渡辺早織@cinema 2012年 映画ベスト5発表!!!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2012.12.30.Sun

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
とてもたくさんの良い映画に巡り会うことができた2012年。
時に笑い、
時に涙し、
登場人物と一つになった気持ちでたくさんの作品の中にお邪魔した年でした。
2012年も最後まで映画を観続けるつもりですが、(だってまだレ・ミゼラブルもフランケン・ウィニーも観てない・・)
ここで1つ、渡辺早織的2012年の映画ベスト5を発表したいと思います!!
今年1年に観た映画をすべて振り返ってみました。何を観たか忘れないようにメモをつけているのでそれをチェックしながら吟味。

〈5分経過〉

これよかったなぁ!

〈20分経過〉

うんうん。こんなのも観たよねぇ・・

〈30分経過〉

そうそう、これも本当によかった。また観たいなぁ・・・・。

〈45分経過〉

・・・・

決まらない・・・・。
5つに絞るのに時間がかかりすぎて、悩んで悩んで・・
結局絞りきれませんでした(笑)

ということで絞りきれなかった作品については特別賞ということにさせていただいて、いよいよベスト5を発表させていただきます!!
皆さんも観たことのある作品はありましたか?

2012年 “早織的” 映画ベスト5発表!!!

5位 「おおかみこどもの雨と雪」

心の中にずっと刻んでおきたい感動のアニメ。「おおかみこどもの雨と雪」
今でも花役の声優を務めた宮崎あおいさんの力強く優しい声が頭の中に聞こえてくるほど印象的だったことがランクインの決め手。
お母さんとおおかみ子供の雨と雪がそれぞれの歩む道、それぞれの選択に迫られる。やさしく強くなれるヒューマンストーリー。

4位 「ミッドナイト・イン・パリ」

華の都パリが舞台のラブコメディ。
華やかでユーモアでチャーミング。そしてどこかほろ苦くて色々な要素がぎゅぎゅっと詰まった最高のコメディです。
ウディ・アレン監督の作品は今年もたくさん観ましたが「ミッドナイト・イン・パリ」が私の中では ダントツで面白かったです。映像も音楽も綺麗でそしてウディらしい皮肉と愛がおもしろおかしく詰まった作品です。

3位 「鍵泥棒のメソッド」

邦画の中でも、「いやー良いものを観たー!」という感覚にさせてくれたのがこの映画。
この作品は誰もが楽しめる喜劇です。面白くって笑っばかりですが、巧妙なストーリーの構成が実に面白い作品。
読めないストーリーの展開ににぐんぐん惹き込まれていき内田けんじ監督らしいラストのどんでん返しであぁ、やられた・・という感じです。堺雅人さんがさらに好きになりました。

〈小休憩〉
それでは2位にいく前に特別賞の発表です。どうしても外せなかったのはこの2作品。

特別賞 「桐島、部活やめるってよ」「アーティスト」

「桐島、部活やめるってよ」

朝井リョウさん同名小説「桐島、部活やめるってよ」の映画化。
高校が舞台の青春映画。誰もが味わったことのあるその時のちょっと触れただけで壊れてしまいそうなもろく繊細なやりとりがとても丁寧に描かれていてなんとも言えない届きそうで届かないもどかしい感覚とノスタルジーにおそわれました。

「アーティスト」

サイレントで白黒のフランス映画『アーティスト』
カラーでトーキー映画が当たり前になっている今の時代に公開された白黒サイレント映画です。
サイレント映画だけがもつ表現力、巧みな演出技術にショックを覚えるくらい。内容もとてもすばらしい作品です。

どちらもこの時代にこの映画の風潮の中で公開されたものの中で、とても貴重な映画だと感じたので特別賞とさせていただきました。(偉そうな物言いで申し訳ないですが・・><)

それではいよいよ2位の発表です!

2位 「最強のふたり」

もうこれは自信をもっておすすめです!!
観終えて、とっても良い映画に出会ってしまったと幸せな衝撃をうけました。
実話をもとに描かれているこの作品はこみ上げてくる笑いと涙が共存して幸福の方程式をうんでいるんですよね。現代の社会問題もうつしながら、マジョリティの偏見が一切なく描かれていてとても清々しく純粋な気持ちで作品の世界を楽しむことができる。
全世界で注目を浴びた映画、それが「最強のふたり」
観たら絶対に好きになる。

それではついに1位の発表です!

1位 「アルゴ」

やっぱり1位はこの映画でした。
どこをとっても素晴らしい映画。
最後の1秒まで続く緊迫感、興奮はここ最近の映画では味わったことのないものでした。そして一切の隙がなく緻密に計算しつくされたストーリー構成が観るものを釘付けにする。
どうしてここまで完成させることができるんだろう?今では疑問にすら思えるほど。
この興奮と観終えたあとの幸福感は絶対に観ないと分からない!!

いかがでしたか?皆さんのおすすめの映画もお待ちしています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori