【第4回】気になるWebガール サイバーエージェント「GIRL’S TALK」担当 原礼さん・見上楓さん【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.01.31.Thu

Web業界で働く旬の女子に会いに行く連載。仕事のことからライフスタイルまで幅広くお聞きします。第4回目は、サイバーエージェントに勤務する女子ふたりに密着。女子限定の匿名掲示板サービス「GIRL’S TALK」を担当するプロデューサーの原礼さん、デザイナーの見上楓さんからお話を伺いました。

前編ではアプリのお話を中心にお聞きしました。後編ではサイバー女子の仕事術、ライフスタイルを中心にお聞きします。

1日の仕事のスケジュールを教えてください。

原さん:始業後はチームで朝会をします。数字を確認したり、その日に行うことを共有し合う場です。その後は別チームとの打ち合わせをしたり、チーム内で企画について話し合ったりと、結構動き回っています。

見上さん:朝会後はデザイン作業に打ち込んでいます。原と相談し合いながら進めることが大半です。常にサービスと向き合いながら、改善と新しい取り組みの連続です。

先ほど男性が多いチームと伺ったのですが、「GIRL’S TALK」を運営していく上で、意思の疎通などで大変だったことはありますか?

見上さん:最初はお互いにためらっていました。サービスの内容上、どうしても過激な言葉が飛び交います。「セフレ」「ワンナイトラブ」とか、凄まじい感じ。「『セックス中毒カテゴリをセフレカテゴリより上にしてください』とかは日常茶飯事ですね」(笑)。

原さん:ふふふ。でも、みんな慣れちゃいました(笑)。

コミュニケーションを図るのが上手なのかも。皆で協力し合いながら、仕事を上手く回すコツは?

原さん:なるべく皆でごはんを食べに行くようにしています。本音で話をするのも大事なことだと思います。また、役割分担もきっちり決めています。それぞれがチームの目標に向かって、ただ進むだけというシンプルな感じです。

見上さん:基本的なことですが、常に感謝の気持ちを忘れないようにしています。コミュニケーションをとる上で「ありがとう」という言葉は欠かせません。チーム全員がいて、それぞれが力を発揮しているからこそ、「GIRL’S TALK」を運営していけるわけですから。

仕事を進める上でインプットは大事だと思います。日常的に取り組んでいることは?

原さん:昔は広告の部署にいたのですが、今のメディア側の部署に移ってきてからは、モノ全般に興味を持つようになりました。常に「なぜ?」と疑問を抱くようになったんです。ブログや2ちゃんねる、はてなブックマーク、NAVERまとめなどWebから幅広い情報を集めるだけではなく、テレビも見ます。週末は時間があるので本を読んだり、映画やドラマなど、あらゆるメディアをチェックします。

見上さん:ずっと作り続けているだけだと、出せるものがなくなってしまいますよね。だからこそ、日々インプットする時間はとっています。仕事柄、Webから情報を得ることが多いです。FacebookやTwitterはチェックしていますね。デザイン系のサイトも定期的に覗いています。

見上さんの参考にしているWebデザイン系サイト

straight-line bookmark
iPhoneデザインボックス
Mobile Patterns
Mobile design inspiration (powered by dribble’s API)

仕事の効率化を図るために実践していることは?

原さん:目標を立ててから逆算して考えること。期限や重要度で優先順位を判断しています。メールの返信などレスを素早くすることも心がけています。

見上さん:手書きで構成を作ること。イメージを作ってから作業にとりかかるようにしています。

最後に、忙しい女子でもできる美容法を教えてください。

原さん:スキがあればイオンスチーマーをしています。週1で韓国のパックを顔に貼ったり、チームメンバーからいただいた目元マッサージャーを使ったり……(笑)。加圧トレーニングにもたまに行きます。

見上さん:どんなときでも絶対にメークを落としてから眠ります。子どもと遊びながら筋トレをしたりなど、日々の生活の中でできることを、無理のない範囲でしています。

ありがとうございました。皆さんも、ステキなふたりが作る「GIRL’S TALK」を、ぜひ使ってみてくださいね。

「GIRL’S TALK」

前編はコチラから

原礼
2010年入社。広告代理事業本部へ配属後、広告代理店営業として顧客の新規開拓を担当。2011年10月にスマホメディアの新規事業開発室へ異動。2012年より「GIRL’S TALK」のプロジェクト立ち上げ。

見上楓
2006 年入社。広告運用、制作ディレクターを経て独学でデザインを学び、広告から企業サイト、ソーシャルゲームまで多数の案件に携わる。2010年産休のち、 2011年から再度デザイナーとして復帰し、子どもの写真共有アプリ等の制作に携わる。2012年より「GIRL’S TALK」のメインデザイナーを担当。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子