「おこだわり」を見つけると人生が楽しくなる? 『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)』レビュー

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
さゆ

Written by:

2015.09.24.Thu

突然ですが女子の皆さんは、何か「おこだわり」を持って生きていますか? 「スキンケア用品は○○のメーカーでそろえたい」「ヒールは絶対7センチ」「甘いものはやめられないけど、ダイエットへの探究心だけはいつも忘れない」など、皆さんにもさまざまなこだわりがあるかと思います。
今回ご紹介したい作品は、『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)』(清野とおる/講談社)という漫画です。さまざまな「おこだわり」を持った人々が登場するノンフィクション漫画で、今すぐにでも真似したい爆笑必須のおこだわりがたくさん紹介されています。
「何かにこだわりを持つことで人生ってこんなに楽しくなるのか!!」と感じる、とてもワクワクする内容です。少しだけご紹介したいと思います。

ポテトサラダと金麦は相性抜群!? 今すぐ真似したくなる「おこだわり」とは?

本書は「つまらない日常生活の中で別にこだわらなくてもいいことにあえてこだわり、そこに自分だけの幸せを見出しコソコソと楽しんでいる“おこだわり人”」が登場します。
どの人も素敵だったのですが「女子も見習いたい!」と思った「おこだわり人」は、「ポテトサラダの男」でした。スーパーで売っている「パック詰めのポテトサラダ」と「金麦」が相性バツグンなことを発見し、それから自分でもメークインだけを茹でたポテトサラダを手作りするようになった男性……。なんと、2~3か月に一度のみ仲間を家に呼び、なかよくポテトサラダを作り「ポテトサラダ棒倒し」なるものをしているそうです! この「ポテトサラダ棒倒し」のルールは、おもしろいのでよかったらぜひ本書で確かめてみてください。
またほかにも、鉄瓶にKIRINのアルカリイオン水を入れて沸騰させ白湯を飲むことにはまった人や、徒歩10分の帰り道を徹底的にこだわり、全力で楽しむ人などが登場します。

人生が「つまらない」と思った時こそ読んでみて!

くりかえされる日常って、意識しないとかわりばえなく過ぎていくので「退屈だな~」と思うときってありますよね……。ですが本書に出てくる人々は、高価なものは何も買っていないのに、日常にひそかな「おこだわり」を持ちこみ、人生を最高に謳歌して楽しんでいました。それはもう、腹が立つほどに……!!
ですが作者の清野さんは、読者もいますぐ真似できるように「おこだわり」の飲食物が出てきたら、メーカーやレシピまで、バッチリきいてくれています。今すぐにでも人生が楽しくなるヒントが満載です! 筆者はお腹を抱えて笑ってしまいました。よかったら、読んでみて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

さゆ

87年生まれのフリーライター。
本とワンコとカフェが大好きです。
いつでもアワアワしています。
ツイッター:@sayulog  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子