あなたのお部屋は大丈夫!?冬の結露・カビに注意!便利アイテムをチェック

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
西村華奈穂

Written by:

2012.11.24.Sat

乾燥するから…加湿器を利用。寒いから…換気を怠っちゃう。窓を見れば結露が沢山!な方は要注意。外気との気温差が激しくなる冬こそ換気、カビに注意が必要ですよ!

結露はなぜ起こる

結露には二種類あり。
一つが目に見える雫、水滴の『表面結露』、もう一つが畳、壁紙など内側に発生する『内部結露』です。
この両方を冬場は特に気をつけたいですね。

冬・カビ繁殖注意ゾーンは?

リビング、寝室の『窓』『カーテン』

加湿をかけることも多いリビング、寝室。カーテンや壁紙がその湿気を吸い、カビの温床になることも。さらに窓ガラス、窓枠からしたたった結露がじわじわと桟(さん)に溜まり、真っ黒なカビが繁殖…なんてことも。

台所周り、お風呂場、洗面所など

水を使う場所だからこそ、湿気も溜まりやすくなります。さらに、お風呂場や洗面所に窓がない、というお宅では換気扇頼みになり、油断していると様々なところからカビの温床が生み出されることも。衛生的でいたいゾーンですから、必ず使用したら換気扇を回すことを心がけたいですよね。

靴箱

雨、雪など足もとが悪い日に使った靴、ブーツをそのまま閉まっていませんか?晴れの日にしっかりベランダで乾燥させてからしまうクセを。さらに靴箱自体も休日には開けて換気をし、靴に溜まった湿気を取り除くことが大切です。

湿気、結露を防ぐ便利アイテムをチェック!

目に見える窓の『表面結露』はこれで速やかに取る!

水滴ワイパー

取った水滴を溜める構造になっているので窓の水滴を下から上へなぞるだけでしっかりと取り去ることが出来ます。「こんなに!?」と思うほど、窓の結露は多いもの。定期的に使用してみましょう。

窓際の結露を吸収し、自然蒸発を促すテープ!

オムソリ 水とりテープ

結露による汚れやカビを防止してくれるテープです。窓のデザインに合わせてシルバー、ブラウン、ホワイトと3種類あるのでインテリアの雰囲気を損なうことなく使用できるのも嬉しい商品ですね!

お部屋、クローゼット、靴箱に。爽やかなハーブグリーンの香り

エステー かおりドライペット

湿気を吸い取り、カビ対策にもなる除湿剤の中からエステーのかおりドライペットを。こちらの特徴はハーブグリーンの香り!湿気やカビ独特の匂いもこれで爽やかに。

まとめ

昨今の住宅は気密性が高く、暖かい分換気を気をつけないとあっという間に湿気とカビが…なんてことにも。マメな換気は風邪予防にもなりますので、寒いですが一気に窓を開け放って爽やかな空気循環をまずは心がけましょう。
さらに、今回ご紹介したこんなアイテムを利用しながら冬も生活環境を整えていきたいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

西村華奈穂

西村華奈穂(にしむらかなほ)
フリーアナウンサー・ボイスアクター。
進撃の巨人製作発表記者会見MCやラジオパーソナリティ、ゲームなど
声のプロフェッショナルとして活動。
モデル出身の経験を生かし、美ウォーキング講師として指導するなど、わくわくするライフスタイルのスパイス作りも得意。
 HP:http://www.kanaho-web.com
 Twitter:@_kanapo