家飲みに最適!コスパ良し&お酒のバリエーションが広がる♪キッチンにおいておきたいアルコールまとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.11.28.Mon

外で飲むよりもリラックスして飲める、すぐ寝られるのがイイ、ワイワイできる…などで支持される家飲み。ですが、常に缶や瓶ですぐ飲めるお酒を買ってくるという方が多いのではないでしょうか?
実はそれよりもおトクにかつお酒のバリエーションを増やせる方法があるのです。今回はその方法についてご紹介します。

方法といっても簡単です。家に各種リキュールなどのボトルを置くこと。置いておくと、割ものや飲み方次第で色々なお酒を作ることができます。置いておくと使える基本のボトル、またその飲み方についてまとめていきます。

1、ジン

ジン:オレンジジュース=1:3の割合で「オレンジブロッサム」ができます。グラスに材料を入れて混ぜるだけ。ジン:ジンジャエール=1:2.5~3にレモンを絞ると「ジンバック」に。ジンは用途が豊富です。

2、ラム(キャプテンモルガン)

香りが良いです。水割りにするだけでかなり美味しく感じられます。

3、カンパリ

いわずと知れたカンパリですが、ソーダと割って「カンパリソーダ」に。またフルーツジュースと割って「カンパリオレンジ」や「カンパリグレープ」などにするのも簡単。

4、カシス

ソーダと割って「カシスソーダ」に。またフルーツジュースと割って「カシスオレンジ」や「カシスグレープ」などにするのも王道。ビタミンCを補えるお酒でもありますね。

5、いいちこ

ベーシックに水割り、お湯割りも良いですが、緑茶割り、トマトジュース割りなどもオススメ。新たな世界が広がります。

6、ライムリキュール

ライムを加えたいシーンで活用してみて下さい。1本あると便利です。ただしライムエッセンスではなく、ライムリキュール(れっきとしたアルコール)であることに注意したいところ。

7、ラム

ラム:コーラ=1:3くらいの割合で「ラムコーク」にするのが簡単。ジンジャーエールという同タイプのものと割っても美味しく頂けます。

8、ウォッカ

ウォッカ:オレンジジュース=1:4の割合で「スクリュードライバー」に。こんなに簡単に作れるんだ、と驚きますね。ウォッカの量を増やすとやや酔いやすくなります。「ソルティドッグ」はこちらと同じかたちで、グレープジュースを使用し、グラスの縁に塩を塗って完成。

9、スタバクリームリキュール

牛乳で割ると、カルーアミルクのような飲み物になります。まろやかなくちどけがステキです。コーヒーベースにクリームを加え、アルコール度数も抑えめなので、ロックでも楽しめるのが特徴。

どれも1本1,000~1,100円前後と安いボトルばかり。最終的なコスパ&作れるお酒のバリエーションを考えると、ボトル買いしておくのがおトクです。キッチンがバーのようになっていくのも、お酒好きな女子には愉しいかも!?

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!