渡辺早織@cinema 全女性マストチェック!『ゼロ・ダーク・サーティ』

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2013.02.24.Sun


Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved.

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
皆さん、最近映画は観ていますか?今年に入ってから本当に良作だらけでとてもときめいている渡辺です。
観ていない映画もまだまだあるのでなんとかこーにか観にいかなくては。ということで、私が観た中でこれはおすすめしたい!と思った映画を今日は紹介したいと思います。
それがこちら。『ゼロ・ダーク・サーティ』

本年度アカデミー賞5部門にノミネートされているこの作品。以前コラムでも紹介した『アルゴ』、『レ・ミゼラブル』もアカデミー賞にノミネートされていた中でかなり楽しかったのですが、こちらも相当良いです。
米国で大ヒット、堂々の第1位でスタートした『ゼロ・ダーク・サーティ』リアルに全米が震えた作品というわけですね。

何故こんなにもこの作品が支持をうけているのかというと、その理由の1つとしてこれが正真正銘の「実話」であるということが挙げられる。
9.11のアメリカ同時多発テロから10年経った今、米政府が隠し続けてきた真実が、CIAの全面協力によりついに解禁された。当然その話題性から米国では映画館に人が殺到。そしてメガホンをとったキャスリン・ビグロー監督の手によりあり得ない程の完成度で仕上げられた。

私が強調したいのは、この作品のテーマから男性ファンが多くつくイメージがあるが、実は女性にこそ観てほしい作品であるということ。
主人公の女性の強さとたくましさに、女性なら誰しも息をのみ、終始釘付けになってしまうこと間違いなし。


Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved.

あらすじ

    “ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だったー”
    華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な20代半ばの女性、マヤ。とてもCIA分析官には見えないが、情報収集と分析に天才的な感覚を持ち、ビンラディン捜索に巨額の予算をつぎ込みながら、一向に手がかりをつかめない捜索チームに抜擢された。だが捜査はこんなにを極め、その間にも世界中で、アルカイダのテロにより多くの血が流されていた。
    ある日、仕事への情熱で結ばれていた同僚が、自爆テロに巻き込まれて死んでしまう。その時、マヤの中の何かが一線を超える。もはや使命ではなく狂気をはらんだ執念で、ターゲットの居場所を絞り込んでいくマヤ。ついにマヤは隠れ家を発見するのだが、彼女が断言する確率100%に同意する者はいない。果たして、上層部及び国家が下した決断とは?
    (映画『ゼロ・ダーク・サーティ』公式サイトより引用)


Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved.

強く綺麗な女性になりたいあなたに・・

なんと言ってもこの映画の見どころは、話の鍵を握っているのが“ひとりの女性”であるということ。
ジェシカ・チャスティン演じる主人公マヤは、ビンラディン捜査チームに抜擢されバキスタンへと派遣されるが、そこでの過酷な仕事に一切弱音を吐くことなく強い執念のもと着々と手がかりを見つけ出していく。
ひとりの女性に秘められたそのエネルギーは一体どこからくるのかー?
パキスタンの上司ですら心がくじけてしまうほどの仕事内容でも、大切な同僚の死に直面しても、どんなに上層部に相手にされなくとも・・。最後まであきらめることを知らないマヤの強さに誰しも驚き震えるだろう。

あくまで私個人の意見ですが、苦しい境遇に置かれることで、さらに女性は強くなるような気がします。
たとえば自分の身の回りで不幸なことがおこるとします。たとえば恋人との別れ、仕事でのトラブル。そんな時、逆境にめげずに「えい」と壁を乗り越えるパワーを持っているのは女性ではないでしょうか。
くよくよせずに前を向いて進む女性らしい強さがこの映画ではとても美しく描かれているように思います。

その女性の美しい様子がすごくシンプルに描かれているのは監督もまた女性であることがキーのように私は思います。また、この映画で評価できるのは、バイアスがかからずに描かれる1人の女性像だけではなく、世界で起きているこの惨い真実をありのまま伝えていること。たとえばパキスタンでの捜査のシーンでも拘束者に拷問まがいの方法で尋問するがそれも米国側の都合を無視して包み隠すにありのまま描かれているのだ。
とても客観的で押し付けがましくないという印象があり、すっと自分の内側に映しだされる。
そしてこの世界に生きる上でこの事実は知らなくてはいけない。

歪められずに伝えられている事実だからこそ、強い女性の在り方が美しく描かれているからこそ、私はこの映画をおすすめします。

臨場感あふれるこの映画、是非劇場で観てみてくださいね!

Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved.

『ゼロ・ダーク・サーティ』
2月15日(金)よりTOHOシネマズ有楽座他、全国公開
配給:ギャガ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori