お酒好き女子ならこだわりたいビアグラス&ワイングラス

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.10.Sat

お酒好きな女子なら、毎晩の晩酌はかかせないものでしょう。
いつも飲んでいるビールやワインは、いれるグラスを変えるだけで、ガラッと美味しくなるんです!美味しいお酒を楽しみながら、日中の疲れを癒したいですよね。ニーズ別のビア&ワイングラスの種類と、オススメグラスをご紹介します☆


ビアグラス

ビール好きなら、ビールの種類によってグラスを変えると、味わいがグッと変わりますよ。ニーズ別のオススメグラスをご紹介します。

泡もちを良くしたい→タンブラー

泡もちを重視したいなら、タンブラーを選びましょう。底が丸くなっているので衝撃が少なく、泡もちが良いのが特徴です。

「うすはり」のタンブラーは、ビールのCMにも出演する品。電球製造のノウハウを活かして極限まで薄くし、一点一点丁寧に作られたタンブラーです。軽さや繊細さはもちろん、口当たりの良さが人気。毎日の晩酌が美味しくなること間違いなしですよ。

うすはりタンブラー ビールグラス

最後まで冷たいまま飲みたい→銅製のビアグラス

特に夏は、すぐにぬるくなるビール。できれば最後まで冷たくて美味しいままで飲みたいですよね。冷たさキープには、銅製のビアグラスがオススメ。銅には保冷効果があるので、15分経っても冷たいままというグラスも多いのが特徴です。

燕三の「純銅タンブラー」は、中が錫メッキで、ビールを柔らかな口当たりにも変えてくれます。

燕三 純銅タンブラー

クリーミーな泡を楽しみたい→陶器のビアグラス

缶ビールは炭酸とビールの対流が起こらず、ビール本来の味が楽しめないというデメリットがあります。対流を起こすなら、陶器のビアグラスをセレクトしましょう。きめ細かく、まろやかでクリーミーな泡が楽しめ、ビール本来の味わいを堪能できます。グラス内部は薬を塗っていないものが、よりオススメ。

キメ細かい泡になりますが、泡もちは早め。特にギネスなどの海外の濃厚ビールや、黒ビールを飲む時に重宝します。
「プレミアムビアグラス」は、グラスに傾斜をつけることで、泡もちも重視したグラス。柄も豊富で、見てるだけで楽しくなれるグラスです。

匠の蔵 プレミアムビアグラス 器屋にしやま

ワイングラス

長期熟成ワイン→ボルドー型

縦に長く、口にかけすこしすぼまっていくのが、ボルドー型ワイングラス。一般的な居酒屋やバーで使われているタイプです。口がすぼまっているので下の中央にワインが広がりやすく、酸味を強く、苦味や渋みをおさえる作りとなっています。

酸味が強い、果実味豊かなワイン→ブルゴーニュ型

丸口が広がっていくのが、ブルゴーニュ型ワイングラス。舌の先からワインが流れこむので、甘味を強く感じさせ、酸味を抑えてくれます。丸い形で香りがこもりやすく、香りを楽しむのにも長けています。

レストランでの使用率が一番高い「リーデル」は、創業250年のワイングラスブランド。約160ものワイングラスが用意されており、店舗に行けば、ソムリエの資格を持つスタッフがグラス選びを手伝ってくれます。幅広い形と価格帯で、自分の好みのワイングラスが見つかるはず。

リーデルとは | RIEDEL

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!