私たちが自分自身にウソをついている7つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.26.Sat


私たちはよく”自分に正直に”なんてよく口にしますが、実際はけっこう自分自身にウソをついていたりしませんか?でも恥ずかしがることはありません、それはあなただけではないからです。そんな自分に対してついているウソを7つ指摘してみましょう。

1 今忙しすぎる

実に古典的な言い訳のひとつです。仕事、家事、ジム通い、睡眠、飲み会、食事、などなど数え上げればキリがありません。
でもちょっと待ってください、先週どれだけテレビを見ましたか?ネットは?ビデオゲームは?私たちは毎日、忙しい、忙しい、と自分で自分に言い聞かせていて、本当のところはそうでもないのです。

2 それほど自分の外見にこだわっているつもりはないから

自分の外見がそれほどたいしたものではない、と自覚してこう思っている人も多いのでは? でも、私たちの住む現代社会では、外見は想像以上に重要視されています。
誰だって、魅力的なルックスを手に入れたいと望んでいるものではありませんか。たくさんの人が美容商品、エステ、ジム、整形に夢中になるのもより良い外見を手に入れたいがためです。

3 運動なんてそれほど重要じゃない

仕事やバイトで運動する時間なんてなかなかとれないし、休みの日は家でのんびり過ごしたい。運動は私の人生でそれほど重要なことじゃないと思う、なんて考えている人もかなりいるはず。
でも、運動することで、体は間違いなくスリムになるし、血行が良くなって美容上の効果も期待できます。

4 ジムに行くより、ショッピングや友達との食事などもっと人生を楽しんでいたい

ジム通いを決心して、メンバーになってもなかなか続かないのは、ジムでのエクササイズが”義務”と化してしまい、楽しめなくなってしまうからです。
これを解決するためには、何か本当に自分が心から楽しめるスポーツやエクササイズを発見することです。ダンスやヨガ、ピラティスなど、様々なジャンルにチャレンジして、”楽しい!”と思えるものを見つけ出しましょう、そうすれば、義務感を感じることなく、体を動かすことが日課となるはずです。

5 何ごともやり過ぎはよくないと思う

たしかにやり過ぎはよくありません、でもだからといって最初の一歩を踏み出さないという言い訳にはならないはずです。最初は、自分ができると思うことの半分くらいからスタートして、徐々に自分のペースを築いてゆけば良いのです。

6 来週から始めることにする

“ダイエットは明日から”と自分に言い聞かせてから、飲み会や食事会に繰り出すことはありませんか?
大事なことを先送りにしてしまうのは、人間誰しもが持つ心の弱さです。しかし、”今できることを明日に先送りしない”、これは勉強、家事、仕事にも通じる黄金ルールです!

7 じゃあ、一つだけ頂くことにしよう

ダイエットの一番の敵ともいえる、悪魔のささやきです。そして、食べ出してしまうと、すぐ次に手が伸びてしまうのも悲しい人間の性。人から”お一ついかがですか”とすすめられた時は、笑顔で”いいえ、結構です”とお断りしましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!