知らなかった? 全国各地のお雑煮の特徴いろいろ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.12.31.Wed

あなたの土地のお雑煮はいったい何味ですか? 毎年年に一度は必ず食べるお雑煮。新年が開けるとお雑煮を食べるのが習慣の日本ですが、全国各地でそれぞれ特徴があるようです。日本にはおいしいものがたくさんありますが、それぞれの土地のおいしいものや歴史などから、北から南までまったく違うお雑煮が食べられているんですよ。

大きく分けて2つ

まず一つ目に言える大きな違いはお餅の形です。日本には角餅と丸餅が存在するのですが、西と東とでその形が変わります。お雑煮には丸餅が当たり前! と思っているのは西側の方たちだけかもしれません。関東や東北圏はお雑煮には角餅を使用します。角餅を使用している理由には、東から北にかけては、冬場の乾燥により丸餅だとヒビが入りやすくなるためです。
お雑煮自体は丸餅を使用している京都から伝わった食べ物なのですが、このような土地の状況から角餅が主流になりました。また、現在でも丸餅が主流の西の土地ですが、丸餅には円満という意味が込められた縁起の良い食べ物とされています。この境目はちょうど日本の真ん中、石川県、岐阜県、三重県、和歌山県あたりから食文化が分かれているようです。
ちなみに、北海道や沖縄ではもともとお雑煮を食べる習慣がなかったようですが、現在は食文化が伝わりお正月にお雑煮を食べる家庭も増えているようです。

味は大きく分けて3つ

お餅の種類は大きく分けて2つでしたが、味は3つに分かれています。東北、中部、関東地方は醤油や塩ベースのすまし汁でお雑煮が作られています。関西地方ではみそ仕立て、中部、四国、九州地方は東側と同じですまし汁です。また、一部鳥取県は小豆汁を使ったお雑煮を食べられています。味付けが違うだけでも、食の文化の違いが良く分かりますよね。今までお雑煮と言ったら醤油ベース! 味噌ベース! と思っていた方達にとっては、他県のお雑煮を食べた時にちょっと驚くかもしれません。かくいう筆者も、関東圏にずっと住んでいましたが、九州地方のお雑煮を食べた時に中身の違いに驚きました。もちろんとてもおいしかったですよ。

具の特徴も違う

もちろん具もその土地に見合った物が入っています。たとえば新潟ではシャケが有名ですよね。もちろんお雑煮にもシャケが具として使われ、さらにイクラも入っています。東京などでは鶏肉をベースにかまぼこやシイタケ、ちょっとした青い菜っ葉などを入れて食べます。
そして西側の味噌ベースのお雑煮ですが、福井県ではサトイモなどが具材として入り、その上に角黒砂糖を乗せたこもち雑煮があります。甘い黒砂糖としょっぱいみそ味が食欲を引き立たせるようです。また、甘さのあるお雑煮として最近では日本一おいしいと有名な香川県のあんもち雑煮は、丸餅の中にあんこが入り白みそベースでいただきます。
そして、九州では食材も豊富でそれぞれの県でまったく違う具材を入れています。宮崎県などはしし肉が有名で、すこしクセのあるお肉とお餅の相性が良いようです。

もし、他県に行ってお雑煮を食べる機会があったら、ぜひ他の土地の文化を味わいながら、違う味のお雑煮を食べてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。