食事制限より筋トレ!? 効率的に理想体型になれるダイエットの近道

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2016.08.20.Sat

ダイエットをはじめようと決意したとき、まずなにから行いますか? 多くの人は、食べすぎないようにカロリーを押させることからはじめるのではないでしょうか? そして体重が減っているかどうかを確認する……といった作業に入るかと思います。
しかし、いくら体重が減っても理想的な体型になれず、結局カロリーの少ない食品に飽きてダイエットが続かなくなる人も多いのではないかと思います。

ダイエットは理想体型を目指すこと

痩せたい! と思うその先には、「理想的な体型を手に入れたい!」という希望がありますよね。足が細くウェストまわりもほっそり……と、自分の体型を想像することで意欲もわいてきます。しかし、食事を減らしてもなかなか理想的な体型に近づけないのは、落としたいはずの脂肪が減らないからです。
食事を減らすことで少しは脂肪も落ちますが、同時に多くの筋力も失われていきます。とくに下半身の筋力が落ちるとお尻も垂れて、脚が短く見えることで太く見えがちに。理想体型を目指すためには、カロリーを極端に減らす食事を避けることがポイントです。

ダイエットは筋トレが効果的

カロリーの低いダイエット食品に頼らなくても、筋トレをすることで理想体型に近づけます。代謝をあげて脂肪が燃えやすい体質にするには、まずは筋肉の量を増やすことが必要です。そのためにも筋トレを行うことがダイエットにおいて一番大事なことになるのです。とくに太ももは大きな筋肉のかたまりがある場所なので、スクワットを行うだけでもすぐに代謝がアップするほど。断続して行うことで筋肉が増えて食べても脂肪を燃やしてくれる体質になります。
また、筋トレを行うと、翌日もその代謝力がキープされているので、脂肪が燃え続けてくれますよ。

食事はクリーンなものをチョイス

ダイエットで一番大事なことは筋トレですが、その次に意識したいのが食事です。女性なら1日1,200Kcalほどの摂取が理想的と言われていますが、同じカロリーをとるにしてもよりクリーンな食材を使った食べ物のほうが、多めに食べても体に負担がかかりません。野菜なら新鮮なものをチョイスしたり、なるべく添加物を避けた食品を食べる、甘いものが食べたいならフルーツを食びましょう。
食事の内容をクリーンにすることで太りにくい体質作りをしていけます。しかし、ストイックになりすぎると楽しみもなくなってしまいますよね。週に一度は好きなものを食べても、日々の生活がクリーンな食事なら大丈夫です!

有酸素運動は時間がある人だけ

ダイエットをするときに有酸素運動が有効的と言われているのは、カロリーがすぐさま消費できるからです。しかし、その日食べた分のカロリーを消費できるわけではなく、体内にある脂肪や筋肉を半分ずつ消費できるだけです。1時間のランニングでは350Kcalほどの消費になりますが、いきなり1時間のランニングもきついものです。
しかも、たった350Kcalの消費も食べすぎてしまえばカロリー消費になりません。有酸素運動でより効果があがるのは、筋トレをして代謝をアップさせたとき! 筋肉が多いほど運動によるカロリー消費も多くなるので、筋トレ後に時間があれば有酸素運動をすることで、普段以上に効果が発揮されます。

まとめ

カロリーを無理に消費したり食事の量を減らすことが、理想体型に近づけることにはつながりません。筋トレをして代謝をアップさせ、そして栄養のあるものを食べることで筋肉が付き、きれいなボディーラインを作ることができます。プラス、時間があるときに有酸素運動をして余分な脂肪を落としてあげると、より早く理想的な体型に近づけますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。