久利生と城西支部メンバーに会いたい!! 【前編】~『HERO』舞台挨拶、生中継に潜入レポ 「HERO IS HERE」~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
sachi

Written by:

2015.08.07.Fri

7月18日、映画『HERO』公開日‼ お台場での舞台挨拶を生でみたいと狙っていた筆者でしたが、あえなく落選……。というわけで、東宝シネマズでの生中継チケットを手に入れ、いざ鑑賞! 舞台挨拶は第一部の鑑賞後と第二部の鑑賞前の2部制。もちろん、筆者はどちらも参加です。

『HERO』メンバーついに登場!

第一部の映画鑑賞後、「どこかなどこかな、どこから出てくるのかな」とそわそわしながら待っていると……スクリーン後方から『HERO』メンバー登場‼ 映画を観終わったばかりですから、本物の登場に歓声もひときわ。木村拓哉さん率いる検事チームと、北川景子さん率いる事務官チームと2つに別れて舞台まで歩きます。北川さんはブルーのドレスでとってもキレイ。木村さんはシャツとネクタイピンのデザインがお揃いでおしゃれ。スタイリストさんのセンスかな? 濱田岳さんは短パン姿で、それもまた城西支部メンバーに、「ズボン短くなっちゃってる。身長のびたの?」といじられていました。すかさず「違いますよ、一張羅ですー!」と答える濱田さん。このやりとり、『HERO』ファンにはたまりませんね……。そして緊張のせいなのか、吉田羊さんのことをなぜか「馬場礼子役の吉田れいさんです」と紹介した司会の軽部アナ。そこへ「拘留決定!」と言い放った吉田さん、やはりかっこよかっです。ほかにも、今回初登場するあの「牛丸次席そっくりの娘」(誰もが納得するあの人! 答えは劇場で!)の話題に触れたり――。と、楽しいひとときがすぎていきました。
その後、第一部は各社マスコミの方が入っているということで、フォトセッションも。
客席での撮影になるので、第一部に参加したお台場にいる方は、『HERO』メンバーと一緒にうつることができる! 当然、名古屋の映画館にいる筆者は「あの席あたりの人、い~な~!」と心で叫びながら(実際声にでてた?)うらやましくスクリーンをみつめるばかり……。

「城西支部」はかわらず健在

第二部の舞台挨拶。また久利生たちに会えます。次も後方から登場かな~なんて見ていると、思った通り! おや、でもさっきと違うのは、検事チームと事務官チームが第一部とは逆の扉から出てきました。これは第一部もみていた人だけが気づくポイント。
さらに客席中央で検事チームと事務官チームが交差してすれ違い、急に降りる階段が左右かわりました。期待していたのに近くにきてもらえなくなった木村さんファンと、きてもらえる木村さんファンの絶叫がこだましています。
客席の人は木村さんにハイタッチしてもらっていますから、そりゃ叫びたくなりますよね。当然、筆者はスクリーンをみつめて「え~いいな~」と、もう声を出していうばかり。でもいいんです。なにせ映画館という大画面で生中継をみれるんですから、顔のアップともなれば木村さんの髪の生え際だってみえちゃいます! これがお台場にいる方には味わえない、全国167館、生中継組の特典なんです。

客席にはこんな方も!

第二部は、マスコミ陣がもう撤退しておりリラックスしてきたからなのか、第一部よりさらに楽しそうにトークがはずむ城西支部のみなさん。客席にはなんと、北川景子さんのお母さまもいらっしゃったそうです。北川さんは『HERO』に参加できて光栄と話しながらも「でもさっき控室で木村さんをみた母の方が、もう一生分の運を使い果たしたと思ってる」とも。その気持ち、わかります。

いかがでしたか? 盛り上がった様子が少しでも伝わったでしょうか。
舞台挨拶以上に息のあったやりとりで繰り広げられる映画『HERO』。次回「第二弾」で本編のレビューを語っていきます! お楽しみに!!

映画『HERO』公式サイト

後編はこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

sachi

村生まれ村育ちの元「村人」。寝るのが大好きな宅地建物取引士。不動産業界を経て、1年間「結婚式」作りに専念。式後は名古屋市内で暮らし、Googirl・編集アシスタントとして働くアラサー。 「二兎を追ってみれば二兎とも得られるかも」がモットー。読者のみなさんに「楽しそう!」「なんかいいな」「読んでよかった」「役に立ったかも」――と心のプラスになる記事を目指して……駈け出しライター奮闘中!