「DJしたい!」そんなあなたへ。どこでもDJ気分に浸れるアプリがあった!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.05.Sun

「一度DJをしてみたい!」とか「DJに興味がある!」という方へ朗報。とてもおもしろい「DJ気分に浸れるスマートフォンアプリ」がありました。その名も「ラップムシ」。

最初にDJのみにフォーカスした発言をしてしまいましたが、アプリの名称にあるように「ラッパー体験」もできます。DJとラッパーが半々でできています。組み合わせるとさらに楽しい!

ラップムシははコチラからダウンロードからダウンロードできます。

ラップムシの画面をチェック!

ラッパーモード

アプリのスタート画面(図1参照)です。鉛筆書きでかなり素朴な見た目になっています。このムシをタップしてみましょう。

図1

こちらの「ラッパー体験」をできる画面(図2参照)には、番号や言葉がたくさん並んでいます。左側の番号を長押しすると、1から6まで異なる言葉が表示されます。

図2

たとえばこれは、6を長押ししたときの画面(図3)です。全部で9種類×6パターンで、計54個の言葉が用意されています。早速どれでもいいので言葉をタップしてみると、声が流れます。

図3

面白いのは言葉を選んでタップしたときに、ムシのイラストがそれぞれ変化すること。ここを見ているだけでも楽しい。

イラストの下に「リズムトラック」と「おまかせラップ」というボタンがありますが、ここをONにすると、自動的にラップが流れます。こちらをONにしたまま、自分のラップをかぶせることもできます。

DJモード

下にある「DJモードへ」ボタンをタップ。「DJ機器じゃん!」と、気分のアガるつくりの画面になっています(図4)。AとB両方、元となるリズムを選べ、さらにオプションのON/OFFまでも選択可能。左下にはレコードノイズのON/OFFを選べるボタンが!

図4

この画面で音を流しつつ、ラップモードへ戻ることもできます。右下にある「ラップモードへ」を選んで移動しましょう。音楽にラップをかぶせると楽しい!

ひみつのページ

なかなか気付きにくいのですが、ラップモードの画面のムシをタップすると、ヘルプ画面1(図5)になります。

図5

右矢印をタップするとヘルプ画面2(図6)へ。

図6

さらにもう1度右矢印をタップすれば、アプリの作者紹介ページ(図7)へ。作者さんの情報はコチラからチェックできます。

図7


DJをしてみたい人にとっては夢のようなアプリ。まずはこのアプリでどんなものか確かめて、そこから本格的にデビューしてみるといいかも知れません。
著者:sonoko0511

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!