【第7回】気になるWebガール paperboy&co. ディレクター 飯塚のり子さん【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.06.14.Fri

Web業界で働く旬の女子に会いに行く連載「気になるWebガール」。仕事のことからライフスタイルのことまで幅広くお聞きします。第7回目は、paperboy&co. pに勤務し、「電波回復スイッチ」など、数々のスマホアプリを担当するディレクター・飯塚のり子さんにお話を伺いました。
制作に携わった「電波回復スイッチ」「超シンプルミラー」「スマホ最適化スイッチ」についてお話いただいた前編に続き、後編では飯塚さん話、仕事の話、プライベートでの話もすこしお聞きします。

前編はコチラから

飯塚さんはスマホアプリのプロデューサーになる前は、どんな仕事をしていたのですか?

paperboy&co.に入社してからのことをお話すると、最初は店舗向けホームページ作成サービス「Goope(グーペ)」のエンジニアをしていました。それからディレクターも兼任するようになり、今にいたります。

エンジニアとディレクターの2つの役割を担うって、なかなか珍しいことのような気がしますね。今はアプリ制作のチームということで、具体的にはどんな仕事をしていますか?

新たに開発するアプリの提案、画面遷移などの仕様の検討、競合調査やプロモーションなど、開発以外の一連の業務を担当しています。

プロモーションも、ご自身でされているのですね。

直接制作に関わった人の方が、アプリの使い方や魅力を伝えやすいと思うんです。また、特にディレクターになってから、外部での勉強会や交流会に参加することもあって、記者さんやメディアさんとのつながりも、だんだん持てるようになったので、プロモーション関連の相談もしやすくなりました。

なるほど。仕事をする上で心がけていることはありますか。

デザイナーやエンジニアには制作・開発に集中してほしいので、それ以外のことは私ができる限り担当するよう、心がけています。またできるだけ曖昧な指示出しはしません。ディレクターが適当な指示出しをしてしまうと、制作側も意図を図りそこねてしまいますし、実際に想定していないものが出てきたりと、お互いにとっていいことがありません。
また、「こうしてほしい」「こっちのほうがいいね」などと、正直に伝えることも意識しています。チームで話し合っていい方向に変えてみると、やはり数字で結果が返ってきますから。

開発サイドとディレクションサイドの気持ちが、どちらも分かるって素晴らしいですね。プライベートのお話もお聞きしたいのですが。休日はどう過ごしていますか?

休みの日は、時間のかかるごはんを作ることが多いです。平日はオンラインにどっぷりな生活なので、休日は意図的にオフラインの時間を増やしています。スマホやタブレットなどの端末がとても好きなんですけど、あまり触らないようにしたりとか。ほかの趣味でいうと、ピアスを作りたいなと思い立ち、今は材料を探しているところです。

オフラインの趣味、いいですね。美容面で取り組んでいることはありますか?

美容に関してはあまり特別なことに取り組んでいません(笑)。強いて言えば、毎日片道30分かけて、徒歩通勤しているくらいです。脚が太いことが長年の悩みでしたが、「むくみ」の存在を知って以来、脚のマッサージをするようになりました。すると、スッキリ治ったんです。なので、脚のマッサージも毎晩欠かしません。

ありがとうございました! 最後に一言、メッセージをお願いします。

今は月平均2本のアプリをリリースできるよう頑張っています。これからもチーム一丸となって、暮らしのなかで役に立つアプリをどんどん出していきたいと思います。「電波回復スイッチ」「スマホ最適化スイッチ」「超シンプルミラーは、スマホ初心者の方にとても使いやすいアプリなので、ぜひ使っていただけると嬉しいです。

飯塚のり子
事務職を経て株式会社paperboy&co.のプログラマとして入社。店舗向けHP作成サービス「グーペ」を担当後、スマートフォンやガジェット好きが高じて、現在はスマートフォンアプリのディレクターを務める。これまで担当したアプリに、こども向けカメラアプリ「こどもカメラ」、「電波回復スイッチ」などがある。勉強もかねてチェックしているサイトは、安藤幸央さんのブログMONOCO

電波回復スイッチ for Android 
超シンプルミラー for Android 
スマホ最適化スイッチ for Android
株式会社paperboy&co.

前編はコチラから

文・写真/池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子