永遠に理解不能!? 男性が絶対にわからない「フクザツな女心」5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2017.04.21.Fri

彼やまわりの男性に対して「なんでわかってくれないの!?」とイライラしたことはありませんか? 男性だって愛する女性のことは理解したい、と思って努力はしているそうなのですが「永遠に謎なこと」もあるそうです。今回は、男性たちに「絶対に理解できない女心」について話を聞いてみました!

男性が絶対にわからない「フクザツな女心」5つ

愛する彼女のこと、理解したいとは思っていても「やっぱり謎」な女心とは?

1. 美意識が高すぎる謎

女性なら誰でも「キレイになりたい」と思うものですが、その美意識の高さが「理解不能」と思う男性たちも多いみたいです。「太っていないのにダイエット」「美容にかける高額なお金」など、永遠に理解できない……のが男性の本音?

・ 「そこまで太っていないのに『痩せたい』『ダイエット』と口癖のように言うところ。それなのにスイーツは食べたりするし、意味不明です(笑)」(28歳・会社員)

・ 「美意識の高さ。彼女がキレイなのはうれしいけれど、美容院・エステ・化粧品……と数万円も出費。プロのモデルや美容家じゃないんだし、そこまでお金をかけなくてもいいのでは? と内心思っています」(31歳・アパレル勤務)

女性にとって「美」は永遠のテーマですが、なぜそこまで美容に情熱をかけるのか、男性には理解できないそうです。

2. 他人からの評価を気にしすぎる謎

「私って、どう思われているのかな?」と気にする女性も多いはず。他人からの評価を気にしすぎるところも「なんでそこまで?」と理解できないという声が。SNSで「いいね」の数が少ないと落ち込んだり……だったらやらなきゃいいのに~と思うそうです。

・ 「女性ってまわりからの評価を異常に気にしますよね。そんなに気にしてると疲れちゃいませんか?」(32歳・IT関連)

・ 「彼女がインスタをやっているけど『いいね』がつかないとか、数が少ないとか落ち込んだりしてます(笑)」(31歳・美容師)

まわりから「いいね」と言われたい、それが女心なんです!

3. 他人のことを気にしすぎる謎

女子会などで「Aちゃん、結婚するらしいよ~」などと必ず出てくるウワサ話。その場にいない人の話題でよくそこまで盛り上がれるよね……と男性的には不思議なのだとか。自分とそこまで関係のない人の話もよくするし、他人に興味ありすぎじゃない? と首をかしげたくなるという声も。

・ 「他人のことを気にしすぎるところ。自分は自分って思う男性が多いのに、女性はまわりの人の意見とかに流されたりしがちですよね」(33歳・通信会社勤務)

・ 「その場にいない人の話で盛り上がっている女性。なんでそこまで他人のことに興味があるのか謎です!」(29歳・飲食店勤務)

人のうわさ話、女子会の鉄板ですよね。

4. 他人と比べたがる謎

「Mちゃんは○○なのに、私は違う」と、誰かと比較して落ち込んだりしちゃうことも。仲良しな友だちでも心のなかでは「相手と比較」し続けてしまうものですよね……。他人のことはあまり考えない男性にとっては「なぜ比べたがるのか」も永遠の謎だそうです!

・ 「仲良しの友だちでも『A子は結婚して子どももいるのに』『Yちゃんはバリキャリ』とか常に自分と比較しているところ! 男は基本『他人のことを考える暇があったら自分のことに専念したい』です」(30歳・営業)

・ 「あの子は○○なのに、私は違うって落ち込むところ。同じ人間なんていないんだから当たり前だと思うんだけどな~(笑)」(33歳・メーカー勤務)

比べても仕方ないってわかっているのに「他人は他人、私は私」って考えるの、けっこう難しいんですよね。

5. 生理にまつわる謎

体が違うので「生理」のことは永遠の謎。体調が悪いとかイライラするってことはわかるけど、突然キレたり感情がコントロールできない姿をみると「やっぱり理解不能」ってなることもあるそうです。

・ 「さっきまでニコニコしてたのに、急に不機嫌になるところ。いろいろ大変なので配慮してあげたいけど『え、俺のせいなの?』ってかなり焦る(笑)。なぜなのか理解不能です」(34歳・不動産関連)

・ 「生理前になるとものすごく機嫌が悪くなったり、落ち込んで泣き出したりする妻。毎月のことなので慣れていますが、やっぱり不思議です」(31歳・IT関連)

感情がコントロールできずに彼に八つ当たりしちゃうことも。寛大な気持ちで受け止めてあげてください!

男と女の違い、永遠に理解できないことはいろいろありますが……。女性にとっては「ありがち」なことも男性にはものすご~く不思議なんですね! まあ、謎があるから惹かれ合うってことで前向きに「違いを楽しむ」ことが大切ですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net