スマホのカメラでの子どもの写真の上手な撮り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2014.01.05.Sun

可愛い子供を見ていると、無意識にカメラを構えている、ということも多いのではないでしょうか。
ところが、子供の写真ってなかなか上手に撮れない。
ペットもそうですが、じっとしていられない対象を可愛らしく撮るのって本当に難しいですよね。
スマホのカメラで子供を可愛く撮れる方法を集めてみました。

連写機能を使う

基本的に、1枚でうまく撮れるとは思わないこと。
スマホに搭載されている連写機能をオンにして、何枚か撮った中から奇跡の1枚が出てくるのを気長に待つ。動きが激しい子どもだからこそ、予期せぬ表情が撮れて最高の1枚になることもあります。

動画からスクリーンショットを撮る

動きが止められないなら、いっそ動画で撮ってしまうのも手。
動画で撮って再生すれば何回でも見られるし、あとから1番いいショットの時に停止ボタンを押してスクリーンショットでキャプチャすれば、最高の一瞬が切り取れます。

目線を変えてみる

子供と同じ目線にカメラを下げてみると、違った視界になります。普段よりも低い位置で撮影してみると、ぐっと雰囲気が変わった写真が撮れる場合がありますよ。床に置いて固定して撮ってみると、いい感じの写真になったりします。逆に、脚立などに乗って高い視点から撮るのもまた違った表情の写真になりますよ。

望遠で撮る

カメラを意識すると、子供の動きがぎこちなくなってしまうことがあります。スマホのカメラの望遠機能を使ってズームで撮るというのも手です。あまり遠くなりすぎると画質は悪くなりますが、スマホの画面で見る分には十分な範囲でのズーム性能が備わっているので心配しなくていいでしょう。

全身を撮ろうとしない

手元だけ、足元だけ、目元だけ、まつ毛だけ、など細かいパーツだけを切り取って撮るのも、面白い写真が撮れます。子どもならではの、肌の柔らかい質感や小さな手足はそれだけでもフォトジェニック!

背景をごちゃごちゃさせない

おもちゃなどを写り込ませる場合は、1点のみに絞った方がすっきりします。ピントを合わせたい部分を長押しするとフォーカスにロックがかかるので、他の部分をぼかせさせて立体感を出すことも可能。

とにかく数多く撮るのがコツです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子