「イケメンWeb男子カタログVol.18」 寺本智也さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.28.Fri

–イケメンWeb男子とは
一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。

第18回目のゲストは寺本智也さん(27)。人気のWebサービス「nanapi(http://nanapi.jp/)」で躍進を続けている株式会社ロケットスタート(以下、ロケスタ)に勤務中の、ヒゲメガネがCooLな男子です。こう見えて実は一児のパパ!
メガネ男子ラブな著者のために、メガネを5種類も持参して下さるという遊び心を備えたイケメンWeb男子に、リラックスできる癒しのカフェ「Asian Breeze」でお話を聞いてきました。最初にメガネ5種類の着替え写真をご覧下さい。





今はどんなお仕事を?

寺本さん(以下、T)「nanapiというWebサービスで、主にコンテンツのディレクションをしています。具体的には生産管理ですね。
nanapiは中の人が記事を書くこともあるのですが、nanapiワークスといって、クラウド上のライターさんにこういうの書いて下さいと依頼するサービスもしています。ライターさんから提出されたものにこちらで目を通すのですが、チェックをするスタッフの管理や、業務フローの設計などをしています。
『コンテンツ工場長』という表現が似合っているかも知れませんね(笑)。その他色々とやっていて、4つの部署を兼務していたりもします(笑)。経理、総務、経営企画、商品企画などもしています」

前職はリクルートですよね。その期間にはどんなお仕事を?

(T)「実は大学を卒業して、リクルートへ入る前に空白の期間がありました。昼間の料理番組を見て、夜その料理を作ったりとか、そんな生活を数ヶ月続けていました(笑)。
大学の頃、ガチなバイトをしていたんです。デザイナーの会社だったり、出版社だったり。それを一生懸命やっていて、気付けば大学を卒業していました。当時リクナビにも登録してなかったですね。そんな暮らしをしていて、お金がなくなってそろそろヤバいなと思って、リクルートHRマーケティングに契約社員で入りました。大学を卒業した年の夏ですね。求人広告の部署で、大手チェーン店のアルバイト採用のお手伝いを主に行っていました」

そこからの転換期について教えて下さい
(T)「1年4ヶ月ほどそこで働いていたのですが、あるとき新規事業の社内公募があって手を挙げました。同時に契約社員から正社員に。設立メンバーとなって、営業企画、商品企画、事業統括など、本当に色々なことをさせてもらいました。その間にリクルートへ出向したりなどもありましたが、そこには3年くらいいましたね」

超大企業から勢い溢れる話題のベンチャーへ。ロケスタへの転職のきっかけは何だったのですか?

(T)「リクルート時代の最後の1年あたりは、結構営業をしていたのですが、自分としては営業は苦手だな…と感じていました。営業でスゴい人はいっぱいいるんですよね。僕の場合、営業から企画まで色々とさせてもらってきて気付いたのですが、まだ整っていない仕組みを考えたり、フローを作っていったりすることの方が営業より得意だなと思っていて。そういった能力を伸ばしたいと思い、転職を考えていました。
今のロケスタの役員が、僕がリクルートへ出向していたときの同僚で、僕が転職したいと言っているのを偶然聞きつけて、そこから誘ってもらった感じです。ベンチャー企業だと、色々なフローが未整備であることが多いので、仕組み作りやフロー設計などができそうだな、と思って即決でした。良い経験になるだろうなと」

3、5年後あたりにどうなっていると思いますか?

(T)「ロケスタにいると思います。ジョブホッパーと呼ばれる人たちもいますが、僕はそんなに器用なことはできないなと思っています。僕の場合、今のところ分かりやすいスキルがあるわけではない、というのもありますね。『これをやった』ということが言えないと次には行けない」

プライベートの部分では?
(T)「5年後あたりだと、子どもが小学生になってるんですよね。運動会で活躍できるお父さんになっていたいと思います(笑)」

子ども時代の話を聞かせて下さい

(T)「小5の頃からメガネをかけていました。メガネ…高かったですね(遠い目)。フレームだけで3万、レンズが片方だけで1万5千円とか。ゲームボーイにやや熱中していたのが、目を悪くした原因の1つだと思っています。SaGaとかやっていましたね。ゲームっ子です。
バスケもしてましたね。小学校の高学年のとき、ミニバスができると聞いて始めました。なので中高はバスケ部でした。ポジションは言うとおこがましいですが、ミッチー(スラムダンクで言うと誰ですか、との著者の問いに対して)でした。外で待っててスリーポイントを打つ役(笑)。
高校に入ってからはバイトで新聞配達を始めました。朝5時半に起きて7時くらいに配り終えるんです。コンビニなどでバイトをしたかったんですが、親が厳しくて無理で、新聞配達であればOKでした。夜中にゲームをやって、寝ずに新聞を配りに行って、高校へは部活開始の時間から行くというような生活をしていました(笑)」

寺本さんと私はどちらも出身が中国地方ですよね。そして大学進学で上京というパターンも一緒。上京してから、東京の人の行動で驚いたことはありました?
(T)「ですよね。僕は島根出身です。大学の同級生などから、初対面なのにいきなり下の名前で呼ばれ始めたことにびっくりしました。下の名前で呼べば仲良くなれると思ったら大間違いだぞ、とか思ったり(笑)。地元にいた頃は、上の名前で呼ばれることが多くなかったですか?今はもう慣れましたが、あの頃は不思議な感覚でしたね」

インターネットと出会ったのはいつですか? 何をしていましたか?

(T)「僕はあまりWebの人じゃないんですよね。PCを本格的に使い始めたのは、リクルートに入社してからだったりします。大学の頃はレポートを書くくらいしか、使ってませんでした。真面目に文献を見て書いていましたね。ググったらレポートに使える素材がたくさん落ちていることすら、知らないくらいで(笑)」

普段どうやって情報を集めていますか?

(T)「テレビはよく見るようになりましたね。面白いなと思って。たとえば30分間の番組だと、30分間縛るじゃないですか。Webと圧倒的に違う点ですよね。メディアとして、まだまだかなりパワーがあると思います。あとはドラマも見てますね。月9とか水10などは、嫁との良いコミュニケーションツールになるんです(笑)。
時間が来たら肩を並べて見ることになりますからね。WebだとFacebookで情報を集めることが多いです。あとはtwitterをRSS代わりに使っています。情報集めとなると、Google+などソーシャル系のサービスをよく見ています」

尊敬している人について教えて下さい

(T)「必ずしも『尊敬=俺もこうなりたい』ではないのですが、尊敬している人は何人かいます。それぞれタイプが違いますね。過去の上司とか色々です。尊敬している上司や同僚がいると、早くその人と同じレイヤーで仕事をしたいと思う気持ちが大きくなります。経験値だったり、人としての魅力だったり、尊敬する部分には様々な要素がありますね。そういう刺激的な環境に身を置いておきたいです」

一番の趣味は何ですか?

(T)「バスケです。週1、2のペースでやっています。土日ですね。嫁には結婚する前から『バスケは僕のライフワークだ』と話して、なるべく了承してもらっています(笑)。日曜の夜7時からあるときもあって、そういう週の月曜午前はぐったりしています(笑)」

メディアを作りたい人へ向けて一言お願いします

(T)「nanapiの話をもらったときに感じたのは、親に勧められるWebサービスって良いなということでした。ネットは便利で面白いのですが、使いこなせない人にとっては、参入障壁が高いもの。ネットをしていると、これは慣れている人でないと分からないだろうな・使いにくいだろうな、という場面は多々あります。
僕らの親世代はまさにそうですよね。ただ、ネットを使う方が便利に生活できますし、いつかは皆が使っていると思います。皆にやさしいサービスが、これからどんどんできていくと良いなと思います」

sonokoの心に刺さったコトバ

「実はスマホを持っていないんです。ガラケー中心に使ってるんです。僕はちょっと“へそまがり”なタイプで、人が持ってるものとか人気のものとかは、逆に使いたくない」「自分のパラメーター意識してます」
自分の中に芯を感じるイケメンWeb男子でした。素晴らしいです!

寺本智也
84年生まれ。株式会社ロケットスタート勤務。バスケとガンダムが好きな一児のパパ。

取材/文・写真 sonoko0511 取材協力/Asian Breeze学芸大

あわせて読みたい
    イケメンWeb男子とは
    一分一秒を争うスピート感溢れるWeb業界で働く若手男子のこと。
    Webデザイナー、エンジニア、ディレクター、プログラマー、フラッシャー、Web広告、アナリスト…などジャンルは幅広い。「Webが大好き!」「新しいことを仕掛けていきたい!」といったキラキラした男子を多く取り上げています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!