普段料理をしていないとバレる5つの行動!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.28.Sat

桜の季節も過ぎ、夏に向けて様々なイベント目白押し!
バーベキュー、ホームパーティーなど、恋人、友人の前で料理する機会も増えてきますよね!楽しみな反面、どんなにつくろっても『普段料理してないでしょ』とバレる5つの行動をご紹介します。

1)いちいち調味料を計る

醤油大さじ1、水250cc、砂糖小さじ1…。レシピ本通りにいちいち計る。目分量がわからない。これは普段料理をしていない典型的な行動ですね。
大さじ、小さじ、1カップ。料理を普段していないとバレたくない相手を前にする際はこれくらいは目分量でいけるようにしておきましょう。

2)ピーラー(野菜皮むき器)がないと野菜の皮むきが出来ない

野菜の皮を薄く剥くことができるピーラー(野菜の皮むき器)。便利なアイテムで愛用している方も多いはず。
しかし、バーベキューなど屋外での料理の場合、まな板、包丁といった最低限の調理器具しかありません。料理上手はじゃがいも1つなど少量の食材はいちいち洗い物を増やさないために包丁だけで調理することが多いといえます。ピーラーを捜してキョロキョロ、ましてや人様の家の台所の引き出しを勝手に開けて捜すなんてことはやめましょう。

3)買い出しの際、レジ袋に食材を入れる順番を迷う

スーパーでの買い出し。やたらレジ袋に詰めるの遅いな、と思うと『テトリスでもする気?』というくらい計算して生鮮食品を入れる順番を迷う。
野菜、肉魚、卵…どれが上でどれが下ならさっさとレジ袋に入れ運べるか。こんな簡単なことも普段料理をしないと、そもそも買い出しをしないのでわからないことなようです。

4)洗った食器をガンガン積み重ねる

料理をしていないことをバレないよう『私、洗い物得意~!!』と洗い物に逃げる人も多いはず。料理できる感がなんとなく漂いそう…?
しかし洗った食器を水切りカゴにガンガン山盛りに重ね出したらこれはアウト!料理をしていない人はその食器が乾いた後のことしか考えてないことがバレバレ!
調理中は『あ、あの小皿…』と洗ったものを再度使うことも多いのでまずは水切りカゴに入っている食器を片付けてから、改めて洗い物に取りかかりましょう。

5)誰よりも先に食べ始める

料理をしている人はお鍋やお皿を運ぶ、取り分けるなど誰よりも台所を行き来しています。
逆に日常的に料理をしていない人は、自分のペースで自分の食べたい時に食べ始めるので、ちゃっかりと席を陣取り、さっさと誰よりも先に食べ始めます。料理が出来なくても空気を読み取り、最後までお手伝いしてから席につきましょう。

料理をしている人からしたら「ええ?」と思うこの5つの行動。
日常しみついた行動なので、自分でも気付かないことが多く、第三者に
「あ、料理普段してないんだな」と思われやすくなります。せめて料理が出来なくても料理をしてくれる人への心使いと、後片付けもどうしたらスマートに出来るかは意識しておきたいですね!

ライター;西村華奈穂

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!