アラサー女子が勝手に思う一流芸能人がやっていそうなこと6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2017.02.27.Mon

一流の芸能人というのは憧れるものです。演技や、歌、モデル、創作などなにかしらに特化した能力をもっている方というのは、キラキラしていますし、その生きざまもかっこいいですよね。ついつい真似してみたくなったりしちゃうもの。今日は、一流芸能人の方がやっていそうなことをいくつか集めてみました。

Instagramをやっている

多くの芸能人がやっているインスタグラム。「インスタやってる」というだけでなんだかオシャレに思えてしまうのは、筆者だけでしょうか? SNSは多くありますが、アラサー女子の皆様は、mixi、facebookからのインスタという遍歴をおもちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
ちなみに、筆者のmixiアカウントは黒歴史すぎてもうログインする勇気すらありません。インスタにアップされる華麗なる日常風景には、憧れしかありませんよね~。 

サングラスをかけている

外出するとき、サングラスは必須アイテム。帽子もたくさん持っているイメージ強し。もちろん、顔を隠すためですよ。ダメージ加工のジーンズにサングラスをかけるという「芸能人のオフスタイル」、一度、着こなしてみたいッ!

ドーベルマンor小型犬を飼っている

ひと昔前だと(世代がバレますが)部屋におおきな熱帯魚の水槽をおいていたりするという勝手なイメージがあったのですが、さすがに時代はかわりますよね。ドーベルマンと一緒に颯爽と公園を闊歩する……、かっこいい! 筆者ならば間違いなくドーベルマンに引きずられちゃいますが。

毎朝ペリエを飲んでいる

一流アーティストは、体のなかに入れるものにもこだわっています。朝は、ペリエやミネラルウォーターでのどを潤すのです……きっと!

デカい革のソファに座っている

革張りゴツいやつですね。たとえ一人暮らしだろうと、リビングには5人以上座れるくらいの広々としたくつろぎ空間があるのです。なんというラグジュアリー感。お掃除が大変そうと思うのは、庶民の考え方なのでしょう。

メイク中のセルフィーさえかっこいい

オフショットのなかでも、メイクさんと一緒のセルフィーって、アーティスト感ハンパないですよね。自宅や打ち合わせ、現場のオフショットも素敵だけれど、スタッフさんたちと仲良さそうな一枚は、まさに人徳ある一流芸能人ならではの一枚。

一流の芸能人の方がやっていそうなことについてでした。同じ一日という時間のなかで、いろんな演出をして日常をあざやかに彩っている彼女たちからは、いつも刺激をもらえますね。
いつの時代も、かっこいい生き方の見本には、第一線の芸能人のスターがいるように思います。彼女たちのキラキラしたオーラは、「毎日のなかにキラキラを生み出していこう」という姿勢からくるものではないでしょうか。筆者もなにげない日常をよりかっこよく、オシャレにできるよう意識してみようと思います(メイク中の写真アップは勘弁してください)。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/