「イケメンWeb男子カタログ」 Vol.1

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.10.Fri

キラキラしている今旬の「Web男子」に密着する不定期連載。登場したゲストが、次のゲストを紹介するというリレー形式で進んでいく“つながり企画”第一弾!!

第1回目に登場してくれるのはナカトミツヨシさん(25)。なんとその若さで独立し、昨年からWebクリエイターとしてフリーランスで働いている。
5月下旬のある雨の日、代官山へ来てくれたメガネの似合うイケメンは、内側に1本しっかりした芯の通った大人男子だった。

Q.かるく自己紹介をお願いします

(ナカトミツヨシさん 以下NT)「フリーランスでWebクリエイターをしてます。Web、映像、音楽、紙の仕事をしていて、Webの割合が1番多いです。」

(sonoko0511 以下S) 独立してまだ1年以内。しかも、いずれフリーランスになろうと思っていたものの、まさかそのタイミングで独立する予定はなかったとか。
(NT) 「うっかりフリーになった、という感じです(笑)。そして、タイミングが早かったですね」

前の会社もWeb系。かなりがむしゃらに働いたからこそ、今がある。しかし、新卒で入った企業は実は銀行だというから驚き。いろんな顔を持つ人である。
(NT) 「前の会社には1年半くらいいました。僕含めて5人しかいない会社で、平日は徹夜か終電帰りのどちらか。土日も働いてて、全然遊んでなかったです。かなりハードでしたが、あのとき勉強しながらひたすら働いていた、というのが良かったと思ってます。遊べないのはきつかったですけど(笑)」

Q.クリエイターになったきっかけは?

(NT) 「ものづくりが昔から好きだったんです。具体的にいうと、エンタメが好きで。わくわくすることが大好きなんです。学生時代から作曲や映像制作をしたり、映画製作サークルで作る作品に役者として出ていたりしました」

(S) とにかく多才。でもどうして今はWeb系なの?
(NT) 「今の僕にとって『やばい!』という感覚に1番近いものがWebなんです。なかなかそう思うものがなくて。『やばい!』に向かって進んでます。だから、1年後『やばい!』と感じる対象が変わっていてWebをやっていないかも知れない(笑)。」

直感、感覚を大事にしているので、その瞬間にピンと来た「やばい!」をキャッチする。そのための情報収集にも余念がない。どんなに忙しくても1日に1000本くらいの、Webに偏らない様々なジャンルのニュースや情報をキャッチする時間を確保している。プロ意識の高さはそんなところにも現れている。

Q.1日の仕事スケジュールの例を教えて下さい

(NT) 「家にいるときはずっと家。だから書いてもつまんないですが…。意外と家で仕事してます」

そう笑うナカトミさんに、外での打ち合わせがある日の場合のスケジュールを書いてもらった。
4:00 吉野家で夜食
10:00 起床
12:00 打ち合わせ
14:00 吉野家で昼ごはん
15:00 打ち合わせ
16:00 打ち合わせ
18:00 帰宅(それ以降夜中の3、4時頃まで仕事)

(S) 吉野家率高っ!
しかし行くときは、1日に3回以上吉野家へ行くことも。Twitterのつぶやきにも、吉野家に関する話題がいっぱい。吉野家顔文字まで作られたそう。

(NT) 「吉野家歴10年くらいになります。最近では、吉野家の中の人だと思われてます(笑)。違うんですけど」

Q.自分の生き方を××主義というとしたら、何主義?

(NT) 「『ワガママ!』ですね。やることをちゃんとやっていれば、やりたいことをやって良いと思うんです。やりたいことをするために、やるべきことをやってきました。『ワガママ!』したいから頑張ってきました」

小学生時代のナカトミさんは成績が良かったが「成績が良くて、で、どうなんだ? 誰かを喜ばせたいから勉強するのはどうなんだ」と思い、中2頃から特に勉強しなくなった。すると成績が極端に下がり、高校へ行けないかも知れないと気付く。

そのとき「高校に行かないと、やりたいことができない」と意識して、目的のために頑張り始めたことが、その後のナカトミさんの生き方に大きく影響している。

Q.自分の好きなところと嫌いなところを教えて下さい

(NT) 「好きなところは、直感的なところ、思い立ったらすぐやるところ、趣味が多過ぎるところです。嫌いなところは理論立てて考えられないところ。直感的なので」

Q.好きな言葉は?

(NT) 「やはり『ワガママ!』です。あとは『おもしろい』とか『わくわくする』とか。自分自身もわくわくしたいし、周りをわくわくさせたいという気持ちが強いんです」
仕事も作品も生活も「わくわくする」ことが大事。

Q.よくチェックするWebサイトは? デザインの勉強などに見ているWebサイトなど教えて下さい

(NT) 「海外のサイトが多いです。デザインの参考になるので。くだらな過ぎて笑えるサイトも見ます。『着眼点が普通ではない』という面白さに惹かれます」

Web系

white-screen.jp
tripwire magazine
Speckyboy Design Magazine
DzineBlog.com

笑える系

僕の見た秩序
ワラパッパ

Q.自信を持って扱える道具は何ですか?

(NT) 「自信を持って扱える道具(笑)? 面白い質問ですねー。うーん。シェーカーです。バーテンから『巧い』と褒められました(笑)。家にリキュールなどを結構置いているので、よくカクテルを作ってます。Webでカクテルのレシピを参考にしたりして。あとはやはり仕事柄PCです。色々な道具(ツール)組み合わせて作品を作るのは得意かも」
その他「お箸」という回答も飛び出した。豆の移動が得意だそう。ユニークな人である。

Q.ストレス解消法は?

(NT) 「家にいるときだと、刺激的な音楽を聴くようにしています。「Boom Boom Satellites」の”Kick It Out”、「Underworld」-”Born Slippy”などはよく聴いてます。とんでもない曲を選ぶこともあります。
外に出る時間があるときは、映画やカラオケに行きます。飛び抜けてストレス解消になるのは、遊園地です。テンションが上がるので。あとスピード狂でスリルのあることが大好きなので、絶叫系に乗って叫びまくります。それだけでストレスは解消されます」

Q.あなたの恋愛スタイルを一言で表すと?

(NT) 「自由奔放」
(S) なんだか分かる気がする(笑)。ナカトミさんっぽい。


(NT) 「僕自身が自由にしていたい考えなので、縛らないし、縛られたくないという感じです。たとえば、同じ空間にいて僕が仕事に集中しているとき、相手には別のことをしておいてほしい」
(S) 確かに、大事な仕事中に絡む女は面倒。女子の皆さん、気を付けて下さい。

Q.どんな女性がステキだと思いますか?

(NT) 「自分を持っている人。自分で何かをしている人はステキです。仕事だけでなく、自分の意志で別の活動をしている人も良いですよね」
ナカトミさんもそんなタイプだからであろう。本業のWebクリエイターの他に、DJ活動なども始めた。つい先日DJ活動を始めた場所は、池袋にある「 踊音(http://yoh-on.net/)」。今後も定期的に出る予定なので要チェック。自立して楽しく意識を高くして生きている女性が魅力的だということだ。

(NT) 「恋に落ちる相手は、女性としてではなく、1人の人間として見てます。何となく生きている人ではなく、目的を持って活動しながら生きている人がカッコイイと思ってます」

Q.デートへ行くならどこへ行きますか?

(NT) 「あてもなく、そのときの気分に応じてどこかへ行くことがあります。そのときの気分次第。ただ、目的地が1つあってそれ以外は自由に気の赴くままに、ということが多いです」
(S) 電車が来たとき、そのときの直感や気分で乗る方向を決めることもあるとか。気持ちに素直過ぎです(笑)! そういうデートも楽しそう。

(NT) 「最近行きたいのは、お寺。大学は京都だったのですが、その当時は近くにあるから珍しくなくて、意外と行ってませんでした。建てられた理由は必ずあるので、歴史から刺激を受ける意味でも見に行きたいと思ってます。あとエジプトにも行きたいです」
関東にも寺社はいっぱい。今ナカトミさんを誘うなら、寺社巡りデートが狙い目!

Q.長くイイ恋愛をするコツを教えて下さい

(NT) 「ほど良い距離感を持つことです。くっつき過ぎるのは良くない。僕はイベントごとを大事にするタイプなので、記念日とかには相手をわくわくさせたくてサービスします。メリハリを付けるようにしてます」

Q.googirlの女性ユーザへ向けてメッセージをお願いします!

(NT) 「僕がメッセージを送っていい立場なのか分かりませんが…(笑)。自分の道を本気で貫いていける人がステキだと思うので、本能的にやりたいことを貫いていってほしいです」

(S) ありがとうございました!
かなり気さくで親切なイケメンクリエイター・ナカトミさん。DJ活動も6月から本格的に始動。HIKARI TOY85/Hi-Fiveなどは6月にDJ出演するイベント。
またその他ナカトミさん情報は コチラからチェックできます

ナカトミツヨシ
85年生まれ、Webクリエイター。9bic Design(http://nakatomi.9bic.jp/)代表。

取材/文・写真 sonoko0511 取材協力/eau cafe

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!