映画『白雪姫と鏡の女王』見所&同じくプリンセス系童話とコラボムービー、オススメ3作をご紹介!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
西村華奈穂

Written by:

2012.10.03.Wed

ジュリア・ロバーツが憎みきれないキュートな継母・魔女役という初悪役で登場!さらに太眉が印象的な現代版白雪姫を好演、リリー・コリンズ主演。
9月14日に公開される前から、プロモーションで行われていたお化粧室の鏡にゴールドの額縁と花々が付き、その前で写真を撮る女子も続出していましたよね!
私もこの映画 『白雪姫と鏡の女王』見てきました!

映画『白雪姫と鏡の女王』 見所は随所にちりばめられた繊細な日本のクリエイティブさ!

なんといってもジュリア・ロバーツ!というインパクトだけではない本作。
主演の白雪姫役/リリー・コリンズはミュージシャンのフィル・コリンズの愛娘。ハリウッドが注目する若手女優です。

さらに、今回見て非常にパワフルだったのは映画の中にちりばめられた計算されたクリエイティブさ。安っぽくなりがちなメルヘンの世界を、キャスト衣装がキリリと引き締めています。衣装を担当したのは日本が世界に誇る芸術家、石岡瑛子さんがコスチュームデザイナーとして参加。
2012年1月に亡くなり、本作が遺作となりましたが今回この映画のためにメインキャラクターたちが着るドレスやスーツだけでなく、エキストラ用に300着以上もの衣装を作り上げました。(※オフィシャルパンフレットより引用)

オスカー受賞歴もある、コスチュームデザイナー石岡瑛子さん。
ジュリア・ロバーツのドレスには20色近い、スワロフスキーも使用しゴージャスかつ繊細な色使い。クリエイティブな世界も堪能出来るのがこの映画『白雪姫と鏡の女王』です。

見比べるのもあり!プリンセス系・童話×映画 コラボムービーは?

ディズニーアニメのイメージが大きいプリンセス系童話×映画ですが実写での映画はまたアニメとは違った世界観があり、特徴としてはディズニーのか弱いプリンセス像と違い、現代女性に近い強さを持ったプリンセスが登場するところ!

グリム童話『シンデレラ』より ドリュー・バリモア主演1998年公開『エバー・アフター

2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』でのパンチのあるディラン役を思い浮かべると「え?あのドリュー・バリモアがシンデレラ?」と意外な雰囲気もあるかも。

ストーリーはほぼグリム童話シンデレラと同じ。
継母役は『アダムス・ファミリー』で登場した個性的なルックスでアダムスファミリーの母役だったアンジェリカ・ヒューストン。この継母が「ここまで極めるか!」と言った具合のいじめ度ぶりです。
さらに魔法使いがレオナルド・ダ・ヴィンチで登場するなど意外性もある『エバー・アフター』。
ドリューバリモアが舞踏会で着ているドレス姿がかなりステキなので、その衣装やメイクもぜひお見逃しなく!

同じ白雪姫がこうも違う!! 今年2012年6月公開 クリステン・スチュワート主演「スノーホワイト

こちらの継母・魔女役はシャーリーズ・セロン。
セクシーかつ、白雪姫の『美』に対する憎しみは映画『白雪姫と鏡の女王』のジュリア・ロバーツとは真逆の演技。
白雪姫役で主演のクリステン・スチュワートと共に、同じ白雪姫もここまで違うか!と感じるダークな世界感を楽しめます。

公開が待ち遠しい、アンジェリーナ・ジョリーが魔女役!眠れる森の美女:原作『マレフィンセント』

2014年公開予定で撮影が進められているのがこの『マレフィンセント』
眠れる森の美女が原作で、魔女役マレフィンセントをなんと、アンジェリーナ・ジョリーが主演するということで今から話題です。さらにアンジェリーナ・ジョリーの愛娘もこの作品で映画デビューが決定!
セクシーな唇、そして引き上がった眉…。アンジェリーナ・ジョリーの新たなハマり役になりそうな気配も感じます。

まとめ

上記の三作もですが、ハリウッドで安定した人気を誇る女優陣が魔女役、継母役を演じている点が共通しています。
ハリウッド映画が最近、童話を映画にしている背景にはグリム童話が生誕200年を迎えた事もきっかけと思いますが我々女性陣の永遠の憧れでもあるプリンセスたちが時代と共に移り変わる描かれ方、女性の生き方を反映しているからかもしれません。

ぜひ映画『白雪姫と鏡の女王』と共にこれらの作品も楽しんでみてくださいね!

映画『白雪姫と鏡の女王』公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

西村華奈穂

西村華奈穂(にしむらかなほ)
フリーアナウンサー・ボイスアクター。
進撃の巨人製作発表記者会見MCやラジオパーソナリティ、ゲームなど
声のプロフェッショナルとして活動。
モデル出身の経験を生かし、美ウォーキング講師として指導するなど、わくわくするライフスタイルのスパイス作りも得意。
 HP:http://www.kanaho-web.com
 Twitter:@_kanapo