東京スカイツリーに登ってきました!!体験レポート~後編~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.05.25.Fri

さてさて、前編では天望回廊へ行くまでをレポートさせて頂きました。(東京スカイツリーに登ってきました!!体験レポート~前編~)それでは早速続きをレポートして行きましょう。

東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

天望回廊

先ほどの天望デッキとはまた趣きが違っているといった印象の天望回廊。太陽の光が思いっきり差込み、とても気持ちの良い空間で(この日は暑いくらいでした)、本当に空中散歩をしているかのような気分になれます。天望回廊はスロープ状になっていて、空中散歩を楽しみながら451.2mの最高到達地点を目指します。
天望デッキは全面ガラス張りでガラスも非常に大きかったのですが、天望回廊はガラスが小さいというか、枠組みが細かくなっているので、写真などを撮るのであれば展望デッキのほうが向いているかもしれません。

最高到達点

スロープを登り、ついに451.2mの最高到達点に辿り着きました!!最高到達点は、真正面に東京タワーを望める位置にありましたよ~。霞がかってしまっていてよく見えないかもしれませんが、写真の真ん中にかすかに見えるのが東京タワーです。

天望デッキフロア345~フロア340ガラス床

天望回廊からは、天望デッキフロア345へと降りてきます。ここからエスカレーターに乗ってひとつ下のフロア340へとさらに降りると、待っているのはガラス床です!!あの、足元の床がガラス張りになっているという恐怖のアレです。私自身、あまり高いところは得意じゃないのですが、スカイツリーのガラス床は意外と平気でした。高すぎて現実感が乏しいのかもしれません。スカイツリーの鉄骨が間近に見られるポイントとしても外せません。ガラス床を過ぎると帰りのロビーとなり、これにてスカイツリーの天望デッキは終了となります。

スカイツリーカフェ・スカイツリーショップ

天望デッキにはカフェやレストランなどもあり、ゆっくり寛ぐ事も可能。ちなみにカフェの待ち時間は60分となっていました(実際はもう少し早く入れそうな感じもしましたが)。出口フロアには、お土産物のザ・スカイツリーショップがあり、レジに長蛇の列が出来ていました。

かなりの混雑で、押すな押すなの大騒動だったら嫌だなぁと思っていたのですが、天望デッキ、天望回廊共に意外なほどに混雑しておらず、ゆっくりとリラックスして景色を楽しむ事ができました。当日入場が可能になるとまた様子も変わってしまうのかもしれませんが、とっても贅沢な時間が過ごせますので、非日常の異空間が楽しめる東京スカイツリーに、是非一度足を運んでみてください。

ライター:イトウウミ
健気に生きるOVER30。読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!