【第2回】気になるWebガールに会いに行く サイバーエージェント ホムペアプリ「Candy」担当 永山瑛子さん・植田祥子さん【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.10.05.Fri


(編集注)かわいいポーズをして、とお願いしてみました。

Web業界で働いている旬の女子に会いに行く新連載です。仕事のことからライフスタイルまで幅広くお話を聞いてきます。第2回目は、サイバーエージェントに勤務している永山瑛子さんと植田祥子さん。女子中高生に人気のスマホ向けホムペアプリ「Candy」担当プロデューサーとデザイナーです。

インタビューは「Candy」の話からスタート。私もダウンロードして遊んでみました。
「Candy」とはプロフィールや写真、ブログのデザインを自由にカスタマイズして、自分だけのオリジナルホムペを作成できるスマートフォン向けのアプリ。現在会員の95%が女性で、13~19歳が半数を占めるなど、女子中高生を中心に会員数を伸ばしています。
昔ガラケーで流行ったサービスをスマホ向けにアレンジした、イマドキっぽさもありながら、大人女子にとってはある種の懐かしさを感じられるアプリでもあります。
そして今回は後編をお届けします。

気になるWebガールに会いに行く サイバーエージェント ホムペアプリ「Candy」担当 永山瑛子さん・植田祥子さん【前編】

ひとしきり、プリクラネタで盛り上がった後……。

Candyをリリースするときに大変だったことは?

植田さん:スマホの種類によって色の出方が違うので、それに対応するのが大変でした。ブラウザで見たときに、Androidの方がiPhoneより濃い色をしているんです。できるだけ双方の色の見え方を近づけようとして苦戦しましたね。

お仕事全般についてもお聞きしたいです。1日のスケジュールはどんな感じですか?

永山さん
午前 朝会で数字チェック、新規の開発、テスト、企画作成など
ランチ
午後 スタッフブログ更新、企画作成など

植田さん
午前 朝会で数字チェック、デザイン作成など
ランチ
午後 デザイン作成、アメーバ全体の業務など

働く上で心がけていることは?

永山さん:新しいものを積極的に取り入れて、古い人間にならないようにすること。また相手を理解して否定しないようにすること。たとえば若い子に「昭和っていつですかぁー?」とか言われても、ゆとりって何なの……とか思わないようにします。冗談ですけど(笑)。「そういうこともあるよねー」と考えるゆるやかさを持っておきたいと思います。

植田さん:自分の仕事を限定しないこと。「これはここまで」と厳格に線引きできる職務はないと思っています。特にデザイン関連だと分業要素が強いのですが、構成からやりたいと思いますし、実装時も相手に投げっぱなしにはしたくありません。自分が間に立ったときに両側の人へ話が伝わるよう、的確に伝える努力をします。また「知りたい」という気持ちがもともと強いので、何でも自分でやってみたい、経験したいと思うことが多いかも知れません。

サイバーエージェント女子ってやっぱり美女。キレイを保つ秘密を教えて下さい。

永山さん: えっ……大したこと言えない。強いて言えば、睡眠をたっぷりとることですね。日づけが変わる頃から8時くらいまで眠ってます。寝ることで気持ちを保っています。

植田さん:よく寝てるよね(笑)。私はランニングをしたり、よく歩いたりなど、ちょっとしたときに軽い運動をしています。気分もリフレッシュできるので。

最後にCandyをどんなアプリにしていきたいか、抱負を聞かせて下さい。

永山さん:中高生のマストアイテムにしたいですね。理想のイメージとしては、中1頃からCandyを使い始めて、ともに歩んで成長していくといった感じ。それを大人になったときに見返して、恥ずかしいけれど楽しい気持ちになったり、「こんなことあった~!」と盛り上がったりしてほしい。そういったメジャーなアプリになって、その子たちの次の世代にも使われたら最高ですね。

植田さん:(永山さんとは)チームでよく話していたり、同じ目標に向かって進んでいることもあって、私も同じ気持ちです。まさに今の時代が反映されているアプリ。10代の子たちがのびのびと自己表現のできる場になってほしいですね。

Candy

永山瑛子さん
85年生まれ。2008年に新卒入社後、「Ameba」マイページなど基盤機能のアシスタントプロデューサーに。2009年3月にはコミュニティサービス「Amebaグルっぽ」立ち上げに携わる。2010年12月にはひとことブログ「Amebaなう」をメインプロデューサーとして立ち上げ。2011年8月の「Candy」の立ち上げ時からのメンバー。27歳。

植田祥子さん
84年生まれ。2007年に新卒入社後、女性系媒体のディレクターに。翌年4月に制作へとキャリアチェンジを図る。2008年4月~10月にマークアップディベロッパーとして修行した後、同年11月デザイナーへ転向。デザイナーとして芸能人スキン、広告案件デザイン、プラットフォームUIデザイン、アートディレクションなどに関わる。2011年8月の「Candy」の立ち上げ時からのメンバー。27歳。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子