人生に幸を運んでくれる! 絶対友人にすべきはこの6タイプ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.06.26.Thu

長い人生において友人は大切な存在。けれど、幸を運んでくる友人がいるように、不幸を運んでくる友人がいるのも事実。友人の質が人生を左右すると言っても過言ではありません。友達選びに失敗しないためにも、今日は幸を運んでくれる友人を6タイプにまとめてみました。

1.素の自分を受け入れてくれる人

短所や失敗を受け入れ、対等に付き合うことができるのが、真の友達。本当に自分を理解してくれる友人を得るには、まず見栄をはらず、格好をつけないこと。素の自分を受け入れてくれる友人なら、人生につまずいたとき、困ったときや辛いとき必ず支えになってくれるはずです。

2.チャレンジ精神が旺盛なアドベンチャー

人生には冒険が必要! 頭ではそうわかっていても、平穏な日常生活から抜け出すのも億劫。そんなときに、助けになってくれるのがチャレンジ精神旺盛なアドベンチャー。物怖じせずに、次々とさまざまなことを経験する友人は、常に刺激を与えてくれ、長年閉じこもっていた厚い殻を打ち破るのに一役買ってくれるはず。

3.本音でぶつかってくる正直者

本音でぶつかってくる人とは、意見がぶつかり合うこともあるので、たまに鬱陶しい存在に感じてしまうこともありますが、こういうタイプこそ長い人生において必要な存在。本当に相手のことを想っているからこそ、言い難いことをずばりと伝えてくれる優しさ&潔さに感謝すべき。反対に、本音を隠して、相手の喜びそうなことばかり言う人は偽善的でうわべだけの付き合いしか期待できません。

4.賢い助言者

あなたの傍に賢い助言をしてくれる友人がいたら、それはとてもラッキーなこと。助言者は先輩や上司とは限りません。自分の人生よりも数歩先を歩んでいて、賢く、思いやりのある人物であれば、人生の立派な助言者。この先、正しい道を切り開いていくのに欠かせない存在になるはずです。

5.柔軟性のある異文化人

異文化交流は視野を広げる上でとっても大切。文化、人種、宗教、価値、伝統の違いを知ることで、今までよりも世界がうんと広がるはず。ただし、自分の文化や価値を相手に押し付ける異文化人は要注意。さまざまな文化を尊重し、受け入れることのできる柔軟性のある異文化人なら、友人になる価値大です!

6.親切なご近所さん

近年、近所付き合いの希薄化が問題になっていますが、ご近所さんこそ困ったときの助っ人。ちょっとした頼み事や、緊急のときに頼りになる存在です。この機にご近所付き合いを始めてみれば素敵な友人に出会えるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr