履歴を見て真っ青! 酔うと電話をしたくなる心理

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.08.01.Fri

お酒を飲んで酔っ払うと、何でもできるような気持ちになりますよね。筆者の知人には「この間、酔っぱらったときに今なら空を飛べるんじゃないかと思って。2階から飛び降りたら足の踵を骨折しました」と言っていた美容師さんがいました。さすがにそこまでの経験がある人は少ないと思いますが、酔っぱらってしてしまった行動に後悔したことがある人もいるのではないでしょうか?
なぜだか無性に電話をかけたくなり、勢いで電話をしたものの翌朝、発信履歴をみて大ショック! なんてこともあるかもしれませんね。そこで今回は「酔っぱらうとどうして電話をかけたくなるのか」その心理についてご紹介します!

酔っ払うと電話をしたくなる心理1:「今ならできる!」という勢い

酔っ払って電話をかけたくなる人は、日頃から気持ちを抑制していることが多いのが特徴です。自分の感情をコントロールすることに集中しているため、相手を優先的したり、我慢強く見えたりすることもあります。感情を上手に表に出せないので、なかなか素直ではありません。
酔っ払うことで緊張の糸が切れ、自由に振る舞うようになります。いつもは理性で抑えていたためにかけられなかった電話も、ここぞとばかりに「今ならできる!」と勢いでかけてしまうのです。
女性の場合、電話をかける順番はだいたい「好きな人→元カレ→自分に好意を持っている人→どうでもいい(けど構ってくれそうな)人」のようです。かけられた人は、自分が何番目なのか想像してみると面白いですね。

酔っ払うと電話をしたくなる心理2:精神的なダメージが少ない

酔っ払っているときは物事の判断がうまくできなくなり、思考もパターン化します。素面のときとは違い、深く考えなくなるため「かけてはいけない相手」へ電話をかけるリスクも見えなくなります。そのため、妻子持ちであったり彼女持ちであったりする男性(=電話を切られる率が高い)へもかけてしまうことがあるとか。
とはいえ、酔っぱらっているときに電話を切られたり着信拒否をされたりしていてもダメージが浅いのがお酒の魔法。通常と比べて傷が浅くすむので、酔っ払っている間はかけたことを後悔しません。

酔っ払うと電話をしたくなる心理3:「覚えてない」と言い訳ができる

酔っ払っているときは考えが浅いため「あとで何か言われても、酔っぱらってて覚えてないって言えばいっか」と楽観的に考えられます。真夜中でも自己都合で勝手に電話をかけてしまうのです。実際に翌朝電話をして迷惑をかけたことに後悔の嵐! という心理状態だったとしても「ごめん、覚えてないや」と振る舞う人は大勢いるそう。酔っ払っていたから許される、とどこかで思っているせいで同じ過ちを繰り返してしまいます。

酔っ払いは手が付けられません。自分勝手にふるまっているだけなので、電話を受けた人は相手の心理状態を気にしたりせずに、出るにしろ切るにしろ深入りしないほうが無難のようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ドヴォルザーク麗子

恋愛指南は辛口が好みですが、実生活では中辛です。