通訳ツアーガイド・松田直美さんに聞いた。日本のお正月、外国人観光客の目にはどう写る?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
西村華奈穂

Written by:

2013.01.05.Sat

以前ご紹介した、多くの外国人観光客の皆さんに日本の見所をご紹介していらっしゃる通訳ガイドツアー・松田直美さん。
今回は松田さんに、私たち日本人にとっても特別なシーズン。『お正月』をテーマに海外の方からの印象、エピソードをお伺いします。

おせち料理について『味より食品サンプルのクオリティーにビックリ!』

松田さん曰く、意外!?と外国人の方々が興味を持たれることは薄い『おせち』。食べても美味しい、とは感じないかも。とのこと。
ですが、この時期デパ地下に行くとおせちの見本、いわゆる食品サンプルが所狭しと並びますが、食品サンプルの造形にビックリする外国人観光客の方も多いそう。確かに、伊勢海老やローストビーフなど、美味しそうなテリが入り匠の技!といった日本独特の食品展示方法ですよね。

おせちについて聞かれた際は
・縁起ものの食材で構成されている料理であること
・昔は正月シーズンは店などが開いておらず、そのため保存食にもなっていたが今はスーパーもコンビニも日本は元旦から開いているのでおせち料理に限定せず、好きなものを食べる日本家庭も増えている
ということをお伝えしているそうです。

クリスマス→お正月 切り替えの早い日本人

「日本で面白いのは、12/25クリスマスから日付が変わるとすぐにツリーやデコレーションを片付けて、26日にはすっかりお正月の飾りに切り替わることです。
カトリックが多数を占めるフィリピンに行った時、レストランや公園で一年中ツリーやサンタのハリボテが出しっ放しで、驚きました。キリスト教関係のお祝いがクリスマス以外にも色々あって、イブと25日だけという日本とは大違い!」

確かに、12/24、クリスマスイブ。筆者が夜スーパーに行った際、もう早速チキンの隣にお正月のPOPをいそいそと付けている店員さんを見かけました。気持ちの切り替えが早い、年末~年始の日本人。これも独特の文化になっていますね。

1月2日の皇居 一般参賀『ジャパニーズロイヤルファミリーを一目見たい!』

「冬は日本に来る外国人旅行のオフシーズン。ですが1月2日の皇居の一般参賀は注目している外国人は多いですよ。留学生にも結構人気らしいです。
私も一度だけ、ニューヨークからいらしたご家族の案内をしました。天皇に会いたい。と言われて。。。 当日は「陛下と目があった!」と感動していましたね。ご存じかもしれませんが、皇居正門である二重橋は、天皇誕生日と1月2日にのみ開くとされています。
ジャパニーズロイヤルファミリーがお出ましになるとあっては、行ってみたいと思うのが人情でしょうか?普段は皇居は一般に公開されてないので、貴重なチャンスでもあるわけです。
二重橋前で待ち、中で入って待ち、と結構時間がかかるもので、混雑もします。なので、時間がない旅行者向きではありませんが、ちょっと変わったところに行きたい外国人の方には良いかもしれません。お出ましを待っている間が、独特の雰囲気で、お出ましになると、どこからともなく「天皇陛下ばんざーい」の掛け声があがります。そういうのって、いまどきないでしょ~。」

インタビューにお答え頂いた、松田直美さんありがとうございました!
また、ぜひこういった私たちの国、日本を女性目線で見つめる情報もご紹介していきたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

西村華奈穂

西村華奈穂(にしむらかなほ)
フリーアナウンサー・ボイスアクター。
進撃の巨人製作発表記者会見MCやラジオパーソナリティ、ゲームなど
声のプロフェッショナルとして活動。
モデル出身の経験を生かし、美ウォーキング講師として指導するなど、わくわくするライフスタイルのスパイス作りも得意。
 HP:http://www.kanaho-web.com
 Twitter:@_kanapo