実録! タラレバ娘たちが後悔している5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2017.03.08.Wed

ドラマで話題の「東京タラレバ娘」! アラサー女子の心情がとってもリアルですよね。年を重ねるにつれて「あのとき、ああしていれば」と後悔することが増えていきます……。
30歳を過ぎたタラレバ娘たちは、いったいなにを後悔しているのでしょうか? アラサー女子の切実な後悔をご紹介します。

タラレバ娘たちが後悔していること

1: あのとき結婚していれば……

・「仕事や遊びに充実していた20代は、彼からプロポーズされても結婚する気になれなかった。30歳になって、そろそろ結婚を考えだしたころ、20歳の子と浮気された。あのとき結婚していれば……」(32歳/女性)

・「モテモテだった20代。もっといい男があらわれると思っていたら婚期を逃した」(35歳/女性)

▽ 適齢期の女性にとって、結婚のタイミングを逃すのはなかなかの痛手。しかし、浮気男と結婚していたらもっと悲惨な未来が待っていたかも。

2: もっと出会いを探していれば

・「20代のころ、コンパや飲み会が苦手で全然参加してこなかったこと。30代になったらコンパが開かれること自体減ったし、くるのは既婚者かちょっと変わった人ばかり。若いころにいい男をつかまえていたら……」(31歳/女性)

▽ 30代になってからの出会いのなさに、「独身のいい男って絶滅したのでは?」と疑念を抱いてしまいます。若いうちから積極的に出会いを求めることは大切です……。

3: あのとき簡単に別れなければ

・「ちょっとしたことで不満を感じて別れてしまった元カレ。正直、まだ元カレ以上の人に出会えていない……」(32歳/女性)

▽ まさか、元カレが史上最高の男だったなんて……! そんなの絶対にいやだー! この先、さらにステキな男性と出会える可能性はもちろんありますが、パートナーと別れるときは冷静にじっくり考えましょう。

4: あのとき不倫していなければ

・「20代のいちばんいい時期に不倫していたこと。離婚するなんて嘘だって途中からわかっていたけど、好きだから別れられなくて……。まわりの友だちはみんな幸せそう。あのとき、どんなにツラくても断ち切らないといけなかった」(34歳/女性)

▽ 女性が輝く時期に、突如現れる不倫男! 一度ハマるとなかなか抜け出せません……。今はツラくとも別れましょう。未来の自分のためにも。

5: もっと仕事を頑張っていれば

・「結婚してすぐに会社を辞めるだろうと思って、真剣に仕事と向き合ってこなかったこと。資格の勉強や、もっと仕事を頑張ればよかった。後輩ばかり増えていくけど、先輩らしい仕事ができなくて肩身がせまい……」(30歳/女性)

▽ 年をとれば、求められるものが増えていきます。若くないんだから、結果を出せて当たり前。それに応えるためには、若いころからの努力が必要なのです……。

学校を卒業して、就職して、仕事が楽しくなってきたころにはあっという間に適齢期で……。昔と比べ、女性の生き方の選択肢が広がったといっても、出産年齢は待ってくれません。結婚のタイミングを逃してしまったら、不安になるのは当然のこと。
しかし、過去は変えられません。この先の人生をどうするか、逃げ道を探しながらも強く進んでいく倫子たちのように、もがいていくしかないのです。動けば状況は変わります。今後の人生に、少しでも多くの幸せが訪れることを願って……!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。