『雨降る夜に読みたい』心を潤すオトナ恋愛系漫画家vol.1「魚喃キリコ」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.06.10.Sun

梅雨の季節がやってきますね。雨振る夜って、昔を思い出したり、切ない気持ちになったりしませんか?そんなしんみり過ごす夜のお供にしたい、 「オトナ恋愛系漫画家」を1人ずつこれからご紹介していきます。
ちなみに、オトナ恋愛系漫画家とは「働く女子独特の辛さ、オトナならではの恋愛の切なさ、ちょいエロ」を描いた漫画家。20~30代の仕事に恋にと頑張る女子の、人には言えない気持ちを等身大でリアルに表現している漫画家さんたちのことを言います。

魚喃キリコのナカミ

線が細くてクールな男子が好きな女子。
イケメン、雰囲気イケメン好きな女子。
音楽をやっているアーティスト系男子に惹かれる女子。
田舎が嫌で東京に出てきた地方出身女子。
重くて身を切るような苦しい恋を経験した女子。
恋と友情の境目に苦しんだ経験がある女子。
付き合いが長引いて愛情が複雑化した経験がある女子。
若干精神的に病気入ってるかもと疑ってしまう女子。
これは魚喃キリコさんの漫画によく出てくる人たち。共感できる・・・と思ったら、魚喃キリコさんの漫画が心に染みる証拠です。

魚喃キリコさんの画は、クールでスタイリッシュ。画が多くを語ります。セリフの一言一言は短いのですが、ガツンと響くのが特徴的。作風は「痛切ない」の一言に尽きます。
中には、今まで自分が恋愛で受けた傷をさらに奥まで突き詰められるようなストーリーも。痛くて切なくて涙が出ますが、見ないふりをしていた部分と向き合うことで癒され、きちんと消化できる。そういう効果のある漫画を描きます。特にオススメな3冊をご紹介しますね。

南瓜とマヨネーズ

なんとなく恋をした彼とは、同棲して1年半が経ち、今では空気のような存在。働かない彼のためにお水の仕事までするけど、実は他に、中絶までしたけど忘れられずに好きな男がいる。ある日、その彼と再会、そして浮気・・・
今の彼の何が好きなのか、昔の男のどこが好きなのか。様々なシーンを経て自分の好きという気持ちに気付く様子が描かれています。

Water

切なくて苦しい恋愛ストーリーを19話集めた短編集。嫉妬に狂いそうになる、自分を見失いそうになる、好き過ぎて相手を傷つけたくなるという、恋愛に起こりがちな病的な部分が表現されています。
「好き過ぎて重い女になってるかも」「失恋の痛みが忘れられない」と感じる人にオススメ。

キャンディーの色は赤

「別れとはじまり」について18話集めた短編集。同棲を解消して引越しの準備をしている時、失恋を乗り越えた時、浮気したカップルの仲直りの話など。辛い別れを経験しながらも、強さを抱いて前へ進む、明るさを持ったストーリーが集められています。『Water』とは対極的。
「辛い思いをしたけれど、前に進みたい」人にオススメ。

他にも『切ない気持ちにひたれる恋愛漫画 厳選ベスト4
でも2冊紹介しているので、参考にしてみてください。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!