言い出せないのは誰のため? 女友だちの本音の声、代弁します!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.01.18.Mon

女友だちからのアドバイス、ナナメに受けとったりたりしちゃってません? 素直になりたいけど、恋をしているとまわりが冷静に見えなくなるもの。それは誰しもよくあること。
今日は、「最近、なんか恋がうまく行かない」と悩むあなたにお届けします。

ねぇ、ソレ、警告だよ!?

あなたが恋愛相談をしたとき、女友だちがついついとってしまう態度や言動が「なんでそんなこと言うの・やるの!?」と不可解に思ったりしたことはありませんか? 恥をしのんで相談しているのに笑ってごまかされたり、突っ込んだ話をきいてくれないまま話題を変えられたり……。
じつは、それは彼女たちなりのあなたへの警告かもしれません。女友だちが苦肉の策で差し出す「彼との恋はやめたら?」のサインかも。

「もっといい男がいるよ」

あなたに相応しい男ではない、ときっぱりと言いたいのです。でも、あなたが彼のことを好きなのをよく理解している女友だちは、言うにも勇気がいるのですよ。彼女たちは、本音で「その男、もうやめときなよ」と言っています。なぜそう思うのか、気になったら「え? なんで?」とたずねてみてください。あなたが思いもよらない返事が返ってきます。それは、あなたが見落としていた彼の欠点だったり、「あなたのツラそうにしているのが見ていられない」という心配の声だったりするでしょう。

「この前のあの彼はもういいの?」

あなたの本音をきいているのなら、あなたが本当はどうしたいのかなんて彼女たちが一番よくわかっているものです。手にとるようにわかっています。だって、大事な友だちなんですから。彼女たちが、こんなセリフを投げかけてきたら一度立ち止まってみることをオススメします。

「一度、距離おいたら? 時間が解決してくれるよ」

「彼はやめて。あなたが苦しいだけよ」なんて言えるわけがないですよ。でも、これが彼女たちの言いたいことです。立場を逆にして想像してみてください。あなたの大事な友だちが夜もろくに寝られずに悩んで苦しんでいたら、そして、その友だちがその恋に本気だったら……たとえ望みがないことが見えていても、この一言はなかなか言えないものです。
こればかりは、まわりがギャァギャァ言ってもムダなこと。恋をしている本人が心から納得行くまでやって、自身で恋の行く先にあるものを受けとめるまでは、きく耳だって持てないもの。友だちだって、恋をしたことがある人はみんなわかっているのです。たからこそ、控えめにこう言うのです。

恋愛話をすぐにはぐらかす

あなたの舞いあがりっぷりや、苦悩をしている様子を見ていられないのかもしれません。早急に一度、冷静になってみなければいけません。同じ話を延々と繰り返していたり、ノロケを通り越して恨み節になっていたりはしませんか? そんな話、誰もききたいとは思いません。親しき仲にも礼儀あり、というやつです。ちゃんと、彼女たちの顔を見てみてください。目を見れば、わかるものです。

いかがでしたでしょうか?

女友だちからの共通意見、それは「あなたのことが心配」です。これにつきます。それは疑わないであげてください。あなたと同じゴールをみてくれています。彼女たちにとっても、あなたがしあわせになることがゴールなのです。だからこそ、時には厳しくアドバイスをしてきたり、そっけない態度や、彼に対して冷たい物言いをしてくるかもしれません。ですが、これをナナメに受けとらないでいただきたいのです。
女友だちは、あなたが傷つけば悲しいですし、間接的に同じように傷つきます。あなたが嬉しければ自分のことのように喜んでくれるでしょう。恋に夢中なのもステキなことですが、いつも何気なくそばにいてくれる女友だちのことも忘れてはいけません。彼女たちの態度や言葉の中には、あなたが見えていない真実が隠れているものです。心を澄ましてみてくださいませ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/