【連載!】旬なハチロクに会いたい Vol.8 西勝ユズルさん

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.04.06.Wed

ライター/編集者の池田園子が同世代(86~87世代)の旬な人に「仕事の話」を伺う連載です。

仕事や人間関係、恋愛関係……ある出来事がきっかけで、心がポキッと折れそうになった経験はありませんか。それに追い打ちをかけるかのように、インターネットやSNSが普及し、あらゆる物事が可視化されやすい現代社会は「他人との比較」を容易にできる時代です。つい誰かと自分とを比べて、気持ちがますます落ち込んでしまうことも。傷つく人、苦しむ人の心のケアを行う「ハートトラベラー」主宰者・西勝ユズルさんに、仕事の話をうかがってきました。

Vol.1はこちら

自分で自分の人生をつくるサポートをしたい

質問

池田: ハートトラベラー(心の旅先案内人)とはどんなお仕事ですか?

回答

西勝ユズルさん(以下西勝): 簡単に言うと、悩んだり迷ったりしている方の気持ちを整理する仕事です。お客さまは就職や転職、独立、結婚など、ライフステージが変わるタイミングにやってこられる方が大半で、20代の方が中心です。

自分の意思や考えではなく、親やパートナーなど、どこか他人任せの人生を送っている方に、「自分自身の人生を送るのだ」と意識を変えてもらうため、個別セッションやグループワークを提供しています。

すべて受講していただくと「夢と自立を実現する3か月間プログラム」として3か月(※)かかります。その間で、自分自身の内側にある無意識を発見し、新たな視点を手に入れて、悩みや問題を解決し、充実感や幸福感を蓄積する生き方を始めるお手伝いをしているんです。

※セミナーが1日、2日の計3日間、セッションが3時間×5セット、オンラインによるディスカッションが月2回のプログラム

話をする中で生まれる気づきを大切に

質問

池田: カウンセラーとは違うのでしょうか?

回答

西勝: カウンセラーによるセッションと異なるのは、ハートトラベラーのセッションには、カウンセリングだけではなく、コーチングやコンサルの要素も含まれているということ。

お客さまの思いや言葉をただ受けとめるのではなく、必要であれば僕からも発信しますし、お客さまの気持ちの整理をしたり、紐解いたりもします。言葉より観点や気づきを重要視しているのも特徴です。

自信を持てた人は強くなる

質問

池田: 実際にプログラムを受講したお客さまは、どう変化していくのでしょうか?

回答

西勝: これまで延べ1,000人以上の方のセッションを行ってきて、大きく3つの変化が起きるとわかりました。1つめは、自分に自信を持てなかった方が、自分に魅力を感じるようになり、幸福感を抱くようになること。

2つめは、自分の軸がハッキリして、自らの意思や考えを表明できるようになり、さらに周囲の人たちのことを尊重できるようになること。まわりに合わせすぎなくなります。

3つめは、これまでどこか他人軸の人生を送ってきた方が、自分軸の人生を送るようになり、自分の生き方に責任を持てるようになること。

こういった複数の変化が合わさると、他人の意見や一般論はいろいろあるけれど、自分は自分で良いのだと考えられるようになり、人間的な強さも出てきますね。

お客さまの良い変化を見たときが喜び

質問

池田: 仕事のやり甲斐を感じるのはどういうときですか?

回答

西勝: お客さまが変化したのを感じとった瞬間です。たとえば、プログラムの過程で、これまで悩みの種だった親子関係や職場での人間関係が、良い方向に変わったときですね。パーンとハジけるときがあるんです。内面の変化は確実に、現実の変化を作り出します。

自分の可能性を最初に信じるのは自分

質問

池田: 尊敬している方、ロールモデルにしている方はいますか?

回答

西勝: 僕がお世話になってきた教育産業ベンチャー、NR JAPAN株式会社 代表取締役の盧 在洙(ノ・ジェス)さんです。僕が1年前にハートトラベラーの活動を始める前、明確なビジョンや方向性を定められず、悩んでいたときに盧社長がこう言ってくれたことを思い出したんです。

「カツは自分が好きなことをなんでもやっていいよ。応援してあげるから」と。資格は持っていても、はたしてビジネスとして通用するのか迷いのあった僕でしたが、可能性を信じてくれる人が身近にいる喜びを感じましたし、背中を押されたような感覚を持てました。さらに、自分の可能性を自分で信じなくてどうするんだ、と発見もあったんですよね。今も尊敬しているロールモデルであり、身近な相談相手でもあります。

2018年までにやりたい3つのこと

質問

池田: 近い将来、どうなっていたいか、目標を教えてください。

回答

西勝: 2年以内に実現したいことが大きく3つあります。1つめは、ハートトラベラーの活動が、全国区で知られるようになること。現代社会は「こころの時代」とも言われますが、その最先端の活動・活動を行っている人として、とりあげられたらなと思って動いています。

2つめは、ハートトラベラーの仕事を通じて、地域活性化の活動を行うこと。仕事柄、さまざまな地域に行きますが、それぞれ各地域ならではの魅力や面白さなど、素晴らしい特性があるんです。でも、それをきちんと生かせているとは思えません。 いずれは、地方の町や村、限界集落などで、3~7日くらいハートトラベラーの研修ができたらおもしろいなと考えています。悩める20代の方をそこに集めれば、地域のことも知られるようになりますし、人やお金も集まり、良い循環が生まれますから。

3つめは、僕と同じプログラムを提供できる方を5~10人ほど養成すること。僕ひとりでできることには限界があります。後継者みたいな方がいれば、全国にハートトラベラーの活動を広めるチャンスも倍増します。心を自由にとびまわり、仲間を増やすライフスタイルを広めるのを目標に、これからも人と社会に貢献できる活動を続けていきます。

▽ 西勝ユズルさん

1987年3月生まれ。埼玉県出身。中央大学法律学部政治学科卒業。人材教育系ベンチャー企業を経て、私立高校の事務職員へ。その後、恩師と出会い新しい教育の必要性を感じ、2014年に「心を自由にとびまわりながら仲間を増やし、旅を続ける」ライフスタイル、ハートトラベラーを立ちあげる。ライフステージの変化の時に悩む、20代に向けたセッション数は延べ1000人を超え、北は北海道から南は福岡まで、クライアントは全国に至る。

ハートトラベラー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子