かわいくなりたいのに……「私って女子力ゼロだな」と思う瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2017.03.20.Mon

常にかわいくいたいと思うものの、毎日忙しいとつい女子力も低下してしまいますよね。ふと「私ガサツすぎるんじゃないの……」と我に返ることもあるのでは?
そこで今回は「私って女子力ゼロだな……」と思う瞬間についてリサーチしてみました。

1: インスタント食品ばかり食べているとき

友人のオシャレなランチやスイーツのSNS投稿を見て、「私って女子力低すぎ……」と思うこともあるみたいですよ。

・ 「友だちがおしゃれなマカロンの写メを載せていたんだけれど、毎日インスタント食品やスナック菓子を食べている私は、あれじゃ足りないと思ってしまった……」(25歳/接客)

・ 「夕飯はカップラーメンやコンビニのお弁当ばかり食べています。仕事が忙しいとはいえ不摂生だし、もう少し自分で料理ができるようになりたいです……」(28歳/デザイン関係)

週末だけでも料理をすることで、女子力を磨くことができるかも!?

2: 休日は1日中スッピンパジャマのとき

せっかくの休みなのにダラダラと過ごしてしまい、後悔することってあるんですよね……。

・ 「休みの日はスッピンにパジャマでずっと家に引きこもっています。友だちは『休みの日こそ出かけないともったいないじゃん!』って言ってくるんだけれど、私にはムリ……。女子力低いのはわかっているんですけどね……」(32歳/医療事務)

休日くらいは自分の好きな格好をしてもいいと思いますけどね。かわいいパジャマを着るだけで、テンションをあげることができるかもしれません。

3: 何年も同じ格好をしていることに気がついたとき

メイク用品や洋服を実は何年も買っていないことに気がついたとき、「私って女子力ゼロかも……」と思うみたい。

・ 「メイクをしていたときにふと『これいつ買ったっけ?』と思って。よくよく考えてみたらもう3年も前から使用していることが判明……。自分の女子力のなさにびっくりした」(27歳/広告)

・ 「冬服は高いので、寒い季節は毎年同じニットやデニムを着ている。おしゃれより金銭面を重視する私は女子力ゼロだと思っています」(30歳/営業事務)

物を大切にすることはいいことですが、たまには自分へのご褒美として投資をしてあげましょう!
自然と女子力がアップして、毎日が楽しくなるかもしれませんよ。

ムリして女子力を上げる必要はありませんが、「かわいくなりたい」と意識するだけで自然と行動も変わってくるはずです。
周囲の男性から「あの子最近変わったよね」と思ってもらえれば、もしかしたらモテ期が訪れちゃうかもしれませんよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]