「働くイケメン男子Vol.2」 広告プランナー・上山健太さん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.24.Sat

とある秋の晴れた日に新宿御苑へーー。「都内にこんなところあったんだ。時の流れがゆっくりで、また来たい」と語るイケメンは、時の流れが速い世界で日々戦っている。力のある目に強い意志を感じてドキッとさせられる、芯のある男子でした。

今どんな仕事をしていますか?

上山さん(以下:U)「広告代理店で企画系の仕事をしています。基本的にはBTL(Below the Line)領域のプロモーション企画をしていて、最近はソーシャルメディア関係の仕事も増えてきました。すこし変わっているのは、僕が実際に勤務している会社とは、別の会社のチームにいること。そこの会社の人と一緒に仕事をすることが多いです。逆に属している会社の人との仕事面でのつながりはないくらい。他の会社の人たちと仕事してる、ってことですね」

それ、最初かなりやり辛くなかったですか?

(U)「やりにくかったですね(笑)。基本電話での会話です。なるべく向かい合うようにはしていますが。意識して対面し合うようにはしています。一応別の会社の人なので最初は、電話口でも『お世話になります』なのですが、一緒に仕事をする同僚みたいなものです。普通は『お疲れ様です』よね。ですが、そういった特殊な間柄なので、電話で『お疲れ様です』となるまで1年かかりました」

東京に来て4年目だそうですが?

(U)「だいぶ慣れました。たまに実家(兵庫県)に帰ると、ホームに帰ったなーという感じでしたが、今では東京の方がホームになった感じ。逆になりました。とうとうこっちがホームになったんだなぁ、と思うと寂しくもあり、嬉しくもあります。複雑な気持ちです(笑)」

昔から東京に来たいという気持ちはありましたか?

(U)「大学に入ってから思うようになりました。地元が兵庫県なのですが、高校から東京の大学へ進学するのは1割くらいでした。かなり少ないです。基本みんな関西にいるんですね。僕は産業社会学部という学部で、広告の勉強をしていました」

大学に入り立ての頃は、何になりたかったですか?

(U)「新聞記者になりたかったです。やるなら東京でやりたいな、と漠然と思っていました。親が新聞記者だと勘違いしていたんです。新聞社の広告代理店で働いていたんですが、たまに記事みたいなものも書いていたんです。そこで勝手に思い込んでしまっていました……(笑)。
僕の写真が広告の写真に使われていた、ということもありました(笑)。地方紙なので、すこし緩さがあったように思います。野球がすごく好きだから、大好きな選手をずっと追いかけていたいという気持ちも、根底にありました」

学生時代は何をしていましたか?

(U)「営業をしていました。その頃からスーツを着ていましたね。1年目の終わりから2年くらい、学生団体をやっていたんです。そこの事務局に入り浸っていました。遊ぶよりもそちらの方が楽しかったんです。社会に出て役に立つだろうな、と感じていました。なので、最近の大学生っぽいリア充的な遊びはしてないです(笑)。
大人と絡む機会は多かったなと思います。打ち合わせをする相手が広告代理店の人だったり、社会の荒波にもまれたり……。先ほどお話したように、最初大学1年目の頃は新聞記者を目指していましたが、2年目からは広告代理店の存在を知って、面白いなと。話を聞いていてワクワクしました。その頃、親に『代理店て知ってる?』と質問したら『まさに俺や』と言われて、そこで親が新聞記者ではないということを知ったというエピソードも(笑)」

3~5年後あたりはどうしていると思いますか?

(U)「僕は面白いこと、人と関わることが大好きで広告業界にいるのですが、そういうことは広告以外の世界にもあります。広告と限定した世界にいなくても良いくらいだと思っています。特にこだわりはないです。大好きなことができれば良いなぁと。明確な3~5年後はまだ描けていないです」

幼い頃はどんな子どもでしたか?

(U)「今もわりとそうですが、寂しがり屋でした。家でひとりではいられない子でした(笑)。部活が終わると真っ直ぐ家に帰らずに、友達とずっと話していたり。今でも休日は必ず予定を入れるようにしています。休みの日はほとんど家にいません」

働く中で決めていることは?

(U)「平日は帰ったら寝るだけ……というくらい働いているのですが、金曜日の夜は何が何でも早く帰ることを心がけています。外でコミュニケーションを図る大事な時間なので。
あとは人に気を遣うこと。仕事上はドMだと言われるくらいです(笑)。一緒に仕事をしている人たちに、良い気持ちで働いてほしいんです。そのための土台は僕が作りたい。そう思ってやっているので、たまに余計な仕事を引き受けてしまうこともあります。これをしておけば、後がスムーズになるのではないかと思うと、一旦自分で少し手を入れたりとか。良い状態でパスしたいんです」

趣味は何ですか?

(U)「音楽が大好きです。週末にインターネットラジオとかクラブのUstreamを聴いて、いいなと思ったものはiTunesに落としています。その後自宅のCDJで流してmixする。
ハウスミュージックが特に好きです。自分としては大好きな曲だけれど、意外と知られていない歌があったりするので、そういうのを広めたいという気持ちはあります。クラブによく行くので、好きな曲に関して色々な思い入れがあります。そういう曲はたくさんあって、通勤時に聴くと異空間に行っちゃいます(笑)。FPMが好きです」

広告マンになりたい人へ一言お願いします

(U)「まわりにはスーパーマンがいっぱいいます。自分の強みは何だろうか、どういったキャラなんだろうかという問いに対して常に明確な答えを持っておくほうがよいかと思います。自分を売り出すということも広告の一つなのではないでしょうか」

上山健太
広告代理店勤務。休日の過ごし方はスポーツ(テニス、ゴルフ)など。

取材/文・写真 sonoko0511 取材協力/BAR PELOT

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!