『ひるなかの流星』~実写映画も話題! 初恋が動き出す! 生徒×先生×同級生のピュアなラブストーリー~【NO COMIC NO LIFE!! -4-】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
あんどうまみ

Written by:

2017.04.21.Fri

マンガ大好き、あんどうまみがオススメのマンガをご紹介します。先月、実写映画も公開された大人気の少女漫画『ひるなかの流星』(集英社、やまもり三香)をピックアップ!

はじめての恋が動き出す!

両親の海外転勤により、叔父を頼りに田舎から上京してきた「すずめ」。上京初日に迷ったすずめを助けてくれたのは、転校先の担任教師「獅子尾」だった。獅子尾の優しさに触れ、すずめは初めての恋をする。
初恋や慣れない東京に戸惑いながらも、持ち前のまっすぐさで向かっていくすずめ。少しずつ惹かれあうすずめと獅子尾だけれど、先生と生徒という関係が二人の邪魔をする。
そんなすずめの目に自分が映ればいいのに……と願う隣の席の男子「馬村」。馬村にずっと片思いをしているクラスメイトの「ゆゆか」。

「あの時の星のように
手に入らないとわかっていても
ただ ひかれてしまう」(1巻 day.7)

「先生」だから、「生徒」だから、「ほかに好きな人」がいるから……。
大好きだけど届かない、それでも手を伸ばさずにはいられない。傷ついても泣いても、それでもとまらない思い。登場人物それぞれの思いに共感せずにはいられない、青春初恋ストーリーです。

初恋の切なさと喜びと

「人の心どころか 自分の心でさえ
願う方向には流れてゆかないじゃないか」(2巻 day.12)

獅子尾の元カノに嫉妬したり。本当の気持ちを言えずに飲み込んだり。馬村の気持ちに戸惑ったり。苦しくてツラくて、もどかしくてたまらない。

「みつけて笑いかけてくれることが
こんなに うれしいこと
今日はじめて しったんだ」(5巻 day.32)

でも、微笑みかけてくれるだけでこんなにも嬉しい。手をつなぐだけで心が踊る。自分に向けられた言葉・表情……そのひとつひとつが宝物になっていく。
そんな恋の切なさや喜びを知っていくすずめ。乙女心をくすぐる描写の数々に、すずめと一緒にときめくこと間違いありません……!

獅子尾と馬村、あなたはどっち!?

どうしてこんなにキュンキュンしてしまうのか……。それは獅子尾も馬村もどちらもかっこいいから!

面倒見がよくて誰に対しても優しいけれど、だからこそ本心が見えにくい獅子尾。ポーカーフェイスを崩さず一線を引いて大人でいようとするくせに、肝心なところで自制がきかない。そのずるさや弱さに「このやろう」と思いつつも、心がくすぐられてしまう……!

「お前 俺のことすきになればいいのに」(3巻 day.18)

女子が苦手で口も悪くて態度も悪い。でも好きな子にだけ見せる笑顔が破壊力抜群の馬村。不器用な優しさとまっすぐな言葉にときめかずにはいられない……!
もちろん二人ともイケメンです。ぱっちり二重の黒髪イケメン・獅子尾に、すっきり目元のアーバン塩顔イケメン・馬村。見た目も中身もまったく違う、それぞれ魅力的な二人。こんな担任とクラスメイトが欲しかった……!
ちなみに私は馬村派です! でも、そのずるさと弱さに共感してしまうのは獅子尾……! あなたの好みはどっちだ!?

魅力的な登場人物が織り成す、流れ星のようにはかなく美しい初恋物語『ひるなかの流星』。実写映画と合わせて原作漫画もぜひチェックしてみてください!

▽ 『ひるなかの流星』やまもり三香
集英社『別冊マーガレット』にて2011年から2014年にかけて連載
単行本は全13巻
2017年3月に永野芽郁 主演の実写映画が公開

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

あんどうまみ

2012年度準ミス日本/タレント/漫画家
1987年11月24日生まれ
北海道岩見沢市出身
現在、北海道札幌市を中心にタレント、漫画家として活動をしている
コミックエッセイ『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』が、㈱KADOKAWAより発売中
<略歴>
2012年度準ミス日本
2015年 ㈱KADOKAWAコミックエッセイプチ大賞A賞受賞
<レギュラー>
・テレビ北海道『旅コミ北海道』レポーター
・FM北海道 中継レポーター
・北海道でんき保安協会CMキャラクター
blog:http://ameblo.jp/andmmmmemo/
twitter:@_andomami
instgram:andomami