「こなれ」たつもりが「ただのおばさん」…5つの要注意ファッションって?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.07.22.Sat

一見にお手軽そうに見えますが、実は落とし穴だらけの「こなれファッション」。オシャレしているつもりでも、他人から見るとおばさん全開……なんてことも。今回は「こなれ」たつもりが「ただのおばさん」に見えてしまう要注意ファッションについてまとめてみました。

ヒップが残念なスウェットパンツ

昨年から人気のスウェットパンツもまた、こなれファッションの必須アイテム。着心地が快適な上に、ヒールや帽子と合わせるときちんスタイルにも早変わりのスウェットパンツですが、気をつけたいのがその後ろ姿。もともと腰回りから太ももまでゆとりのあるシルエットのスウェットパンツは、ヒップのサイズが合っていないとお尻がペタンコに見えてしまい、後ろ姿が台なし。
お尻周りのダボダボ感を避けるためにも、スウェットパンツを選ぶときは、自分のヒップシェイプに合っているかをきちんと確認することが大切です。

柄×柄でおばさん度アップ

こなれ度をアップさせる柄×柄コーディネート。ボーダ柄×花柄やレトロ柄×水玉柄など、トップスとボトムスに柄アイテムをチョイスするとヴィンテージ風こなれたファッションに仕上がります。とはいえ、手当たり次第に柄アイテムを組み合わせても、昔ながらのおばさんファッションになってしまうので要注意。
また、柄のチョイスによっては着太りしてしまう可能性もあるので、柄選びは慎重に。

おばさん丸出しなメッシーバン

メッシーバンやざっくり三つ編みで手軽にこなれ感を演出してくれるのが、ラフなヘアアレンジ。とはいえ、本気でメッシー(英語でぐちゃぐちゃの意味)なアレンジをしてしまうと、単なるおばさん化してしまうので要注意。
まず最初にコテやカールなどで髪の毛を巻いておくことで、仕上がりにかなり差が出ます。こなれ感を出すには使用するヘアピンは最小限に抑え、見えないようにさすのがポイント。顔まわりのアホ毛はスプレーでしっかり固めて!

オシャレ帽子が畑作業風に…

こなれオシャレの基本、帽子選び。今夏はシンプルなデザインのつば広帽子が人気ですが、一歩間違えると畑作業のおばさんっぽくなってしまうので要注意。
とくにカジュアルな格好につば広帽子はおばさんっぽくなりやすいので、毎日同じ帽子をかぶるのではなく、帽子は全体のコーディネートに合わせて選ぶのがポイントです。

スポサンコーデでおばさんまっしぐら

今夏大人気のスポサンことスポーツサンダルは、こなれエレガントに履きこなすのが◎。よっぽどオシャレ上級者でない限り、カジュアルなコーディネートにスポサンを合わせるとおばさんっぽくなってしまうのがオチ。
また、ソックス×スポサンコーデは、モデル体型だからこそ映えるオシャレ。平均体型の人がマネすると、おばさんまっしぐらなので要注意。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr