「いいね!」しづらいですから~!こんなFacebookの使い方していませんか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2013.01.28.Mon

皆様ご機嫌いかがですか。井上こんです。いまや全人類の約7人に1人が利用しているというFacebook。自分の投稿に「いいね!」やコメントがつくのは嬉しいもの。頻繁にいいね!をくれる友人にはお返しの意味も込めて、「いいね!」を送ったりしますよね。しかし、どうにもこうにも「いいね!」しづらいタイプの投稿も目にします。それは一体どんな投稿でしょう?
ここでは大きく4つのタイプをご紹介します。

① ポエムタイプ

Facebookがパブリックなものである以上、「君を忘れないよ」「とっても寂しいよ」といった、ポエム感を全面に出した投稿は友達には受けません。これを見た人はみんな頭の中が「???」状態です。中には「何かあったの?」と書き込んでくれる様な友達もいるかもしれませんが、大抵の人にはなんともコメントし難く、ましてやいいね!もできず、結果スルーされるだけです。刹那の気持ちはtwitterに書き込む方が良いでしょう。

② 「○○ちゃん、明日の件電話して~」な身内タイプ

私用極まりなしですから~バッサリ!仲間内の連絡事項ほど他人が見てつまらないものはありません。友達のウォールをただ汚すだけですので、あまりに頻度が高いと迷惑がられている可能性が高いです。

③ 「こんなの買ってもらいました~」な自慢タイプ

本人はそういうつもりでなくとも、ご丁寧に値段まで添えてあれば嫌でも人の嫉妬を買いますし、興味のない人からすればどうでも良い投稿です。記念日にカレに何か買ってもらった時など、事細かくFacebookに投稿するのはお勧めできません。触れるならサラッとスマートに。大切な思い出は心の中に保存するのが一番。

④ 日々のファッション報告タイプ

芸能人のブログでよく見かけますが、姿見で日々のファッションを紹介する女子が結構いるようです。Facebookのブログ化は他人からはあまり評価されません。

以上いかがでしたか。全てに共通して言える事。それは、決してその行為自体が嫌がられるのではなく、他でやってくださいまし、という事ですよね。その時の気持ちを書くならtwitter、仲間内の連絡事項はメールやLINE、毎日のファッション報告はブログが最適です。
自分の知人友人に楽しく見てもらえるような素敵なウォールを作っていきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!