こうすれば大丈夫! 「天然ぶりっこキャラ」でも嫌われない5つの極意って?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮本彰子

Written by:

2017.07.17.Mon

女性からは嫌われるぶりっこキャラ。モテるからと思ってあえてやっている、計算ぶりっこ女性は嫌われても気にしないかもしれませんが、世の中にはナチュラルなぶりっこキャラの女性が存在します。声が高く甘えたような話し方をしても、彼女達は計算ではなく素で行動しています。そんな天然ぶりっこキャラの女性も計算ぶりっこ女性と同じく、女性には嫌われがちです。
けれど、ちょっとポイントを抑えるだけで、女性に嫌われないぶりっこになることができます。ということで今回は、天然ぶりっこキャラでも女性に嫌われない5つの極意をご紹介します。

1: 自分のことを名前で呼ばない

自分のことを名前で呼ぶというのは、ぶりっこ女性が嫌われる理由の常に上位にランクインしています。また自分のことを名前で呼ぶというのは、ぶりっこ女性の特徴としても必ず挙げられます。小さい頃からのクセで今さら「私」なんて呼びづらいという方もいると思いますが、公の場に出た時は自然と「私」と呼んでいますよね。大人になったのなら、どんな場面でも人前では自分のことを名前で呼ぶのはやめましょう。

2: 上目遣い+アヒル口は封印

かわいく映るからと、写真を撮る時はいつもキメ顔をしていませんでしょうか。学生時代、プリクラを撮っていた時は皆でキメ顏をしていたと思いますが、大人になったら状況が違います。上目遣い+アヒル口はぶりっこっぽいと、女性からの評判がすこぶる悪いです。写真を撮る時はいかにかわいく見せるかではなく、いかに楽しそうに見えるかを意識して、表情を作ってみましょう。自然と最高の笑顔が表情に浮かんできますよ。

3: 男性にも女性にも控えめに触れる

ぶりっこな女性は甘えん坊なので、ボディタッチが激しいことが多いです。男の人は頼りになるし、嫌がらないからと、ベタベタ触っていませんか? それでは女性から100%嫌われます。全く触るなとは言いませんが、距離感は大切にしましょう。また、男女平等にボディタッチしているから大丈夫! と思っているかもしれませんが、女性の中には同性からのボディタッチを苦手と感じる方が結構います。 男女平等に触れるのはいいですが、あくまで控えめに節度を持ってボディタッチを行いましょう。

4: 大切な人と2人きりの時だけ態度を変える

ぶりっこな女性は、天然でも計算でも男性と女性の前で態度が変わってしまいます。男性は頼りになるという考えからそういう行動になるのですが、当然女性から嫌われる原因のNo.1です。
男性を頼りたいという気持ちをぐっとこらえ、甘えるのは特別な男性と2人きりの時だけにしましょう。そうすることで特別に思っている男性も優越感を味わえ、良好な関係を築くことができますよ。

5: 常識や人を気遣う気持ちを大切にする

10代の女性なら、無知でもかわいいと言われるかもしれません。しかし、大人の女性は別です。常識を知らないことは恥ずかしく、周りからも非難されます。特にぶりっこはその話し方などから、非常識な行動をとった時に女性としての品格を損ないやすいです。自分はぶりっこな性格だと少しでも思うのなら、人一倍常識的な行動を心がけましょう。

またぶりっこ女性は、自分はこうしたいという気持ちだけで天真爛漫な行動をとりがちです。どんな時でも周りへの気遣いを忘れなければ、ぶりっこキャラでも女性に嫌われることはありませんよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮本彰子

気持ちが重めな平成女。腰掛けOLから腰掛けホステスを経て、現在はお気楽OL兼、主婦(未婚)やってます。正攻法だけじゃ勝てない、恋愛の邪道を世の中に広めるべくWebライター始めました。