ダイエットの強力サポーター! 飲むだけ「リンゴ酢」の人気の秘密

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2016.08.25.Thu

夏は食欲が減退しダイエットしやすい時期かと思えば、じつは胃腸の働きが弱り食べ物を受けつけないだけで、代謝がさがり秋になると急に太りだしてしまいます。そうならないためにも、夏場の体調管理は大切ですよね。夏でもしっかり食べてダイエットをするには、食欲もアップさせ、そして胃腸の働きをよくすることがポイント。
そこでオススメなのが、ダイエットサポートとして効果の高い「リンゴ酢」を毎日飲むことです。

アメリカではメジャーなリンゴ酢

日本でお酢と言うとお米で作ったお酢がメジャーですが、アメリカでは日本のお酢をライスビネガーと言います。逆に普通の調理に使うお酢はリンゴ酢を指し、ドレッシングに使用したりお肉をやわらかくするために浸かったりと、フルーティーさを利用した調味料として使用しています。
リンゴの果実を発酵させて作られているので、お米で作られたお酢とは違い、薄めて飲み物にしても飲みやすいのが特徴です。

ダイエットや健康を気づかう人に人気

夜寝る前に薄めたリンゴ酢を飲むと、ダイエットや健康によいといわれ欧米では人気が急上昇しています。飲み方はリンゴ酢を10倍に薄めて飲むだけ。どうしても酸味が苦手で飲めない場合ははちみつやメープルシロップなどで甘味を付けると、おいしくなるのでおすすめです。
お湯で割ってもよいし、暑い夜なら氷を入れて冷やして飲んでもOK! 口のなかもさっぱりして清涼感がよい飲み物です。

夏にうれしいダイエット効果

夏になるとどうしてもお肉やお魚を欲しがらなくなって、麺類やパンといった粉ものに逃げてしまいがちになりませんか? タンパク質が不足して炭水化物が多いと、代謝がさがってしまいます。
リンゴ酢の特徴に、デンプン質の多い食物の消化吸収をおさえる効果があります。多くとりすぎても体内に吸収される量が減少し、血糖値も安定しやすくなります。また、食欲がありすぎるとき、リンゴ酢を食前に飲むと食べすぎ抑制にもなるので、秋になってもリンゴ酢を飲み続けことをオススメします。

夏にありがちなむくみ対策

汗をたくさんかくのにむくみに悩まされていませんか? そのため、夏になってもむくみ対策をしなければならない女性も多いと思います。水分のとりすぎ、冷房に甘えた生活……そんな状態の人は老廃物が体内に溜まりやすく、むくみの原因になってしまっています。
夏のむくみの大きな原因は老廃物が溜まることにより新陳代謝がうまくいっていないことです。リンゴ酢には代謝に大切なアミノ酸が含まれるので、内臓機能をアップさせて毒素の排出をサポートしてくれます。結果、体内から余分な水分が尿として出てきてくれるので、むくみが改善していきます。

夏の疲れを改善

リンゴ酢の酸っぱさはクエン酸によるものですが、そのクエン酸は疲労をやわらげて次の日の活力になってくれる優れた成分です。夏は体力が落ちやすいので体内に疲労物質が溜まりがち。リンゴ酢を寝る前に飲むことで、寝ているあいだに疲れをとり除いてくれますよ。またリンゴのアンチエイジング効果により、紫外線による肌のダメージも阻止して美肌効果もアップさせてくれます。
夏だからこそ嬉しい効果が満載のリンゴ酢で、ダイエットにも健康にも役立ててみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。