香港に行ったら絶対に行きたい! 筆者的おすすめスポットベスト5!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.02.06.Sat

ここ数年、台湾や韓国・香港など東アジア圏の旅行がずいぶんと人気ですね。エクスペディアにより行われた「2014年、日本人に人気だった海外旅行先はここ!」というランキングでも香港は5位にランクインしています(ちなみに3位が台湾、1位が韓国です)。
今回は香港の筆者的おすすめスポットを5つ紹介していきます。

香港の基礎知識

観光日数としては(香港はかなり小さいので)3泊4日がスタンダードな日数です。また、人気のエリアも大きくわけると2つありますが(香港島と九龍)メインの観光地だけであれば3泊4日でまわりきることができます。
香港島と九龍という2つのエリアの特徴は、香港島は主に近代的なエリアで高層ビルやショッピングモールなどが充実しています。対して九龍は下町的な要素が強いエリアでノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。
主に広東語または英語が通じます。安心してください、カタコトの英語でも通じました! 香港ドルは発券銀行が複数あるため、お札の柄のパターンが何種類もあります。新しい柄を旅行中に見つけていくのもおもしろいですよ。

筆者的オススメスポット・ベスト5の発表

香港ディズニーランド

香港ディズニーランドは空港からの15分程度で、九龍エリアからだとだいたい30分~50分程度。東京ディズニーランドにはないアトラクションもあり、比較的空いているように感じました。

ヴィクトリア・ピーク

ピーク・トラムという1888年に開通した伝統あるケーブルカーに終点まで乗ると、もうそこは「100万ドルの夜景」でおなじみの景色。ちなみに筆者は夜景の方が好みです。

ヴィクトリア・ハーバー

筆者は年末年始にかけて行ったので、盛大なカウントダウンのイベントに参加することができました。たくさんの花火が打ちあがる盛大なイベントは、その一年の運気がアップしそうだと感じさせるほどです。

女人街・男人街

活気あふれるナイトマーケットです。商品に値札はついておらず、指定された金額から値切って買うスタイルです。電卓で金額を示してのやりとりが可能なので、英語や中国語が堪能でなくとも全然心配ありません!

アヴェニュー・オブ・スターズ

香港映画のスターの手形や像、監督や音声さんになりきれるフォトスポットが充実しています。香港映画好きはもちろんのこと、あまり観たことがないという人でも楽しめます。実際に筆者は香港映画にはそれほど詳しくありませんが、かなり興奮しました。

LCCなどを上手に利用すれば旅費もおさえることができますし、4~5時間で行けるのも魅力のひとつだといえます。さらに、日本にいては気づけない新たな発見とワクワクが皆さまを待っているかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子