ケンイチ似のイケメンWeb男子です。
新宿の「Brooklyn Parlor」でお話を聞いてきました。

今どんな仕事をしていますか?

たけさん(以下:T)「フリーランスのWebディレクター・Webデザイナーとして、ちょっとした修正から新規サイトの制作、WordPress構築などをやっています。独立して5年目になりますが、貧乏ヒマ無しです。お仕事のご相談がございましたら、お気軽にどうぞ(笑)」

今の仕事についたきっかけは?

(T)「大学の頃からDTP業界かWeb業界に行きたかったのですが、Web業界の方が求人も多く、入りやすかったので、Web制作会社に入りました。
独立したのは、当時勤めていた制作会社関連の代理店さんからお仕事を頂けるあてがあったので、独立してもそこそこやっていけるんじゃないかというのと、制作会社ではディレクションをしていたのですが、自分一人で制作をすべてやりたかったのが、きっかけです」

前職は何でしたか?

(T)「Web制作会社でディレクターをしていました。終電が多く、大変でしたが鍛えられました」

1日の仕事スケジュールの例を教えて下さい

8:00 起床~シャワー
9:00 ご飯を食べながらネットをチェック
10:00~ 始業
12:00~ お昼。気分転換も兼ねて外食が多いです。
13:00~ お仕事再開
20:00~ 終業、晩ご飯。自炊したり外食したり。
~24:00 だらだらネットをして、眠くなったら就寝

仕事をする上で、心がけていることは?

(T)「制作面では、効率化です。性格的にケアレスミスが多いので、いかに無駄なくミスなくできるか。
接客的な面では、ヘンに取り繕わずに、フランクな接客を心がけています。
特に同年代の方とお仕事をするときは、失礼にならない程度に冗談を言ったり、雑談をするようにしています。仕事、仕事したやりとりよりも、電話で笑いを交えながらやりとりした方が、お互い気持ちよくホンネで仕事ができると思っているからです。ちょっとキツい修正が入っても、親しくなった方なら『この人のお願いならがんばるか』と、モチベーションを維持できます」

フリーランスになって良かったこととそうでないことは何ですか?

(T)「いろいろメリットはありますが、自分ですべて決められる・責任が持てることが一番大きいかと思います。いちいち他人の確認をとらずに、すべて自分の責任で決断・交渉できるのは楽です。
良くないことは、やはりお金の問題ですね。いつ潰れるかわからない(笑)。お陰様でTwitterのフォロワーの方からお仕事を頂けており、なんとか食っていけてますが、いつまで続くかわからない。ただ、あまり先のことは不安がらずに、とにかく今の仕事を一生懸命やることが次に繋がると思ってがんばっています」

どんな感じの子ども時代を送っていましたか?

(T)「ケガをよくする子でした(笑)。おとなしいけど目立ちたがり屋で、授業中はよく手を挙げていました。今から思えば自己顕示欲・承認欲求が強かったですね。
レゴが大好きでよく遊んでいましたが、ファミコンを買ってもらってからはRPGにハマってました。パソコンに長時間むかうのが苦でないのは、長時間ファミコンをやってたおかげだと思っています(笑)」

自分の生き方を××主義というとしたら、何主義?

(T)「てきとー主義! ご質問を否定するようで申し訳ないんですが(笑)、あまり主義とか決めてもしゃーないと思うので、まあ、てきとうに(笑)。
もうちょっと真面目にお答えすると、Web制作という、クライアントとユーザーという異なる二つの立場へのサービスを提供している人間としては、何事においても、できるだけ偏見や先入観を持たず、中立的・客観的な視点を持ちたいと思っています」

自分の好きなところと嫌いなところを1つずつ教えて下さい

好きな所:わりと実行するところ
嫌いな所:時間やモノゴトにルーズなところ

好きな言葉は?

(T)「いろいろありますが、『Just for Fun』です。Linuxの開発者であるリーナス・ トーバルズの自伝『それが僕には楽しかったから』の原題なのですが、僕なりに意訳すると『好きこそものの上手なれ』。僕はLinuxは全然使えないのですが(笑)、そういう『作るのが楽しい!』という姿勢は忘れたくないです。
遊びといったら語弊がありますが、Web制作は本当に楽しくて、遊んでるのにお金を頂いているような気分になります。いや、もちろん大変な部分は大変ですが」

よくチェックするWebサイトは? デザインの勉強などに見ているWebサイトなど教えて下さい

(T)「はてなブックマーク。
あまり勉強できていません。大変けしからんですね(笑)」

最近観た映画、読んだ本は?

(T)「最後に観た映画って、『サマーウォーズ』じゃないかなあ……(遠い目)。仮想世界と田舎の家族という一見相反する要素ををうまく組み合わせていて、一家30人くらいが出てくるのですが、登場人物に無駄が無く、伏線も非常に良く練られたいい映画でした。
今読んでいるのは笠井潔の『吸血鬼と精神分析』と森山大道の『森山大道、写真を語る』です。日本のミステリが好きなのですが、笠井潔のカケルシリーズは楽しみなシリーズのひとつです。
写真を撮るのが好きで、忙しくて一時期投稿してなかったInstagramも最近再開してました。大学に入る前後で、藤原新也さんの写真に衝撃を受けました。『写真』というより、被写体を覗き見ている『視線』そのもののような感覚と、色使いが好きです。
森山さんは好みではないのですが、苛立った、殴りつけてくるようなハイコントラストな写真がずっと心に引っかかっていました。森山さんがどんなことを考えて撮影しているのかが知りたくて、たまたま買う機会があったので購入しました」

11/27(日)のWordCampについても。
(T)「WordCampに登壇させて頂くことになったのですが、1月末にお声がけ頂いてから正式発表までしばらくあり、『いつ公表されるんだろう!?』と公式サイトを1日に10回20回とチェックしていました(笑)」

そもそもWordCampへ登壇することになったきっかけは?
(T)「Twitterを通じて知り合い、何度かお会いしていた方から連絡を頂きました。TwitterでWordPress関連のことをよくつぶやいたり、『とっけん』というサービスをWordPressで作ったりしてきましたが、今年の4月と8月に『東京フリーランスミーティング』というフリーランスの方を集めたイベントを主催して司会をやったのも、注目してもらえた理由の1つかもしれません」

自信を持って扱える道具は何ですか?

(T)「自分自身。一番扱いやすいオモチャです(笑)。他人を動かすより自分を動かす方が楽だし、てっとり早いです。ただ、たまに眠気や怠惰に負けて、うまく動いてくれないのが悩み所です」

ストレス解消法は?

(T)「寝る、散歩する、ギターを弾く、お風呂に入る、美味しいものを食べる、古本を買いあさる、マッサージ屋に行く、飲みに行く。いろいろありますが、仕事上のストレスは、仕事を終わらせるのが一番です」

どんな女性がステキだと思いますか? またデートへ行くならどこですか?

(T)「自立してる方。がんばってる方。毎日遅くまで残業してる人とかは、無駄にホレそうになります。
絵を観るのが好きなので、美術館行ったり、映画行ったりでしょうか。あまりデートらしいデートではなく、自分のやりたいことの延長上でしかデートを考えていないヒドい男です(笑)」

クリエイターになりたい人たちへ向けてアドバイスをお願いします

(T)「偉そうなことを言える立場ではありませんが、ググればいくらでも情報が入手できる今、インプットだけでなく、とにかくアウトプットしていくのが大事だと思います。現代美術家の椿昇の言葉に、『この世界では「アップロード」(表現)することで初めて人になる』というのがあるのですが、多少質が悪かろうが、とにかくアップロードする、研鑽の証拠を残していくことで、後で振り返った時に達成感が得られやすいし、自信に繋がります。
そういう点で、賛否両論あれど、ウェブルのそらいさんの姿勢は尊敬しています。
クリエイターは、作り続けることでしかクリエイターを名乗れません。とにかく作って発表し続けるだけです」


たけさん
79年生まれ。フリーランスでWeb制作。本業の他に『Tポイントも持ってないよカード』など、ジョークサイトも多数制作。

取材/文・写真 sonoko0511 取材協力/Brooklyn Parlor

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!