映画『モテキ』で大注目のバンド「女王蜂」入門レシピ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.09.29.Thu

9/23(金)に公開され、土日の2日間で17万超の動員、2億超の興行収入と、興行収入で先週の1位に踊り出るなど現在大ヒット中の映画『モテキ』。皆さんはもう観に行きましたか? モテキは映画のテーマや内容だけでなく、実は音楽もかなり話題! 映画のメインテーマ曲「デスコ」を歌う「女王蜂」は「2011年音楽界で注目度No.1」と業界で囁かれるほど、今が旬の大注目バンドなのです!
⇒女王蜂公式サイトはコチラ

女王蜂基本情報

女王蜂は、アヴちゃん(ボーカル)、やしちゃん(ベース)、ルリちゃん(ドラム)、ギギちゃん(ギター)の神戸出身の4人で構成されるバンド。結成は2009年3月。当時は地元のライブハウスを中心に活動し、自主制作CDを出したことも(現在は廃盤)。

結成から1年後の3月31日には活動1周年を記念して「乱交風俗女王蜂」を開催。その後、活躍の舞台を広げ始めた。昨年夏にはフジロックに出演。そして今年2月には、iTunes Storeで『フランス人形の呪い』を先行配信。その後3月にアルバム『魔女狩り』をリリースし、これが初の全国流通版アルバムとなった。

そして今年の6月についに、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズからメジャーデビューを果たした。また映画『モテキ』のメインテーマソング担当、そしてバンドとして出演することも決定し、女王蜂にとって実に躍進した夏となったといえる。

メジャーデビューとしての初アルバム『孔雀』は、9月7日のリリース。映画「モテキ」のメインテーマ「デスコ」や、現在は廃盤となっている自主制作CDの「姫様御乱心」「王族大逆鱗」なども収録曲された貴重な作品として仕上がっている。全8曲。既に公開されているジャケット写真からも、内容がかなり気になる1枚となっている。

デスコ

タイトルの通りディスコ調の音楽となっている。歌詞は「新しい世界の始まり 教えて欲しいの今すぐほらすぐ」などと、実は女子度高めで共感する内容。またPVの大部分はカラフルで、時に黒基調でシック。ヴィジュアル系要素も含み、激しさと強さ、美しさ、そして稀に弱さを織り交ぜた複雑な印象。曲だけ聴くのはもったいないので、圧倒される世界観の映像も共に観てほしい。ただ1度聴くと耳に残るメロディーであるのは確実。ライブに行きたい気持ちが募る。

今後のスケジュール

10月7日から、2度目の東名阪ワンマンツアー「孔雀婦人」がスタート。華麗かつ刺激的な最新の音楽に触れたい方はぜひ行ってみてはいかが?

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!