結婚パーティを「ふつうの人の2倍」楽しむ方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.20.Mon

季節柄、周りで結婚する人が増えてきましたね。結婚式は内々で行い、結婚お披露目パーティや結婚式の二次会など「かるい・ゆるい形のパーティ」に仲の良い友人・同僚などを呼ぶ、というパターンが最近多くなっています。

20代半ばを過ぎると、そういった機会がたくさん巡ってくるもの。今回はその結婚パーティ、二次会などでの基本ルールを少し、そして「ふつうの人の2倍」楽しむ方法をご紹介します!

基本ルール

ファッション

結婚式に参加するときのルールと同じです。白い服はNG。白以外の色で、日常着ないタイプの華やかなワンピースなどが、会場に馴染みやすくて良いでしょう。

メーク

キラキラめな服装に合わせて、メークは濃い目の方がマッチします。普段使いのものよりも、ラメのたっぷり入ったアイシャドゥを付けるなど、いつも+αを出して。


バッグ


会場では、クラッチバッグや小さめのパーティバッグを持って動きます。お酒のグラスを手に、移動したりもするのでできればクラッチタイプのものよりも、腕にかけることのできるバッグの方がオススメです。

必ずバッグへ入れておきたいアイテムは、カメラ、携帯、名刺、ハンカチ、グロスや口紅、鏡、ペンなど。最低限のものだけにとどめて身軽に。

会費

結婚式のようにのし袋に入れて持って行く必要はありません。結婚パーティや二次会などでは、新郎新婦の友人などが受付にいて、そこで会費を徴収し、会場内へ入るしくみが多いです。なるべくお釣りのないように現金で持って行けば問題ありません。

パーティをお得に楽しもう

華やかに着飾ってパーティに参加するのですから、思いっきり楽しまないともったいない!
というわけで「楽しみ方ハック」をお伝えします。

そもそもパーティには新郎新婦の友人たちが来ています。それほど大きい会場でない限り、呼べる人数は限られています。数々の友人・知人たちの中から“厳選”された人たちが集っているわけです。
新郎新婦が「イイ人」であれば、その友人たちもイイ人が多いはず。類は友を呼ぶ、というのは本当です。

知らない人、話したことのない人がたくさん集う場所-それがパーティ。これを出会いの機会にしてしまいましょう。「共通の友人」がいる点からも、合コンなどより仲良くなれる可能性が高く、また上に書いたようにイイ人が多くいる確率も高いですから。

ぱっと見て気になる人がいるときどうするか?

この問題ですが、迷わず話しかけてみましょう!始めは何でも構いませんが、無難なのは「どちらのお友達ですかー」とかるく問いかけてみることでしょう。

この質問は、話のきっかけになりやすいです。「自分は××です…ではあなたは…?」というように、会話が続いていきます。どのライフステージで新郎新婦と一緒に過ごしていたか、などお互い話せるネタもきちんとあるので安心。

久しぶりに会う共通の友人などと一緒にいるのも懐かしくて愉しいもの。そこで盛り上がるのも良いのですが、ずっと彼らと共にいると新たな出会いのきっかけを逃すことになりかねません。

出会いを見つけたいという人は、たまに1人で動いてみましょう。お酒をサーブしてくれるカウンターなどに1人で並んでいると、話しかけられることがありますよ。意識的に「隙」を作ってみましょう。

女子2人ほどで動いて、男子2人組でいる人にかるいトーンで話しかけてみるのもありです(クラブのようですが)。きっかけだけは、こちらから作っても良いのです。


結婚パーティというハッピーな場では、皆きもちが盛り上がっています。参加者全員がハッピーなオーラを受け取っているため。「結婚したい」、「恋愛したい」というふうに、いつもよりも恋愛に前向きになっている人が多いです。そんな機会を活かさない手はありません。

実際に友人の結婚パーティで出会って付き合い始めた、結婚した、という話が周りでもあります。テーマは「お祝いのきもちを渡し、幸せをいただいて帰ること」。意識してみて下さいね。

著者:sonoko0511

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!