【第6回】気になるWebガール サイバーエージェント「GIRLS UP」プロデューサー 尾端安奈さん【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.04.25.Thu

Web業界で働く旬の女子に会いに行く連載「気になるWebガール」。仕事のことからライフスタイルのことまで幅広くお聞きします。第6回目は、サイバーエージェントに勤務し、女子力アップに役立つコミュニティアプリ「GIRLS UP」を担当するプロデューサー・尾端安奈さんにお話を伺いました。

女性限定ツイートサービス「GIRLS UP」とは、ユーザー同士がお互いに褒め合いながら、ダイエットや美容、おしゃれといった、女子力アップを頑張るためのコミュニティアプリ。2012年10月にリリースされ、1日10万人に訪問されるなど、20代を中心に幅広い世代の女性から人気を集めています。

私も「GIRLS UP」使っています! 失いかけていた女子力を、少しずつ取り戻せているような気がしています(笑)。

ありがとうございます。最初は「ダイエット」にフォーカスしていましたが、途中から「女子力アップ」という見せ方に変更しました。ダイエットだと直接的すぎるので、女子力アップという言葉でふわっと包み込むことにしたんです(笑)。

なるほど。女子力アップって、ダイエットも含めて「総合的にキレイになる」という意味合いですものね。そういえば「GIRLS UP」ができたきっかけは何だったのですか?

話が学生時代に遡るのですが、私、中高と女子校に通っていたんです。大学は共学でしたが、受付のバイトをしていたので、美に貪欲な女性たちに常に囲まれていました。よく美容関連の情報交換が行われていましたね。そこで、女性が美容のことについて話せる、何らかの場を作れたらいいなと思ったのが、ひとつめのきっかけです。

社会人になってからも、何かきっかけがあったのですか?

はい。入社後は社会人1年目ということもあり、忙しすぎて女子力という言葉を忘れた生活を送っていたんです(笑)。そんなときに大学時代の友人と再会すると、彼女たちはキラキラしているのに、私だけダメだ……と女子力のなさを痛感したんです。常にキレイを意識できたらな、と思ったのがふたつめのきっかけですね。

それから実際に「GIRLS UP」に携わるために、どんな活動をしたのですか?

入社後、私は広告営業の部署にいたのですが、当時社内ではたくさんの新規メディアを立ち上げようとする動きがあったので、社長に「こんな女性系メディアを作りたい!」という想いを伝えていました。そんな私の話を社長は覚えてくれていて、「じゃあ、やってみる?」と、2011年10月に現在の部署へ異動が決まったんです。そこから正式に「GIRLS UP」のプロデューサーとして動き始めました。

順調ですね。でも広告の部署からいきなりWebサービスの部署へ。苦労したことはありましたか?

既存のサービスに似たようなものがなく、参考にできるものがない点で、苦労しました。一体どんなサービスになるのか、世の中に出すまでユーザーの反応が分からないというのが本音でした。
でも、できるだけのことはやっておこうと決めて、社内外の女性たちにリサーチを繰り返しました。調査をするうちに「ダイエット」は女性の大きなテーマだと改めて実感したので、サービスの主軸にすることを決めました。

なるほど。女性たちのリアルな声がかたちになったアプリなんですね。「GIRLS UP」を開発する上で心がけたことは?

デザインを思いきりかわいくしたことです。女性に使っていただくので「カワイイ」は前提条件でした。とはいえ「カワイイ」にもいろんな種類があるので、雑誌でいうなら『Sweet』なのか『JJ』なのか『CanCam』なのかと悩んだり、同じピンクでも10パターンくらい作って比較検討したりしました。待機時間中に表示される、チカチカ点滅するハートマークもかわいさを意識しました。

ディティールまで、びっくりするくらいかわいいんですよね。確かに使っているだけで、女子力が上がる気がする……と感じるのは私だけではないと思います。そんな「GIRLS UP」を作って嬉しかったことは?

ユーザーの方から「『GIRLS UP』でダイエットのモチベーションが上がりました」というような声をいただいたり、App Storeなどで良いレビューをいただくと、本当に嬉しいです。作って良かったなと感じます。もっと多くの人に使われるアプリにしていきたいな、とやる気になりますね。

後編に続く

▽ 女子力UPコミュ -GIRLS UP(ガールズアップ)-
App Store
Google Play

尾端安奈
2011年(株)サイバーエージェント入社。広告事業本部へ配属後、広告営業として化粧品等のクライアントを担当したのち、同年10月 女性向けのメディアを立ち上げたいと志願し、新規事業開発室に異動。
入社2年目の2012年10月に、企画した「GIRLS UP」をリリース。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子