口グセで性格が丸わかり!? “なに気ない会話”に隠れている性格とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.03.12.Sat

なに気なく話している日常会話。しかしよ~く聞いてみるとその人の性格が丸隠れしているのです。意味もなくなん度も使っている言葉はありませんか? 自分自身や、気になるあの人の口グセをチェックしてみましょう。

あの口グセはこんな性格だった!?

「別に」「いや……」

欲求不満や反発心のあらわれです。まわりに踏み込まれたくない部分もあり、人と距離をとりたがる傾向があるかも? そっけないと思われてしまう可能性も。

「えっと」「あの~」「え~」

沈黙を恐れるがゆえ、出てしまう言葉。なにかいい発言をしなきゃという焦りがあります。あまり言いすぎると頼りがいのない人に思われるので注意。

「すごい」「絶対」「めちゃくちゃ」

これらが口グセの人は、自分をアピールしたいタイプ。まわりの人に対してはっきりと意見するため、頼りがいがあります。また相手に対して大きなリアクションをする人は、場を盛り上げようとするサービス精神旺盛の人で、まわりの空気を読む冷静さを持っています。

「でも」「だけど」

物事のマイナス面に目を向けやすく、思考がマイナスより。相手にネガティブなイメージを与えてしまうほど、慎重で用心深いタイプです。しかし相手に反論することでしか自分の主張を表現できないため、無責任な印象にもつながりやすいので注意。

「つまり」「要するに」「要は」

話をまとめたがる人や分析が好きな人が使うことが多く、自分に自信があり、ときに自信過剰になってしまう場合も。しかし話のなかで何度もこの言葉を使っているならば、考えがまとまっていない証拠。せっかちで、相手を退屈させないように、焦って話していると考えられます。また「自分が望んでいる結論へ相手を導きたい」という自己中心的な面がある場合も。

「一応」「とりあえず」「ひとまず」

無意識にこうした言葉をよく使うのは、自分に自信がなく守りたいという気持ちが隠れているから。行き当たりばったりな印象を与えてしまうので、仕事などビジネスの場面では気をつけて多用しないほうが良いでしょう。

「だから」

自分の主張を強める言葉を多用するのは、「自分は正しい」と思っている証拠。人の会話中にあまり言い過ぎると、嫌われる可能性があるので注意。

「私は」「僕は」「オレは」

会話のはじめだけでなく会話中になん度も多用するのは、「自分はほかの人とは違う」と自己主張したいという意識が強い証拠。「私って○○だからさ~」などと自分を定義する場合は、まわりからこう見られたい、こうでありたいという気持ちが隠れています。

なに気なしになん度も繰り返している口グセがあったなら、そこにあなたの性格が隠れています。言葉の印象は、ビジネスだけでなく人との関わりや生活していくうえでとても大切。相手に不快な思いを与えてしまう口グセを言っていないか、相手を楽しませる言葉を返せているかなど見直すきっかけになります。
また、気になる相手の口グセをチェックするのもおもしろいですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/