しまったァ! ネイルサロンで失敗した追加料金あるある

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2017.02.17.Fri

ネイルサロンに行くと、それだけで気分があがりますし、その先1か月は手元を見るだけでウキウキワクワクしちゃいますよね。爪が華やかになるだけで「女の子に生まれてよかったぁ~」ってしあわせになれちゃうなんて素敵です。とはいえ、けしてお安くないサロンの代金。サロンに行って、ついつい高額になってしまうことってありませんか? 今日はそんな失敗談あるあるです。ええ~、そんな高くなっちゃうなんて聞いてないよ~‼

フレンチにしたかっただけなのに……

「フレンチネイルに憧れてサロンに行きました。知らなかったんですけど、フレンチの境目の部分にラインを入れるのは別料金だったらしくて、ライン代の請求がけっこう高くてびっくり。これだとアートし放題にした方が安かった」(24才/アパレル)

▽「ラインを入れるだけなのに」というところではありますが、専門の技術でもってできるプロの技、やはり技術料金は張るものなのです。一般に、フレンチネイルは爪の先を爪先に沿って塗ることを指し、それ以外にストーンを乗せたり、境目にラメでラインを引くのは別料金のようです。

ストーンをお任せしただけで……

「気分よくネイルをしてもらっていて、一色塗ってもらって終わりのはずがテンションにまかせて『いい感じにストーン乗せてください』と言ったらストーン代が1,000円くらいかかってしまった。後悔した~。かわいいからいいことにしたけど、いい勉強になった」(25才/専門学生)

▽ ストーンが乗るとキラキラ度合いがまったく違うので、ついついやりたくなるお気持ち、よくわかります! 乗せるにしても、どう乗せたらわからないですから、スタッフさんに頼ってしまいますよね。実際にネイリストさんがちゃちゃっと乗せてくれたものは見栄えが違います。だがしかし、ストーンも1粒のせるだけでジュース1本買えてしまいますからね。ノリでオーダーするのはキケンかも。

アートし放題とストーン乗せ放題は別物!

「自分のこだわりのネイルにしてほしいので、いつもアートし放題のところに行ってます。最初のころは、アートし放題とストーン乗せ放題は一緒だと思っていたので、別料金がかかってすごく高額になったことがあります。無知って怖い」(28才/事務)

▽ 持ち込みデザインで施術してくださるところもありますが、実際にやってみていくらになるのかを最初に聞いておいたほうが安心ですよね。予想外の別料金が発生してからでは遅いですからね。筆者も経験がありますが、これはなかなか痛い……。

出張費が高額!

「自宅にきてもらうネイリストさんだったんですけど、出張費を請求されました。けっこうな金額で、これならお店に直接行ったなあ」(30才/通信関係)

▽ 出張してくれるネイリストさんはなかなかのイレギュラーです。きちんと料金確認してから予約をいれないと思わぬ金額になってしまうそう。気を付けたいものです。

ネイルの修復代が高額!

「前回行ったところのサロンスタッフさんが新人で、爪をけずりすぎていて、オフのときに爪に穴があいていたそうです。そのときは、私もよくわからなかったから『痛いな』ってくらいに思っていて、で、1か月後に別のサロンに行ったとき『これはまずい』と教えてもらって発覚。泣く泣く爪を修復しました。修復代は、前のサロンに請求してやりたい!」(29才/主婦)

▽ それはご愁傷様でした。前のサロンの方は、そういうことがあったらすぐに状況説明をして謝罪をしていただきたいものですね。爪は大切な体の一部ですからね。最近では、爪の補正や長さだしもかなり充実はしていますが、お値段はけしてお安くはないです。自前でなんとかなるのならなんとかできるにこしたことはありませんよ。そんなサロンは喝! です!

いかがでしたでしょうか?
みなさまのネイルサロン失敗あるあるでした。定額を明示しているサロンでもオプションをつけていけばいくらでも料金は上がりますよね。言い出しにくいことですが、最初に「いくらまでにしたい」と予算をはっきり伝えると、レジで絶望したりすることはなくなります。せっかくサロンにいくのですから、その間はゆったりしたいですし、料金を考えてハラハラしていては心臓にもよろしくないですよね。お役にたてれば幸いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/