カメラ女子、ついにデジイチを買ってみた!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.28.Tue

女子カメラ本が最近かなりたくさん出ているように、女子の間でもデジタル一眼レフ(以下、デジイチ)が大ブーム!
という世の中の動きに乗っかったわけではありませんが、著者もデジイチを買ってみました。

選ぶときもわくわくるんるん!使ってみても奥の深さ、写真を撮ることの愉しさに魅せられて、一緒にいるのが愉しくなるカメラーそれがデジイチ。今回は超初心者向けなデジイチネタをまとめてみます。

選ぶときのポイント

デジイチは普通のカメラと比べて、買うのに勇気がいります。というのも、やや高めなお値段だからでしょう。「ボーナスをもらったら買う」とか「給料にプラスしてインセンティブをもらったら買う」と決めている人もいるようです。

そんな思い切ったお買い物…心がけておきたい点は1つ。「持ち歩きたい、一緒にいたい」と感じるものを選びましょう。デジイチを売っている人からのアドバイスでした。もちろん機能や画素なども重要ですが、それだけではなく、愛着が持てるものをと。

入門本を読んでみよう!

最初は簡易な取っつきやすいもので良いので、入門本を読むことを推奨します。デジイチは他のデジカメとは違うので、新たな知識を入れる必要があります。付属の説明書も読み込む必要がありますが、やたら分厚い。というわけで、薄めなさらりとしたものを手始めに読んでみましょう。

『女子カメラ』
「カメラ女子」御用達の入門本。人気の「ゆるふわ写真」を撮りたいなら読んでみたい。光の勉強などもさらりとできます。

『はじめてのHappyカメラレッスン』
シチュエーションによってどんな写真を撮りたいか、学べます。構図の作り方、かわいい撮り方など幅広く愉しく学べます。

上手な人と外へレッスンへGO!

デジイチを持って外に出てみましょう。勉強して実践することが大事です。最初のうちは枚数をこなすこと。いくら撮っても消せるので、気兼ねなく色々なものを撮りましょう。

デジイチブームのせいか、周りを見回すとわりと持っている人がいたりします。デジイチをやや使いこなしている、写真の上手い人とお出かけしてみるのは得策。撮り方を教えてくれますし、同じものを撮ってみてそれを比べてみたりすることもできます。

写真のセンスが良い人というのは、それなりに勉強していたり、枚数をこなしていたりするものなので、学ぶことはたくさんあります。お散歩がてら、ぜひ出かけてみて下さい。

超初心者でも覚えておきたいポイント

超初心者でも覚えておきたいポイントをメモ。まだまだいっぱいありますが、わりと必要なシチュエーションが多いのでこの2つを。

ストロボオフ

ストロボオフモードで撮る方が、自然な色合いの写真になります。暗い中でもストロボオフにしておくのがオススメ。光ってしまうと安っぽい写真になりがちです。


こちらは暗めなバーの店内で撮ってみた写真。ストロボオフ状態なのですが、目的物がはっきりくっきり映っていますよね。

Tvモード

シャッタースピードを遅くして被写体の動きを止めたいときに使うモードです。たとえば、クルマの走っている様子を撮りたいときなどに効果的。


Tvモードで撮ってみた、歩道橋からの風景。クルマが「線」になっているのが分かるでしょうか。シャッタースピードをかなり遅くしているので、デジイチを持つ手がすこしでも揺れると写真全体がぼやけます。三脚を使うか、歩道橋の上にデジイチを固定して撮るとキレイに取れます。

使えば使うほど、どんどん愉しくなってくるデジイチライフ。何よりも大事なのは愉しく写真を撮ること。好きなものをたくさん撮りながら上達しちゃいましょう!

著者:sonoko0511

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!